タグ:国民年金遺族基礎年金裁定請求書 ( 4 ) タグの人気記事

 

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (5)

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (様式第108号) 4ページ目 下部

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (5)_d0132289_352759.jpg(1) 
死亡した人が恩給または該当する年金を受給していた場合、その番号にマルをつけます

(2)(3) 
いわゆるカラ期間について、当てはまるものにマルをつけます

(4) 
死亡した人が国民年金の特別一時金を受給したことがある場合について、はい・いいえで答えます

(5) 
昭和36年4月1日~47年5月14日までの期間に沖縄に住んでいたかについて、はい・いいえで答えます

(6) 
業務上の死亡かについて、はい・いいえで答えます

(7) 
労災から給付を受けられるかについて、はい・いいえで答えます

(8) 
労働基準法から遺族補償が受けられるかについて、はい・いいえで答えます

(1)(2)(3)(5)について、当てはまるものまたは、「1はい」にマルをつけた場合は、それを示す、恩給証書や年金加入期間確認通知書、在学証明書、戸籍の附票などを添付します

by nenkin-matsuura | 2011-02-03 03:23 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (3)

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (様式第108号) 2ページ目

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (3)_d0132289_038331.jpg請求者の年金受給について、記入します

例えば、平成15年4月1日から障害基礎年金を受給している場合は、
「1.受けている」にマルを付け、制度名の欄に「国民年金」、年金の種類の欄に「障害」、年月日の欄は「平成15.4.1」、年金証書の年金コードまたは記号番号等の欄は「5350」となります

by nenkin-matsuura | 2011-01-18 00:48 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (2)

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (様式第108号) 1ページ目 下部

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (2)_d0132289_0473717.jpg支払機関について記入します
銀行・信用金庫・信用組合及び信連・信漁連・農協・漁協の場合、名称と支店名(出張所)を記入します
なお、本店の場合は本店をマルで囲みます 預金通帳の記号番号欄は左詰めです
また、金融機関(郵便局)の証明欄は、年金事務所の窓口等に直接、預金通帳等を持っていく場合は、省略できます(その場で確認をするため)(郵送等で請求する際には当該欄に金融機関等から証明印を押してもらう)

の欄
もし、郵便局(ゆうちょ銀行)を希望する場合は当該欄の枠内に記号と番号を書きます
灰色で矢印のついた枠から書きます(記号は左から、番号は右から)

加算額の対象者欄には、子の氏名を記入します(当該子とは、18歳到達以後最初の3月31日までにある子、及び1級または2級の障害の状態にある20歳未満の子のことを言います)
すでに20歳以上である子は、除いて記入します
また、障害の状態にある子の場合は、医師の診断書の添付が必要となります

by nenkin-matsuura | 2011-01-11 01:04 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (始)

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (様式第108号) 1ページ目 上部

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (始)_d0132289_2532255.jpg国民年金の遺族基礎年金(のみ)を請求する際に記入する用紙です

の欄
基礎年金番号以外に、年金手帳の記号番号があるときはその番号を記入します なお、番号が複数あるときは別の欄(船員保険の欄など)に記入して構いません

国民年金遺族基礎年金裁定請求書は、基本的には、市役所、区役所あるいは町村役場に提出しますが、死亡者が第3号被保険者である場合は、住所地を管轄する年金事務所に提出します

by nenkin-matsuura | 2010-12-28 03:03 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback