タグ:加給年金額対象者 ( 3 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 407(支給額変更通知書の子の人数について)

◇ 支給額変更通知書の子の人数について


年金額が変更になった場合には、「国民年金・厚生年金保険 支給額変更通知書」が送付されてきます
支給額変更通知書には、おもての上部に合計年金額が、裏面にはその内訳や変更となった理由などが記載されますヾ(o゚x゚o)ノ

おもて面には、加給年金額対象者として、「配偶者(区分)・子 人」の欄がありますが、子については、扶養している子の人数ではなく、加給年金額の対象者としての人数の表示となります(対象となる子は18歳の到達年度の末日までの子または1・2級の障害の状態にある20歳未満の子)

例えば、
Aさん、男性、65歳、厚生年金保険に480月加入、扶養している25歳の子ありの場合…
支給額変更通知書の子の欄は「子 人」と空欄になります(20歳以上であり、加給年金額の対象者ではないため)

by nenkin-matsuura | 2016-07-20 03:39 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

障害状態及び生計維持確認届

「障害状態及び生計維持確認届」

障害状態及び生計維持確認届は、障害基礎年金や障害厚生年金の受給者で、定期的に診断書の提出が必要な場合、かつ、加給年金額対象者がいる場合に提出する書類(診断書)です

記入する箇所は、
受給権者の欄…住所、氏名、電話番号などを記入します
加給年金額対象者の欄…配偶者や子の氏名などを記入します
提出日
代理人署名欄…代理で記入した場合にその氏名、関係、本人が自署できない理由(障害があるためなど)、住所を記入します
※送付される届には、受給者や加給年金額対象者の生年月日があらかじめ印字されています

当該届は診断書とつながっており、診断書については、医師に記入してもらいます

なお、提出期限は、誕生月の末までになっています(期限を過ぎるといったん年金が停止となることがあります)

by nenkin-matsuura | 2015-05-19 00:34 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきん豆知識50

誕生月に届書の提出が必要となる場合 

ねんきん豆知識50_d0132289_12214320.jpg・住基ネットに参加している市区町村で、日本年金機構の記録に住民票コードが収録済みの場合 
 ①加給年金額対象者が「無」で障害状態確認が「不要」の場合 → 提出する書類は無し
 ②加給年金額対象者が「有」で障害状態確認が「不要」の場合 → 生計維持確認届を提出
 ③加給年金額対象者が「無」で障害状態確認が「必要」の場合 → 障害状態確認届を提出
 ④加給年金額対象者が「有」で障害状態確認が「必要」の場合 → 障害状態及び生計維持確認届を提出

・住基ネットに参加している市区町村で、日本年金機構の記録に住民票コードが未収録、及び住基ネットに不参加の市区町村の場合
 ⑤加給年金額対象者が「無」で障害状態確認が「不要」の場合 → 現況届(加対者なし)を提出
 ⑥加給年金額対象者が「有」で障害状態確認が「不要」の場合 → 現況届(加対者あり)を提出
 ⑦加給年金額対象者が「無」で障害状態確認が「必要」の場合 → 現況届(診断書付き、加対者なし)を提出
 ⑧加給年金額対象者が「有」で障害状態確認が「必要」の場合 → 現況届(診断書付き、加対者あり)を提出 

各種の届が必要となる場合は、誕生月に「現況届」、「生計維持確認届」、「加給年金額加算開始事由該当届」、「障害状態確認届」などが送られてくる

by nenkin-matsuura | 2011-02-05 12:52 | ねんきん豆知識 | Trackback