タグ:任意加入 ( 66 ) タグの人気記事

 

ねんきんFAQ ねんきん定期便編21


<Q1> 母が、ねんきん定期便が届かないと言っていました。

 <A1> 被保険者などに対し送付されます。お母様は被保険者ではなく、受給者であり、今はねんきん定期便は送付されていません。

<Q2> ねんきん定期便の照会番号は基礎年金番号ではないのですか?

 <A2> はい。基礎年金番号とは別です。28年度のねんきん定期便には基礎年金番号が記載されていました。照会番号は、ねんきん定期便についての専用ダイヤルなどで使用します。

<Q3> 納めていない期間がありますが、納めるには?

 <A3> 20年ほど前の期間のため、現在は納付できませんが、60歳から65歳の間に国民年金の任意加入をして納付をすることが可能です。(厚生年金保険に加入している場合を除く)

by nenkin-matsuura | 2018-07-09 00:13 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その63(海外在住者の国民年金の任意加入)

゛海外居住者の国民年金の任意加入”


海外に居住する場合、国民年金は強制加入ではなくなりますが、希望により任意加入をし、国民年金保険料を納付することも可能です。

任意加入の手続きについては、
・これから海外に居住する人 → お住いの市区町村窓口
・現在海外に居住している人 → 日本国内における最後の住所地管轄の年金事務所又は市区町村窓口
・日本国内に住所を有したことがない人 → 千代田年金事務所

なお、任意加入被保険者は付加保険料を納めることも可能です。

by nenkin-matsuura | 2018-05-25 00:05 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback | Comments(0)  

年金加入記録について その142(国民年金被保険者関係届書(申出書)の資格喪失時の理由)

 国民年金被保険者関係届書(申出書)の時の理由


d0132289_21345026.jpg

国民年金に加入する際などには「国民年金被保険者関係届書(申出書)」を記入しますが、その資格喪失届時などの喪失理由としては、当てはまる番号に丸を付けるようになっています。

「1.厚生年金(共済含む)への移行」
「2.任意加入対象者に該当」
「3.その他」
「4.任意喪失の申出」
「5.期間満了」
「10.中国残留邦人等非該当」
「11.外国への転出」

by nenkin-matsuura | 2018-05-15 00:12 | 年金加入記録 | Trackback | Comments(0)  

年金加入記録について その138(後納の対象者)

 後納の対象者


d0132289_20355907.jpg
平成30年9月までは、国民年金保険料の後納により過去5年分まで納付をすることができます。

その対象者は、

①20歳以上60歳未満で、5年以内に納め忘れ(免除以外)や未加入期間がある場合

②60歳以上65歳未満で、①の期間のほか、任意加入中に納め忘れの期間がある場合

③65歳以上で、老齢年金の受給資格がなく任意加入中の場合
など

※老齢基礎年金を受け取っている人は申込できません。

by nenkin-matsuura | 2018-01-16 00:16 | 年金加入記録 | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第462問(国民年金基金)

Q 次のうち、国民年金基金に加入可能な人を選んでください ? 

① Aさん、18歳、厚生年金保険に加入している
② Bさん、48歳、第3号被保険者
③ Cさん、27歳、第1号被保険者、納付猶予を受けている
④ Dさん、63歳、国民年金の任意加入をしている

d0132289_04243460.jpg


            A ④ Dさん、63歳、国民年金の任意加入をしている
point 加入できるのは国民年金の第1号被保険者(免除等ではない)や60歳から65歳までの国民年金の任意加入被保険者などです。
なお、厚生年金の被保険者(第2号被保険者)や第3号被保険者、第1号被保険者でも国民年金保険料の免除を受けている間などは国民年金基金に加入できません。

by nenkin-matsuura | 2017-08-03 04:40 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 加入記録編25

<Q1> 夫が会社員で厚生年金保険に加入しているので、私も厚生年金保険になるんじゃないんですか?

 <A1> 扶養となっておられる奥様は、第3号被保険者で国民年金の加入となります。

<Q2> 新聞の記事を見ましたが、祖母は海軍工廠にて勤務していたようです。その年金をもらえるのでは?

 <A2> 旧令共済組合として年金額(定額部分)がプラスとなるときがありますが、国民年金(旧法の老齢年金)のみの場合は対象外になります。

<Q3> 国民年金の任意加入をして、さらに国民年金基金にも加入できると聞きましたが・・

 <A3> 任意加入できるのは過去に空白があり満額ではない場合です。20歳から60歳までの期間にて満額となる480月納付されている場合は任意加入ができません。

by nenkin-matsuura | 2017-07-18 02:13 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 451(任意加入が終了したとき(満額到達))

◇ 任意加入が終了したとき(満額到達)


受給資格期間を満たすためや老齢基礎年金の額を増やすためなど、60歳以降に国民年金の任意加入をすることができます。

満額(480月)に到達した場合など、任意加入の期間が終了したとき等は、はがき(国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ)が送られてきます。ヽ(〃´∀`〃)ノ

なお、当該はがきには、基礎年金番号や国民年金の納付月数とともに終了した日(資格喪失日)も記載されています。(その場合の終了時の手続きは不要)

by nenkin-matsuura | 2017-05-24 04:11 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 447(65歳以上で国民年金の任意加入をしている場合)

◇ 65歳以上で国民年金の任意加入をしている場合(10年短縮)


受給資格期間を満たすため、65歳以降に国民年金に任意加入することができるところ、平成29年8月1日より、受給資格期間が25年から10年に短縮となります。(。・x・)ゞ

65歳以降に任意加入をしており、受給資格期間が10年以上ある場合は、29年8月をもって任意加入の資格を喪失し、国民年金の保険料を納付できるのは29年7月分までとなります。

なお、前納をしている場合は、29年8月分以降の保険料は還付となります。(65歳以上で任意加入の場合)

by nenkin-matsuura | 2017-04-27 03:33 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 439(国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ)

◇ 国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ(はがき)


国民年金の被保険者が60歳になると、「国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ」(はがき)が送られてきます。

当該ハガキには、おもての下部には国民年金の加入月数が表示されていますが、厚生年金保険や共済組合の加入月数は表示されません。(´;Д;`)

また、裏面には、年金の受け取り方や任意加入制度についての記載があります。
任意加入については、60歳から65歳までの最大60か月加入することが可能です。(480月の上限あり)

by nenkin-matsuura | 2017-03-02 04:02 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ カラ期間編16

<Q1> 母の年金が少ないような…あまりかけていなかったせいですか?

 <A1> 国民年金の第1号被保険者と第3号被保険者で15年ほど、あとは10年間のカラ期間にて受給権が発生していますが、カラ期間は期間のみで額の計算には含まれません

<Q2> 結婚して、昭和61年まではカラ期間となるそうですが、額を増やすためには?
 
 <A2> 60歳から65歳までの5年間に任意加入し、老齢基礎年金を増やす方法があります あと…65歳以降に繰下げにて額を増やす方法もあります

<Q3> 戸籍謄本を取りました…(障害基礎年金の請求)

 <A3> 婚姻から昭和61年3月までの国民年金の任意未加入期間は、除いて受給資格期間を計算します…

by nenkin-matsuura | 2016-10-31 00:45 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)