タグ:印鑑登録証明書 ( 3 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 500(印鑑登録証明書が必要なケース)

◇ 印鑑登録証明書が必要なケース


年金の手続き時において、印鑑登録証明書が必要となる場合があります。φ(・∇・`〃 )

・年金分割の合意書
 年金事務所での本人確認書類として印鑑登録証明書があります。(ほかにも免許証やパスポートや住基カードなどでも可)

・委任状(年金分割の合意請求用)
 合意分割の際に代理人を立てるときは、専用の委任状に押印し、押印した印鑑に係る印鑑登録証明書が必要です。

by nenkin-matsuura | 2018-05-03 17:12 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 392(年金分割の割合について双方が合意しているとき)

◇ 年金分割の割合について双方が合意しているとき


年金の分割請求を行うこと及び年金分割の割合について合意している場合は、当事者双方が年金事務所に来所し、「年金分割の合意書」を提出することができます

その際は、免許証などの本人確認書類、年金手帳、認め印、当事者間の婚姻期間等を明らかにできる戸籍謄本、請求前1か月以内に作成された当事者の生存を証明することができる住民票などが必要です

年金分割の合意書には、当事者双方が署名・捺印し、按分割合(0.□□□□□)を記入します

また、当事者本人が来所できないときは、あらかじめ当事者本人が署名・捺印して作成した「委任状(年金分割の合意請求用)」及び「委任者の印鑑登録証明書」が必要です

by nenkin-matsuura | 2016-03-30 00:20 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきん豆知識108 (年金分割の合意書提出の際の本人確認書類)

<「年金分割の合意書」提出の際の本人確認書類>

ねんきん豆知識108 (年金分割の合意書提出の際の本人確認書類)_d0132289_00265212.jpg
・年金分割の合意書を当事者本人が持参する場合
次の①~④のいずれか一つ
① 運転免許証
② パスポート
③ 住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)
④ 印鑑及びその印鑑に係る印鑑登録証明書

・年金分割の合意書を代理人が提出する場合
ご本人(委任をする方)欄に捺印した印鑑に係る印鑑登録証明書と、代理人に係る上記①~④などの書類とともに年金分割専用の委任状


裁判ではなく話し合いにより年金分割の割合を定めたときは、お二人がそろって又はお二人のそれぞれの代理人が、年金事務所に直接必要書類を持参し手続きを行う必要があります(例、本人+本人、本人+代理人、代理人+代理人など)

by nenkin-matsuura | 2015-03-24 00:48 | ねんきん豆知識 | Trackback