タグ:公的年金等の源泉徴収票 ( 33 ) タグの人気記事

 

ねんきんFAQ 公的年金等の源泉徴収票 編9

<Q1> 適用区分の違いは?(退職共済年金と老齢基礎・老齢厚生年金を受給中)

 <A1> 共済年金は扶養親族等申告書を提出されているため第2号適用区分、老齢基礎・老齢厚生年金は扶養申告書を提出しなくてもよい額のため第4号適用区分となっているようです

<Q2> 平成27年分公的年金等の源泉徴収票が送られてきましたが、確か住民税も引かれていたような…

 <A2> 年金から特別徴収された個人住民税は所得税の控除対象とはなっていないため、源泉徴収票には記載されません

<Q3> 28年2月から年金をもらう予定だけど…

 <A3> 公的年金等の源泉徴収票は、来年の平成29年1月に送付されてきます…昨年はまだ受給前のため、今年は送付されません

by nenkin-matsuura | 2016-02-01 00:39 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 383(公的年金等の源泉徴収票に記載の扶養親族等の状況が変わったとき)

◇ 公的年金等の源泉徴収票に記載の扶養親族等の状況が変わったとき

老齢に係る年金を受給中の場合は、「平成27年分公的年金等の源泉徴収票」が送付されています

送付されてきた源泉徴収票の扶養親族等の数に増減があった場合(申告していなかったとき)は、確定申告にて過不足分を精算することになります(・д・`;)

例えば、11月頃に送付の「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」において、扶養している母の氏名を書き忘れて提出した場合などは、「公的年金等の源泉徴収票」には、当該母親に係る控除対象扶養親族の数がカウントされずに記載されます その際は同源泉徴収票を添えて、確定申告にて修正し精算することになります

by nenkin-matsuura | 2016-01-28 00:55 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第383問(源泉徴収票)

Q 次のうち、平成27年分公的年金等の源泉徴収票が送付される人を選んでください ? 

① Aさん、平成28年2月より特別支給の老齢厚生年金を受給予定
② Bさん、平成27年4月より障害共済年金を受給している
③ Cさん、平成27年8月より寡婦年金を受給している
④ Dさん、平成27年10月より老齢基礎年金を受給している

d0132289_00172972.jpg


              A ④ Dさん、平成27年10月より老齢基礎年金を受給している
point 平成27年中に老齢または退職を支給事由とする年金を受けた場合は、28年1月に「平成27年分公的年金等の源泉徴収票」が送付されています 当該源泉徴収票は確定申告の際の添付書類等として使用します
なお、Aさんは28年より受給開始のため『27年分』は送付されず、BさんとCさんは老齢以外の障害や遺族に係る年金のため、源泉徴収票は送付されません

by nenkin-matsuura | 2016-01-27 00:41 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 公的年金等の源泉徴収票 編8

<Q1> 平成27年分公的年金等の源泉徴収票が届いて、社会保険料の金額の欄は、介護保険料のことでしょうか?

 <A1> はい、おととし65歳になられ、年金から介護保険料が控除されておられる状態です

<Q2> 配偶者の欄がなしとなっていますが、配偶者加給年金が加算されていると思います…

 <A2> 配偶者加給年金額が加算されていても、控除対象配偶者とは別です… 扶養申告をして控除対象配偶者が有となります

<Q3> 再発行の際は…

 <A3> 免許証と年金証書(年金手帳、改定通知書など)などが必要です

by nenkin-matsuura | 2016-01-25 00:20 | ねんきんFAQ  | Trackback  

公的年金等の源泉徴収票の送付と確定申告

■ 公的年金等の源泉徴収票の送付と確定申告


平成27年中に厚生年金保険、国民年金等の老齢または退職を支給事由とする年金を受けた場合は、「平成27年分公的年金等の源泉徴収票」が送付されています

2か所以上の年金の支払者に対して扶養親族等申告書を提出している場合や年金以外に給与所得がある場合は、多くの場合、所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要です

また、

・社会保険料控除、生命保険料控除などを受けられる場合

・災害などの損失について雑損控除を受けられる場合

・医療費に係る医療費控除を受けられる場合

・扶養親族等申告書を提出していない場合

・扶養親族等申告書を提出した後において扶養親族等が増加した場合
などで源泉徴収された所得税及び復興特別所得税が納め過ぎとなっている場合は、確定申告により源泉徴収税額の還付を受けることができます


by nenkin-matsuura | 2016-01-15 00:29 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきんQuiz-第364問(再発行)

Q 以下の年金に関する5つの通知書等について、再発行が可能なものの数を選んでください ? ☆☆


「年金振込通知書」、「年金証書」、「公的年金等の源泉徴収票」、「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」、「基礎年金番号通知書」

① 5つのうち3つ再発行可能
② 5つのうち4つ再発行可能
③ 5つ全て再発行可能

d0132289_00082822.jpg


                               A ③ 5つ全て再発行可能
point 5つとも全て再発行可能で、その際には本人確認のための免許証等が必要です
なお、年金振込通知書は、年金振込額が変わった際などに送付される2か月に1度の振込額が記載された通知書
年金証書は、年金の裁定請求後に送付される証明書
公的年金等の源泉徴収票は、通常1月に送付され、昨年1年間の総受給額が記載されたはがき
社会保険料(国民年金保険料)控除証明書は、国民年金保険料を支払った際に、11月頃に送付される通知書
基礎年金番号通知書は、平成9年に基礎年金番号が導入された際に送付された通知書になります

by nenkin-matsuura | 2015-09-16 00:45 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第335問

Q 公的年金等の源泉徴収票の記載事項について、○か×かで答えてください ? ☆☆

① 源泉徴収税額の欄の額は、個人住民税は含まれない ○ or ×
② 支払金額の欄は、社会保険料等が差し引かれた後の額が載っている ○ or ×
③ 社会保険料の金額欄の内訳は、摘要欄に記載されている ○ or ×


d0132289_00104727.jpg


                              A ① ○ ② × ③ ○
point 支払金額の欄は、所得税等や社会保険料が差し引かれるの額が載っています
なお、公的年金等の源泉徴収票が見当たらない場合は、年金事務所等の窓口にて再発行が可能です(本人確認ができる運転免許証などが必要です(代理人の場合は委任状なども必要)) 

by nenkin-matsuura | 2015-02-19 00:33 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 公的年金等の源泉徴収票 編7

<Q1> 昨年…ゲンジョウ届を出していなかった…

 <A1> …11月頃送付される扶養親族等申告書?でしょうか…年金額が158万未満のため提出の必要はなく…はい、税金も引かれていません

<Q2> 二つ届いているけど一つは番地が違う…(公的年金等の源泉徴収票)

 <A2> はい…国民年金(年金コード0520)と厚生年金保険の(年金コード0230)…国民年金の方の番地が違うようで、住所変更届を出していただいて…

<Q3> 通帳の額と合わない…

 <A3> 奇数月の7月に過去の増額分が支払われているようです…2月から12月までを足せば…合うみたいです…

by nenkin-matsuura | 2015-02-09 00:22 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 330(源泉徴収票の記載内容など)

◇ 平成26年分公的年金等の源泉徴収票の記載内容など

平成26年中に老齢の年金(特別支給の老齢厚生年金や老齢基礎年金・老齢厚生年金など)を受給された場合は、その受給額や控除された社会保険料が記載された「平成26年分公的年金等の源泉徴収票」が順次送付されています

支払金額の欄には年金額が記載されていますが、口座等に振り込まれた額ではなく介護保険料等が控除される前の額が載っています(*´・v・`)

また、扶養親族等の欄がありますが、年金額が108万円(65歳以降は158万円)未満の場合は11月頃に扶養親族等申告書が送付されていない(提出の必要がない)ため、仮に扶養親族等がいても当該欄は空白となります

by nenkin-matsuura | 2015-01-22 00:24 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 公的年金等の源泉徴収票 編5

<Q1> これも入っていました…(公的年金等の源泉徴収票の無効分と訂正分×6年分)

 <A1> 記録の追加によって老齢基礎年金・老齢厚生年金が増えています 確定申告等を行う際に使用します

<Q2> 源泉徴収票を見たけど、住民税は?年金から控除されていますよ

 <A2> はい、確かに個人住民税も年金から特別徴収されていますが…所得税の控除対象とされていないため、源泉徴収票には記載されていません

<Q3> 源泉徴収票ってあります?(再発行)

 
 <A3> はい、受給されている年金だと、老齢基礎年金・老齢厚生年金の源泉徴収票は再発行可能ですが、遺族厚生年金についてはもともと源泉徴収票がありません

by nenkin-matsuura | 2014-09-16 00:21 | ねんきんFAQ  | Trackback