タグ:企業年金連合会 ( 41 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第389問(厚生年金基金)

Q 企業年金連合会より年金が支給される者を①~③のうちから選んでください ? 

① 山さん、30年間共済組合に加入している
② 空さん、存続基金に10年以上、現在も加入している
③ 海さん、解散した基金に5年加入していた

d0132289_00113406.jpg


                     A ③ 海さん、解散した基金に5年加入していた
point 加入期間が10年未満であり、解散した厚生年金基金に加入していた海さんは、企業年金連合会より年金が支給されます
 請求には、支給開始到達月に送付される企業年金連合会老齢年金裁定請求書(緑色の封筒)を記入し、住民票や年金手帳の写しや口座通帳の写しなどを添えて請求(郵送)します
 なお、裁定請求書が届かなかった時は、企業年金連合会へのお電話やインターネットを通して取り寄せることが可能です

by nenkin-matsuura | 2016-03-09 00:26 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 未支給年金編15

<Q1 あともう一つ、基金から年金をもらっていたようです… (受給者の子)

 <A1> 企業年金連合会へ届け出(未支給年金)が必要です

<Q2> 夫の口座はすでに凍結しています…(2月13日死亡)

 <A2> 2月15日に受け取るはずだった12月と1月分、それと死亡月の2月の合計3か月分が、未支給年金として後日支払われます

<Q3> C社の記録が漏れていたそうですが、その後はどうなります?

 <A3> すでに本人が死亡しているときは未支給年金の請求者に対して、過去の分がまとめて支払われます(時効特例分と遅延加算金も含む)

by nenkin-matsuura | 2016-02-22 00:27 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 384(印字されている企業年金以外に加入していた企業年金があるとき(老齢年金裁定請求書))

◇ 印字されている企業年金以外に加入していた企業年金があるとき(老齢年金裁定請求書)

企業年金連合会より「企業年金連合会老齢年金裁定請求書」が送付されてきたら、同請求書を記入し、住民票や年金手帳の写し、通帳の口座番号等が記載されているページの写しなどとともに企業年金連合会へ提出(郵送)しますヾ(o゚x゚o)ノ

もし、記載内容が異なる場合は、下の太枠内に住所などを記入しなおします
下の方には企業年金(厚生年金基金)の名称などが記載されていますが、印字されている企業年金以外に加入していた企業年金があるときは、その名称や加入期間(わかれば加入員番号)などを記入します

旧姓などで厚生年金保険の別番号などが見つかり、基金にも加入していた場合などはその名称などを追加で記入します(または新規で連合会より請求用紙を取り寄せる)

by nenkin-matsuura | 2016-02-03 00:52 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

企業年金連合会からの未支給年金

■ 企業年金連合会からの未支給年金

企業年金連合会からの老齢年金を受給している人が亡くなられた場合、未支給となっている年金については、ご遺族(生計を同じくしていた者)の請求に基づき、未支給年金として支払われます(まずは企業年金連合会より未支給年金給付請求書を取り寄せる)

請求できる遺族の範囲は、
死亡した受給権者と死亡当時生計を同じくしていた①配偶者、②子、③父母、④孫、⑤祖父母、⑥兄弟姉妹、⑦その他3親等内の親族の順になります

請求の際には戸籍謄本や世帯全員の住民票、住民票の除票等とともに企業年金連合会老齢年金証書が必要ですが、もし証書が見当たらない場合は、便せん等に理由(証書を紛失したためなど)を書いて添付します

by nenkin-matsuura | 2015-10-30 00:16 | 年金 あれこれ | Trackback  

企業年金連合会からの裁定請求書

■ 企業年金連合会からの裁定請求書

厚生年金基金に加入していた人は、支給開始年齢の到達月に、企業年金連合会から「企業年金連合会老齢年金裁定請求書」(緑色の封筒)が届くときがあります

裁定請求書には、基礎年金番号や住所などがあらかじめ印字されており、それに変更がなければ、氏名や口座番号等を記入します
添付書類としては、
① 住民票または戸籍抄本(発行日から6か月以内の原本)
② 基礎年金番号が記載された年金手帳の写しか、厚生年金基金加入員証の写し、年金証書の写しのいずれか1つ
③ 通帳の写し(または裁定請求書に金融機関からの証明印を押してもらう)

なお、裁定請求書が届かなかった場合などは、企業年金連合会への電話・インターネット・文書・来訪などによる方法にて裁定請求書の発行を受けることが可能です

by nenkin-matsuura | 2015-08-14 00:39 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきんFAQ 繰下げ編11

<Q1> 説明書が入っていましたけどよくわかりません…(65歳時のはがき「年金請求書」)

 <A1> はい、老齢基礎年金を繰上げて受給されていましたが、65歳以降は老齢厚生年金について、今度は逆に繰下げといって…老齢厚生年金を遅く受給して増やす方法があります…繰下げをご希望の場合ははがきを出さずに…繰下げせず本来通りの受給ならはがきの提出を…

<Q2> 70歳まで繰下げしたら42%増えるんでしょ…手続きは?(65歳・女性)

 <A2> はい…両方繰下げの場合は65歳時のはがき(年金請求書)を出さずに…もう一回同じはがきが来てもそれを出さないことによって繰下げ待機の状態になります…その後は…70歳での受給をご希望の時はその時に手続きをしていただいて…通知はありませんが69歳時に意思確認のはがきが届きます…

<Q3> 基金のほうにも連絡した方がいいのでしょうか?(老齢厚生年金の繰下げ希望)

 <A3> はい、企業年金連合会へ、繰下げを行う旨の連絡が必要です…

by nenkin-matsuura | 2015-07-06 00:17 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 334(老齢厚生年金の繰上げ、基金ありの場合)

◇ 老齢厚生年金の繰上げをし、厚生年金基金がありの場合

報酬比例部分の支給開始年齢が61歳以降の場合でも、はやければ60歳から繰上げ支給の老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給することができます(繰り上げた月数に応じて本来の年金額から減額して支給されます)

本来支給開始年齢より前の繰上げ請求において、厚生年金基金の加入期間がある場合は、老齢厚生年金と連動して基金の年金も支給されますが、企業年金連合会や厚生年金基金への裁定請求は必要です(先に国の老齢厚生年金・老齢基礎年金の繰上げをし、年金証書が届いたらその写しなどを添えて基金へ提出)

なお、国の老齢厚生年金のみの繰上げや、基金(企業年金連合会)の老齢年金のみの繰上げはできませんヽ( ´ー`)丿

by nenkin-matsuura | 2015-02-18 00:12 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金加入記録について その92

 職歴照会票(企業年金連合会)

d0132289_0163084.jpg企業年金連合会へ年金の請求書を送付し、その後追加で「職歴照会票」の提出のお願いがある場合があります
職歴照会票は、年金手帳や厚生年金基金加入員証の写しなど基礎年金番号等が確認できる書類がいずれもない場合のみに記入します

記入するのは、「勤務していた会社名」、「本支店・店舗・工場名等」、「所在地」などです
会社名は勤務していた当時の名称を記入し、本支店・店舗・工場名等はわかる範囲で記入します

枠外の下のほうには氏名・生年月日・厚生年金基金加入当時の住所を記入します

by nenkin-matsuura | 2014-04-08 00:43 | 年金加入記録 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 276

◇ 企業年金連合会の老齢年金裁定請求書に基金の名称が載っていなかったとき

企業年金連合会より、老齢年金裁定請求書(緑色の封筒など)が送付されてきたら…住民票、年金手帳のコピー(基礎年金番号が記載されたページ)、通帳のコピーなどを添えて、企業年金連合会へ返送しますヽ(●’`*)ノ

もし、企業年金連合会からの老齢年金裁定請求書に印字された基金以外に加入していたところがあれば、その名称や加入期間などを下の余白に追加で記入します(〇〇県建設業、平成2年4月ー4年3月など)

なお、本人が死亡している場合で、支給開始年齢到達月の翌月から亡くなられた月までの未支給年金があるときは、請求により、対象となる遺族(生計を同じくしていた配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹)に支給されることとなります(未支給の老齢年金)

by nenkin-matsuura | 2014-01-08 00:04 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 250

◇ 企業年金連合会の老齢年金を請求する際の添付書類について

企業年金連合会の老齢年金の受給権がある場合には、「企業年金連合会老齢年金裁定請求書」(黄緑色の封筒)が送付されてきます(住所が変わっているときなどを除く)

裁定請求書には氏名や口座番号等を記入しますが、添付書類としては…
・住民票(または戸籍抄本)
・基礎年金番号が確認できる以下のいずれかの書類
 ①年金手帳の基礎年金番号が記載されたページのコピー
 ②厚生年金基金の加入員証のコピー
 ③国の年金証書のコピー
・通帳の写し(裁定請求書に金融機関からの証明印を受けている場合は不要)
などが必要となります(*m_ _)m

なお、裁定請求書及び添付書類は企業年金連合会への郵送での提出となります

by nenkin-matsuura | 2013-07-10 00:27 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback