タグ:再裁定 ( 9 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 243

◇ 年金証書と受給権発生時の年金額

年金の裁定請求や記録の追加変更(再裁定)などを行った場合は、後日年金証書が送付されてきます
しかし、届いた年金証書が思っていた額と違う(*゚ε´*)という場合もあると思います
年金証書に記載される額は、受給権発生時のものであるため、現在の額については別途、支給額変更通知書などが送付されてきます

例えば、退職後に裁定請求を行ったが、送られてきた証書には在職中による停止額が記載されていた、繰上げを行ったが報酬比例部分のみ記載されていた…など

年金額は、厚生年金保険の資格を取得・喪失したり、繰上げ繰下げなどによって変化するため、年金額については振込通知書や支給額変更通知書などによってその都度通知され、年金証書は基本的に1つの年金に対して1枚となります(平成9年以前のものや共済組合等を除く)

by nenkin-matsuura | 2013-05-22 00:35 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ カラ期間 編7

<Q1> 亡くなった夫の記録はどうなるのでしょうか? (60代・女性)

 <A1> 記録を統合し再裁定を行ったことにより、今受給されている遺族厚生年金の額がプラスされ、婚姻後の期間はカラ期間とできます また、特例高齢任意加入する期間もその分短くなります

<Q2> 前の前の妻が脱退手当金をもらった期間も、カラ期間となるんですね (60代・男性)

 <A2> 昭和36年4月以降の婚姻期間で、当時の〇〇さんが受給された脱退手当金の基礎となった期間はカラ期間とできますので、今回、40年3月から42年7月までがその対象となります

<Q3> 国民年金の記録に「2」となっているのは、任意加入だったのですか? (受給者の子)

 <A3> はい、亡くなったお父様が障害年金を受給されていたため、その配偶者のお母様は国民年金は任意加入となります(カラ期間ともできる)

by nenkin-matsuura | 2011-08-15 00:56 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 未支給年金 編5

<Q1> 障害年金の申請を行いましたが、その間に本人が亡くなるとどうなりますか?

 <A1> 障害年金の受給権が発生し、本人が受け取る前に亡くなると、要件を満たす遺族に対して未支給年金として支給されます なお、「障害認定日」による請求の場合、障害認定日の翌月分から(最大5年)、「事後重症による請求」の場合、請求日の翌月分から死亡月までの分が支払われます

<Q2> 未支給年金の請求において、添付書類で年金証書が必要ですと言われたけど、父の家のどこにあるのかわかりません 探したけど見つからないです・・ (40代・女性)

 <A2> 年金証書を添付できない理由書を別途記入すればOKです

<Q3> 亡くなった父の記録が出てきましたが、この分はどうなるのでしょうか?

 <A3> お父様がもらえたはずの額が増えることとなり、その分は未支給年金としてお母様に支払われます(時効特例給付支払手続用紙(未支給年金用)を提出) なお、厚生年金保険の記録が統合されたことに伴いお母様が受給している遺族厚生年金の額も増えることとなります(再裁定による)

by nenkin-matsuura | 2011-05-16 01:05 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の番号 編4

<Q1> 妻は、厚生年金保険を通算で7年ほどかけていたんだけども、年金の受給に結び付かない状態らしい この番号を私の年金の申請の際に書いておいた方がいいんですよね?(現在は宙に浮いている状態)

 <A1> そうですね その番号を裁定請求書に記載して年金事務所に提出してください この番号が奥様の基礎年金番号となります

<Q2> あの・・番号にハイフンは入れていいんですかね 年金コードがわからないんですけど・・
(老齢厚生・退職共済年金受給権者支給停止事由該当届)

 <A2> ハイフンは、入れなくても、大丈夫です それと、年金コードのとこは、1150と記入してください

<Q3> 〇〇海運といって、その時は、船員保険の違う番号を使用していた記憶があって・・

 <A3> 記録を見させてもらいましたが、その時の番号は別番号となっているようです 基礎年金番号に統合し、年金の再裁定が必要となります  

by nenkin-matsuura | 2011-02-25 05:44 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんnews 2009年11月号

厚生労働省は5日、年金記録問題の解決に向けた取り組み状況について公表した。10月第2週の1週間で記録が増額訂正されたのは8500人で、年間では総額4億2000万円に上った。1人当たり平均で年間5万円増額した計算となる。同省は今後、こうしたデータを毎週公表する方針で、「ありのまま知ってもらうことが信頼回復の第一歩になる」(山井和則政務官)としている。
 データの毎週の公表は、長妻昭厚労相が就任直後に指示していた。全国の社会保険事務所で記録訂正が認められてから実際に差額が支払われるまでの期間は、9月末時点で平均3.7カ月で、8月末より0.5カ月短縮。さらに、社保事務所の相談窓口のうち、10月第4週に待ち時間が1時間を超えたのは2カ所で、第3週より4カ所減った。


年金の加入記録が本人のものであると確認できると、その記録を基礎年金番号に統合した後、年金受給者の場合は「再裁定」という手続き(用紙に記入)を行い、年金証書を添えて社会保険事務所(年金相談センター)に提出、その後、新しい証書が到着したのち、増額分の年金が支払われる

今回は、窓口での待ち時間も公表されています 支払われるまでの期間も短くなっていますが、窓口での待ち時間も短くなっているようです

by nenkin-matsuura | 2009-11-07 00:32 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんFAQ 繰下げ 編2

<問1> 65歳の時に繰下げの確認のハガキ?が届き、たぶんそこで丸をつけて出したと思いますが、実際は繰下げをするつもりはなく、取り消しをしたいのですが(通知書にある年金額が減ったため)

 <答1> 特別支給の老齢厚生年金受給権者に65歳時に届く「国民年金・厚生年金保険 老齢給付裁定請求書」の下のほうには、繰下げ希望欄がありますが、そこで誤って繰下げ希望にマルを付けた場合は、取り消しの再裁定をする必要があります

<問2> 繰下げをしていた老齢基礎年金を68歳から受け取りたいと思いますが、その請求書のなかに配偶者の障害の欄がありますが、妻は身体障害者手帳は持っていませんが今後申請する可能性はあります その場合「ある」にマルをつけるのでしょうか?

 <答2> 「老齢基礎厚生年金繰下げ請求書」(様式第235号)には、生計維持申立欄に「障害の状態にありますか」という欄がありますが、その障害の状態は1、2級に該当する必要があります また、影響があるのは続柄が「子」の場合です(1、2級の障害の状態にあれば、加給が20歳までつくため) 奥様の障害の状態は「ある・ない」にかかわらず、影響がないといえます(この欄の「障害」は障害年金を受給の可否を指しているわけでもありません)

<問3> 私は、国民年金(老齢基礎年金)を繰下げて受給したいと考えています 私の年金が増額した場合夫が受給している退職共済年金額に影響などはあるのでしょうか?(60歳代・主婦)

 <答3> 奥様が受給される老齢基礎年金が繰下げによって増えたから、ご主人さまの退職共済年金が減らされたりすることはありません(繰下げは、配偶者の年金には影響がありません)  

by nenkin-matsuura | 2009-08-06 00:46 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の受け取り 編2

<問1> 手続きをしたけど、年金額が増えるのはいつごろ?本当に増えるのか?(ねんきん特別便で記録が見つかったが、増額になるのはいつか?)

 <答1> まずは、再裁定という手続きが必要ですが、最初に新しい年金証書が送付されてきます それから振込通知書というハガキにて、いつ入金になるかのお知らせが来ます

<問2> 現在わずかですが老齢厚生年金を受給しています 受け取りの口座を変更したいのですが、手続きは面倒ですか?(62歳・アルバイト)

 <答2> 新しい口座をご用意されている場合なら、社会保険事務所の窓口で、口座の変更届けに氏名や新しい口座番号を記入するだけです 印は認印で構いません

<問3> アメリカに永く暮らしているが、日本にいたときに掛けていた厚生年金がもらえるとのことで手続きをしたいと思っている 口座は私と妻の共同名義でも使用可能なのか?

 <答3> 使用可能であるとの先例がありますが、一度現地の金融機関に確認されたほうが良いと思われます(共同名義の口座で年金の受け取りが可能かどうか) 使用可能であれば問題ありません  

by nenkin-matsuura | 2009-03-09 21:14 | ねんきんFAQ  | Trackback  

φ(.. )書類の書き方 三十一

〆(.. ) 年金証書再交付申請書
φ(.. )書類の書き方 三十一_d0132289_21132861.jpg年金証書を紛失した際などに再交付を受けるために申請する用紙です

黄緑色の枠
基礎年金番号・年金コード・生年月日を記入します
青色の枠
紛失の理由を記入します
(例)火事で焼失したため
(例)保管場所が分からなくなり紛失したためなど
黄色の枠
住所・氏名・※押印・電話番号
※年金受給者自ら署名する場合は押印は不要です

本人が窓口で再交付を受ける場合には本人確認のため身分証明書が必要となります
年金証書再交付申請書はハガキになっており郵送でも年金証書の再交付請求が可能です
年金証書は年金の種類ごとに一枚交付され、死亡時、再裁定時などには回収されます

by nenkin-matsuura | 2009-01-27 21:30 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんnews 2009年1月号 号外 

年金記録が訂正されても正しい年金が支払われるまで時間がかかっている問題で、自民党は14日、対応策として正しい年金の一部をいったん仮払い支給する検討を始めた。仮払い支給をめぐっては、先の臨時国会で民主党が導入を提案したのに対し、政府側は「処理が複雑になる」と拒否していたが、次期衆院選への影響を考慮し柔軟対応することにした。また自民党は、企業の資金繰りに配慮し、厚生年金保険料を滞納した場合に掛かる延滞利息を軽減する厚生年金保険法改正案を、議員立法で今国会に提出する方針も決めた。(産経新聞より)

現在は、年金受給者の方で宙に浮いていた記録が見つかり、記録を統合し、再裁定の手続きを終えて年金額が増額される仕組みとなっている ただ、手続きが終わっても実際増額分の年金が支払われるまで6か月ほどかかる場合がある(長い人は1年以上かかる場合もある)

増額する額はわかっているのであらかじめ仮払いできるように、検討することを政府側は始めている。
また、企業が厚生年金保険料を滞納した場合にかかる延滞利息を軽減する改正法案を今国会に提出する方針。この問題は標準報酬月額の改ざん問題にも絡むので早期に実現してもらいたい。

by nenkin-matsuura | 2009-01-16 00:16 | ねんきんnews | Trackback