タグ:初診日 ( 52 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第526問(障害年金の用語)

Q 以下のカッコ内に入る語句を①~③のうちから選んでください。


「障害の原因となった病気やケガについて、はじめて医師又は歯科医師の診療を受けた日のことを(   )という。」

① 障害認定日
② 傷病が治った日
③ 初診日


d0132289_20062011.jpg


                                           A ③ 初診日
point
「障害の原因となった病気やケガについて、はじめて医師又は歯科医師の診療を受けた日のことを(初診日)という。」
なお、初診日の前日においては、一定の保険料納付要件が必要です。(20歳前傷病による障害基礎年金を除く)

by nenkin-matsuura | 2018-10-25 00:03 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第480問(書類名)

Q 次のうち、障害年金の受給者が定期的に提出する必要のある書類を選んでください ? ☆☆
※固定ではないものとする。

① 生計同一関係に関する申立書
② 障害年金の初診日に関する調査票
③ 障害状態確認届


d0132289_20292252.jpg


                                  A ③ 障害状態確認届
point 障害基礎年金や障害厚生年金の受給者で定期的に障害の状態の確認が必要な場合は、誕生月に障害状態確認届(診断書)が送付され、提出が必要です。
なお、①の生計同一関係に関する申立書は老齢や遺族や障害の年金の請求時に住所などが別の場合に記入する書類です、
また、②の障害年金の初診日に関する調査票は障害年金の請求時に病名や症状によって記入する必要のある書類です。

by nenkin-matsuura | 2017-12-07 00:07 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 障害年金の請求編31

<Q1> 初診日の時点では納付要件が不足となるようです…障害者特例は可能なのですか?

 <A1> はい、特別支給の老齢厚生年金の受給権はあるため、障害者特例の請求は可能です。

<Q2> 受給できるようになった後は、毎年診断書を提出する必要があるのですか?

 <A2> 症状等によって毎年の場合や数年に一度の場合、または、固定と判断されれば提出する必要がない場合もあります。

<Q3> 病歴・就労状況等申立書は、すべての病院を書く必要がありますか?

 <A3> 請求する傷病名に関連し受診した病院についてご記入ください。

by nenkin-matsuura | 2017-10-23 03:50 | ねんきんFAQ  | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第133回(平成3年4月以前の納付要件)

◆ 平成3年4月以前の納付要件


<受給権を緩和するための経過措置>
平成3年4月30日までに初診日がある傷病で障害になった場合は、初診日の属する月前の基準月の前月までの国民年金の被保険者期間のうち、
①保険料を滞納した期間が3分の1に満たないか、
②直近の1年間に保険料を滞納していない場合に、
障害基礎年金の保険料納付要件を満たしたことになります。

なお、基準月は、1月、4月、7月、10月です。

by nenkin-matsuura | 2017-10-13 00:08 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんQuiz-第439問(障害認定日)

Q 以下の場合の障害認定日を①~③のうちから選んでください ? ☆☆
※初診日は平成27年12月1日、28年2月15日に人工肛門を造設したものとする

① 平成29年6月1日
② 平成28年8月15日
③ 平成28年2月15日

d0132289_03335736.jpg


                                 A ② 平成28年8月15日
point 通常、障害認定日は、初めて医師の診療を受けたときから1年6か月を経過した日(その間に治った場合は治った日)ですが、人工肛門を造設した日から起算して6か月を経過した日が初診日より1年6か月以内にあるときは同日が障害認定日となります。

by nenkin-matsuura | 2017-02-15 03:53 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第421問(事後重症による請求)

Q 以下の事例において、障害基礎年金の事後重症による請求を行った場合、受給開始となる月を①~③のうちから選んでください(2級の状態であるものとする) ? ☆☆
※ 初診日=平成25年10月20日、障害認定日=27年4月20日、請求日=28年8月20日

① 平成25年11月より
② 平成27年5月より
③ 平成28年9月より
d0132289_04122151.jpg


                                  A ③ 平成28年9月より
point 事後重症による請求の場合は、請求の翌月分からの支給となるため、平成28年8月20日に請求した場合は、翌月の9月分からの支給となります。
なお、事後重症による請求の場合は、65歳に達する日の前日までに障害等級に該当し請求を行う必要があります。

by nenkin-matsuura | 2016-10-20 04:37 | ねんきんQuiz | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第117回(病歴・就労状況等申立書と初診日)

■ 病歴・就労状況等申立書と初診日


病歴・就労状況等申立書は自覚症状が現れた発病日からの経緯を記入し、初診日の欄については、通常、受診状況等証明書や診断書に記載の初診日を記入します

ただし、
・健康診断で異常が発見され療養に関する指示を受けた場合は健康診断日
・生来性の知的障害(精神遅滞)の場合は出生日
を初診日の欄に記入します

なお、病歴・就労状況等申立書の記入に当たって、1つの期間が5年を超える場合は、その期間を3年~5年ごとに区切って記入します

by nenkin-matsuura | 2016-07-29 02:06 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第111回(初診日確認の新たな取り扱い)

◆ 初診日確認の新たな取り扱い

平成27年10月1日より、障害基礎年金・障害厚生年金の申請時において、初診日を確認する方法が広がっています

初診日を確認できる受診状況等証明書や診断書等の書類がないときは、以下の場合には本人の申し立てた初診日が認められます
①初診日について、第三者(隣人、友人、民生委員など)が証明する書類があり、ほかにも参考資料が提出された場合(原則として複数の第三者による証明が必要です)
②初診日が一定の期間内にあることを示す参考資料が提出され、保険料納付要件など一定の条件を満たしている場合

なお、②の初診日が一定の期間内にあると確認できる書類として…
・始期に関する参考資料の例
 … 就職時に事業所へ提出した診断書、人間ドックの結果
 … 職場の人間関係が起因となった精神疾患であることを明らかにする医学的資料及び就職の時期を証明する資料
・終期に関する参考資料
 … 2番目以降に受診した医療機関による証明
 … 障害者手帳の交付時期に関する資料
などがあります

by nenkin-matsuura | 2015-12-25 01:11 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんQuiz-第376問(障害者特例)

Q 障害者特例となるケースを①~③のうちから選んでください ? ☆☆
※支給開始年齢や受給権などは満たしており、厚生年金保険の資格は喪失しているものとする(65歳未満)

① Aさん、3級に該当、初診日は27年8月10日(同年10月12日に心臓ペースメーカー挿入)
② Bさん、4級に該当、初診日は25年3月5日
③ Cさん、2級に該当、初診日は26年12月9日(症状固定ではない)

d0132289_00192334.jpg


 A ① Aさん、3級に該当、初診日は27年8月10日(同年10月12日に心臓ペースメーカー挿入)
point 3級以上の障害の状態にあり、初診日から1年6か月経過(経過していない場合は症状が固定している状態)し、かつ、厚生年金保険の資格を喪失している場合は、申請(診断書等を添付)により障害者特例として報酬比例部分+定額部分(+加給年金額)を受給することができます
 なお、心臓ペースメーカーの挿入や、人工関節の挿入置換などがあれば、初診日より1年6か月未経過の場合でも障害者特例を請求可能です

by nenkin-matsuura | 2015-12-09 00:56 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんnews 2015年1月号


 日本年金機構は26日までに、2~3月に、国民年金保険料の強制徴収に集中的に取り組むと発表した。対象は控除後所得が400万円以上で、未納期間が13カ月以上。
 四国ブロック本部によると、愛媛県内は2014年4~11月、最終催告状343件、督促状186件、財産差し押さえ19件。額は1件当たり約20万~37万円と延滞金。控除後所得1000万円以上の未納者もいるとしている。


 
未加入期間も含めた未納の期間があると障害基礎年金や障害厚生年金などの保険料納付要件に影響が出てくることがあります

※初診日の前日において、①初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の3分の2以上の期間について、保険料が納付または免除されていることか、②初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないことが保険料の納付要件となっています

by nenkin-matsuura | 2015-01-30 00:28 | ねんきんnews