タグ:傷病手当金 ( 12 ) タグの人気記事

 

ブログ de 健康保険 152(傷病手当金と出産手当金の両方を受けることができる場合)


 傷病手当金と出産手当金の両方を受けることができる場合


病気やケガなどで休業し、給与が出ない場合などの条件を満たすと、健康保険より、傷病手当金を受けることができます。

一方、出産にて会社を休み、給与が出ない場合などの条件を満たすと、出産手当金を受けることができます。

もし、傷病手当金と出産手当金を両方受けるとこができるときは、出産手当金が支給されます。ただし、出産手当金の額が傷病手当金の額よりも少ない場合には、出産手当金との差額が傷病手当金として支給されます

by nenkin-matsuura | 2019-12-06 00:52 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ブログ de 健康保険 130(資格喪失後の給付(傷病手当金と出産手当金))

 資格喪失後の給付(傷病手当金と出産手当金)


退職などにより被保険者でなくなった(資格喪失)後においても、一定の条件のもとに保険給付を受けることができます。

資格を喪失する日の前日までに継続して1年以上被保険者であった人は、資格を喪失した際に傷病手当金及び出産手当金を受けていた場合は、給付を受けることができます。

傷病手当金は1年6か月間、出産手当金は出産前後合わせて原則98日間の範囲内で、支給を受けることができることになっていますが、この期間から被保険者である間にすでに支給を受けた残りの期間について受けることができます。

by nenkin-matsuura | 2018-01-05 00:05 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ブログ de 健康保険 109(傷病手当金&出産手当金の計算方法(28年4月より))

 傷病手当金&出産手当金の計算方法(平成28年4月より)


傷病手当金と出産手当金について、これまでの計算方法は…
 ・一日当たりの金額=「休んだ日の標準報酬月額÷30日×3分の2」
でしたが、
平成28年4月1日からは…
 ・一日当たりの金額=「支給開始日以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日×3分の2」
にて計算されます

なお、支給開始日以前の期間が12か月に満たない場合は、
 ・支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額と、
 ・28万円(当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額)
を比べて少ない方の額を使用して計算されます

by nenkin-matsuura | 2016-04-08 00:32 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ブログ de 健康保険 105(健康保険の資格喪失後の埋葬料)

 健康保険の資格喪失後の埋葬料(費)

被保険者が亡くなったときは、生計を維持されていた者に対して、申請により埋葬料として5万円が支給されます
(なお、被扶養者が亡くなったときは、被保険者に対して、申請により埋葬料として5万円が支給されます)

また、次のいずれかに該当している場合は、資格喪失後の被保険者の埋葬料(費)の申請が可能です
① 被保険者が資格喪失後3か月以内に亡くなったとき
② 被保険者が傷病手当金または出産手当金の資格喪失後の継続給付を受けている期間に亡くなったとき
③ 被保険者が傷病手当金又は出産手当金の資格喪失後の継続給付を受けなくなった日後3か月以内に亡くなったとき

by nenkin-matsuura | 2015-12-04 00:27 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど 第95回

◆ 障害厚生年金と他の制度による給付との調整(健康保険&労災保険)

・健康保険との調整
 健康保険の傷病手当金を受けていて、同一の病気やけがで障害厚生年金が支給されるときは、その期間が残っていた場合でも傷病手当金は支給されません ただし、障害厚生年金(+障害基礎年金)の日額(360分の1の額)が傷病手当金の日額より低いときは、その差額が支給されます

・労災保険との調整
 業務上または通勤災害によるけがや疾病が原因で障害となったときに、労災保険から年金給付が受けられる場合があります 同一の事由で障害厚生年金からも年金が支給される場合は、障害厚生年金(+障害基礎年金)は全額支給され、労災保険の障害(補償)年金・傷病(補償)年金の額は、一定の率を乗じて減額となります

by nenkin-matsuura | 2014-08-25 00:12 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ブログ de 健康保険 81

 傷病手当金申請時の添付書類

傷病手当金を受けるには「健康保険傷病手当金支給申請書(第 回)」を記入します

申請時に添付する書類としては、
初回申請時には、労務に服することができなかった期間を含む賃金計算期間とその期間前1か月分の賃金台帳と出勤簿(タイムカード)の写しを添付します 役員などで出勤簿や賃金台帳がない場合は、役員報酬を支給しないこととする役員会議議事録の写しを添付します

もし、障害厚生年金や老齢退職年金の給付を受けている場合は、年金証書や年金額改定通知書等の写しを添付します

また、労災保険から休業補償給付を受けている場合は、休業補償給付支給決定通知書の写しを添付します

by nenkin-matsuura | 2013-12-06 00:32 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ブログ de 健康保険 73

 被保険者資格取得届(備考欄)

健康保険・厚生年金保険の適用事業所において、新たに従業員を採用したときなどは、事業主は「被保険者資格取得届」を保険者等に提出します

被保険者資格取得届には備考欄があり、以下のようなことを記入します
・前に健康保険の被保険者であった者については、その資格取得年月日、最後の事業所の名称と所在地
・年金手帳に記載されている氏名に変更がある場合は、変更前の氏名
・健康保険の資格喪失後の継続保険給付を受けている人については、その旨および給付の種類、その給付が療養の給付または傷病手当金であるときは、その傷病名

by nenkin-matsuura | 2013-04-05 00:28 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ブログ de 健康保険 48

★ 退職後の保険給付について

退職などにより、健康保険の資格を喪失したあとも、保険給付の種類により、一定の要件を満たせば、保険給付をうけることができます

その種類と要件としては、
・傷病手当金及び出産手当金 
 引続き1年以上被保険者だった人が資格を喪失し、現に手当金を受けているか受ける要件を満たしている場合、当該手当金に係る期間が満了するまで続けてうけられる
・出産育児一時金
 引続き1年以上被保険者だった人が資格を喪失し、資格喪失後6か月以内に出産したとき(被扶養者の出産に対する家族出産一時金を除く)
・埋葬料(費)
 ①資格喪失後、3か月以内に死亡したとき
 ②上記の傷病手当金及び出産手当金の継続療養をうけている間、または、うけなくなって3か月以内に死亡したとき(被扶養者の死亡に対する家族埋葬料を除く)

また、出産育児一時金について、引き続き1年以上被保険者だった人が退職後任意継続被保険者となり、当該資格を喪失後6か月以内の出産の場合も支給されます

by nenkin-matsuura | 2011-03-03 03:15 | ブログ de 健康保険  

障害年金の手続・仕組みなど 第51回

◆ 傷病手当金と障害厚生年金の関係

厚生年金保険(健康保険)の被保険者が、ⅰ)病気やけがで療養中であり、ⅱ)仕事に就けない状態(労務不能)であり、ⅲ)4日以上仕事を休んでおり、ⅳ)給料を受けられないときは、健康保険の傷病手当金が受けられることとなります

傷病手当金を受けられる期間は、最大1年6か月ですが、同じ病気やけがで障害厚生年金を受けるようになったときは、傷病手当金が支給されなくなります ただし、障害厚生年金(同時に障害基礎年金を受けられる場合はそれも合算した額)の360分の1が傷病手当金の日額より低い時は、その差額が支給されます
なお、厚生年金保険の「障害手当金」が受けられる場合には、障害手当金を受けた日以降の傷病手当金の合計が、障害手当金の額に達する日までの傷病手当金は支給されません

by nenkin-matsuura | 2011-01-19 02:13 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ブログ de 健康保険 33

★ 傷病手当金障害厚生年金

傷病手当金は、
①療養中であること
②仕事に就けないこと
③4日以上休むこと
④給料の支払いがないこと
の4つの条件を満たした時に、
休業1日につき標準報酬日額の3分の2が、支給開始日から1年6か月の範囲内で、支給要件を満たした期間について支給されます

しかし、同一の傷病について障害厚生年金が支給されるようになるとその傷病手当金は打ち切られます(障害基礎年金を含めた障害厚生年金の額が傷病手当金の額より少ないときは、その差額が支給されるなどの調整が行われます)

by nenkin-matsuura | 2009-12-12 13:16 | ブログ de 健康保険 | Trackback