タグ:健康保険組合 ( 5 ) タグの人気記事

 

ブログ de 健康保険 134(医師国保組合(加入要件))

 医師国保組合(加入要件)


医師国保組合は、医師およびその家族と従業員・家族のために設立された健康保険組合です。

医師国保への加入要件としては(医師の場合)、
①都道府県医師会員であること。(県により例外あり)
②医療・介護を行う5人未満の個人事業所の開設者・管理者、またはその事業所の業務に従事している者。
③当該県もしくは隣接県に居住していること。
④75歳未満であること。
などがあります。

by nenkin-matsuura | 2018-05-04 00:53 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ブログ de 健康保険 75

 任意継続被保険者の標準報酬月額

健康保険の被保険者期間が、退職日(資格喪失日の前日)まで継続して2か月以上ある人は、退職後も引き続いて2年間は個人で健康保険の被保険者となることができます

健康保険の任意継続被保険者の標準報酬月額は、原則として退職時と同じですが、加入している健康保険(協会けんぽまたは各健康保険組合)での標準報酬月額の平均額に該当する標準報酬月額を上限とされます

なお、協会けんぽの上限額は、平成25年度は28万円となっています(退職時の標準報酬月額が上限の28万円を上回っていた場合は、28万円が標準報酬月額となります)

by nenkin-matsuura | 2013-06-07 00:14 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ブログ de 健康保険 67

 健康保険組合、厚生年金基金加入員の保険料率について

保険料は、各被保険者の標準報酬月額に保険料率を掛けて算出した金額が毎月の保険料額となり、事業主と被保険者が負担することとなります

・健康保険組合の保険料率については、
組合ごとに1000分の30~120の範囲で組合法の議決により定められますが、一般保険料率の被保険者負担分は料率の半分をこえません また、組合間の財政調整のための調整保険料を健康保険組合連合会に納めることになります

・厚生年金基金の保険料率については、
基金ごとに免除保険料率(1000分の24~50の27段階、1000分の1きざみ)がきめられており、国(厚生年金保険)に対しては免除保険料率分低い保険料を、基金に対しては免除保険料率等にもとづき規約で定められた掛金を納めることになります

by nenkin-matsuura | 2012-10-10 01:57 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ブログ de 健康保険 24

★ 全国健康保険協会健康保険組合

全国健康保険協会は健康保険組合に加入している組合員以外の被保険者の健康保険を管掌していて、
協会けんぽともいわれ、全国健康保険協会が事業の運営をしています
ただし、適用事務、保険料徴収事務は社会保険庁が行うこととされており、その出先機関である地方社会保険事務局と社会保険事務所の窓口で業務が行われています
また、任意継続被保険者に関する事務はすべて全国健康保険協会が行っています

健康保険組合は、その組合員である被保険者の健康保険を管掌しており、これを組合管掌健康保険といい、単一の企業で設立されている組合や、同種同業の企業が合同で設立する組合などもあります
健康保険組合は、健康保険法で定められた保険給付(法定給付)や保健福祉事業を行うほか、一定の範囲で附加給付を行うことができるなど、自主的な事業の運営を行うことができます

全国健康保険協会健康保険組合は、保険料を徴収したり、保険給付を行ったりする運営主体で、保険者といわれます

by nenkin-matsuura | 2009-03-05 21:00 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

ブログ de 健康保険 16

★ 健康保険組合

健康保険事業を運営するために保険料を徴収したり、保険給付を行ったりする運営主体のことを保険者といいます
健康保険の保険者には、政府管掌健康保険(社会保険庁)と健康保険組合の2種類があります

各企業のサラリーマンが加入する健康保険組合(健保組合)は、社員700人以上の企業であれば、国の認可を受けて単独で設立(単一健保組合)することができます また、3,000人以上であれば、同業種の複数の企業が共同で設立(総合健保組合)することも可能です

健康保険組合は、被保険者やその家族(被扶養者)の病気、けが、出産、死亡などのとき、医療費を負担したり、給付金を支給する保険給付事業を行います 保険給付には、法律で定められた法定給付のほかに、健保組合が独自に行うことのできる付加給付もあります

保険給付を受けたり、各種届を出すときは、全国で約1500ある各健康保険組合に届け出ます(社会保険事務所とは別です)

健康保険組合では、労使の代表が組織運営に参加することによって、自主的かつ効率的に運営され、被保険者とその家族の実態に合わせたきめ細かいサービスを提供できます

by nenkin-matsuura | 2008-09-04 21:07 | ブログ de 健康保険 | Trackback