タグ:事後重症による請求 ( 7 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第571問(納付要件の特例)

Q 障害年金請求時の保険料の納付要件の特例について、〇か×かで答えてください。
※通常の3分の2以上の納付要件を除く。
☆☆

① 初診日の前日において、初診日がある2か月前までの直近1年間に保険料の未納期間がないことが要件の一つである 〇 or ×
② 初診日において65歳未満であることが要件の一つである 〇 or ×
③ 事後重症による請求には適用されない 〇 or ×


ねんきんQuiz-第571問(納付要件の特例)_d0132289_20432177.jpg



                              A ① 〇 ② 〇 ③ ×
point
※通常の3分の2以上の納付要件を除く。
① 保険料の納付要件の特例の要件の一つに、「初診日の前日において、初診日がある2か月前までの直近1年間に保険料の未納期間がないこと」があります。
② 保険料の納付要件の特例の要件の一つに、「初診日において65歳未満であること」があります。
③ 事後重症による請求の場合でも保険料の納付要件の特例はあります。

by nenkin-matsuura | 2019-09-05 00:13 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 障害年金の請求編34


<Q1> 65歳以上ですが、障害認定日による請求は可能なんですか?

 <A1> はい。65歳以上の場合、事後重症による請求はできませんが、障害認定日による請求は可能です。

<Q2> 戸籍謄本とか住民票はいらないのですか?(障害厚生年金を請求)

 <A2> 加給年金の対象者がいないときは不要です。

<Q3> 障害者手帳の級と障害年金の級は別なんですか?

 <A3> はい。身体障害者手帳などの級と障害厚生年金・障害基礎年金の等級は別で、障害手帳の級が1級でも障害年金は3級などの場合があります。

by nenkin-matsuura | 2019-01-15 00:13 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 障害年金の請求編30

<Q1> 身体障害者手帳の交付を受けました…(70代)

 <A1> 事後重症による請求が65歳までのため・・障害認定日による請求は可能ですが・・

<Q2> 本人の所得証明書は2枚必要ですか?(生まれつきでの傷病)

 <A2> はい、現在のものと20歳時の所得証明書が必要です

<Q3> 納付要件を満たさない状態ですが、法律は変わりましたか?

 <A3> 老齢年金は10年となりましたが・・障害年金の3分の2の要件(直近1年)は変わりません。

by nenkin-matsuura | 2017-08-07 03:39 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第421問(事後重症による請求)

Q 以下の事例において、障害基礎年金の事後重症による請求を行った場合、受給開始となる月を①~③のうちから選んでください(2級の状態であるものとする) ? ☆☆
※ 初診日=平成25年10月20日、障害認定日=27年4月20日、請求日=28年8月20日

① 平成25年11月より
② 平成27年5月より
③ 平成28年9月より
ねんきんQuiz-第421問(事後重症による請求)_d0132289_04122151.jpg


                                  A ③ 平成28年9月より
point 事後重症による請求の場合は、請求の翌月分からの支給となるため、平成28年8月20日に請求した場合は、翌月の9月分からの支給となります。
なお、事後重症による請求の場合は、65歳に達する日の前日までに障害等級に該当し請求を行う必要があります。

by nenkin-matsuura | 2016-10-20 04:37 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第370問(診断書)

Q 障害厚生年金を事後重症による請求とする場合の診断書の日付(現症日)について、正しいものを①~③のうちから選んでください ? ☆☆

① 初診日以降3か月以内の状態を記したもの
② 障害認定日以降3月以内の現症を記したもの
③ 裁定請求日以前3月以内の現症を記したもの


ねんきんQuiz-第370問(診断書)_d0132289_23464482.jpg


                  A ③ 裁定請求日以前3月以内の現症を記したもの
point 障害厚生年金・障害基礎年金を事後重症による請求とする場合は、裁定請求を行う日以前の3月以内の現症を記した診断書が必要となります
 なお、現症日の欄については、診断書の表面に赤字で印字されています(診断書の様式によっては裏面などにも現症日の欄があります)

by nenkin-matsuura | 2015-10-28 00:08 | ねんきんQuiz | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど 第99回(障害認定日による請求と児童扶養手当)

◆ 障害認定日による請求と児童扶養手当について

障害基礎年金・障害厚生年金の請求には、障害認定日による請求や事後重症による請求などがあります
障害認定日による請求の場合、条件を満たせば遡って最大5年分の年金を受け取ることが可能です

児童扶養手当については、平成26年11月までは障害基礎年金の子の加算額と児童扶養手当はどちらか一方の受給でしたが、26年12月以降は一律に優先して子の加算額が支給され、その差額があれば児童扶養手当が支給されるようになっています

もし、障害認定日による請求により、子の加算額が遡って受給可能な時は、26年11月以前の遡った期間については、障害基礎年金の子の加算額か、または配偶者に支給される児童扶養手当のいずれかを受給することが可能です(26年12月以降は子の加算額が優先して支給される)

by nenkin-matsuura | 2014-12-19 00:21 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 190

◇ 繰上げと障害年金の請求

繰上げ(全部繰上げ、一部繰上げ)の注意事項の一つとして、繰上げを行うと「事後重症による障害年金(基礎・厚生)の請求ができなくなる」が挙げられます

事後重症による請求は、障害認定日に1級または2級(障害厚生年金は3級まで)の障害に該当しなかった場合で、その後65歳に達するまでの間に状態が悪化し、1級または2級(障害厚生年金は3級まで)の障害の状態になったときに、本人の請求により受給権が発生します しかし、繰上げを行うと事後重症による請求ができなくなってしまいますΣ(T□T)

一方、繰上げをしていても、「障害認定日による請求」は可能です
障害認定日による請求の場合は、初診日から1年6か月経過した日である障害認定日(それ以前になおったときはその日)以降3月以内の現症を記した診断書が必要となります
また、障害認定日から1年以上経過して請求するときは、障害認定日以降3月以内の現症を記した診断書1枚と、裁定請求日以前3月以内の状態を記した診断書1枚の計2枚の診断書が必要となります

by nenkin-matsuura | 2012-04-27 00:57 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback