タグ:ねんきん特別便 ( 37 ) タグの人気記事

 

ねんきんnews 2011年2月号

 持ち主不明の5095万件の宙に浮いた年金記録を巡り、65歳未満では半数近くが持ち主が判明し統合できたにもかかわらず、75歳以上では1割に満たないことが日本年金機構の調べで分かった。高齢者ほど記録統合できておらず、ねんきん特別便などで記録漏れを自己申告する従来の対応の限界が浮かんだ。
 機構によると、昨年6月現在、宙に浮いた記録5095万件のうち65歳未満の人の記録は2290万件。このうち基礎年金番号に結びついて統合できたのは1083万件(47.3%)。65歳以上75歳未満の人の記録1120万件では239万件(21.3%)、75歳以上では1650万件のうち130万件(7.9%)にとどまる。
 

年金記録にもれがある可能性が高い年金受給者及び加入者には、平成20年3月までに青色の封筒でねんきん特別便が送付された

記録があると思っていた事業所・期間以外の、別の記録が出てくることもあるため、ある程度の情報(勤務場所や期間)などを提供する方法もあると思います

by nenkin-matsuura | 2011-02-08 03:08 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきん豆知識41

ねんきん特別便の種類

ねんきん豆知識41_d0132289_063231.jpg①平成19年12月~発送分
・対象者          : 受給権者
・封筒の色         : 薄い青色
・リーフレットの色     : 青色
・年金加入記録回答票  : 横型(青色)

②平成20年2月~3月発送分
・対象者          : 被保険者
・封筒の色         : 薄い青色
・リーフレットの色     : 茶色
・年金加入記録回答票  : 横型(茶色)

③平成20年4月~5月発送分
・対象者          : 受給権者
・封筒の色         : 薄い緑色
・リーフレットの色     : 薄い茶色
・年金加入記録回答票  : 縦型(薄い茶色)

④平成20年6月~10月発送分
・対象者          ; 被保険者
・封筒の色         : 薄い緑色
・リーフレットの色     : 緑色
・年金加入記録回答票  : 縦型(緑色)

なお、①と②(平成19年12月~20年3月発送分)は、名寄せ対象者といって記録が年金に結び付く可能性が高いねんきん特別便として発送されました 

by nenkin-matsuura | 2010-05-12 00:54 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ねんきんQuiz-第57問

Q カッコのなかに共通して入る語句は?                    ☆☆

・(    )障害給付金
・(    )支給の老齢厚生年金
・ねんきん(    )便

ねんきんQuiz-第57問_d0132289_19462854.jpg


                                           A 特別
 point 「特別」という文字が入ります
最初の特別は、「特別障害給付金」といって、国民年金が任意のため未加入だった期間に初診日があり障害基礎年金を受けられない人のために設けられた制度です
2番目の特別は、「特別支給の老齢厚生年金」といって、60歳から65歳(55歳からの場合もあり)の間に支給される老齢を支給事由とした年金のことです
3番目の特別は「ねんきん特別便」です 主に宙に浮いた年金記録の確認のために平成20年中に送付されました

by nenkin-matsuura | 2009-04-14 20:27 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきん特別便でも、ねんきん定期便でもない…

ねんきん特別便でも、ねんきん定期便でもない…_d0132289_20462188.jpg

ねんきん特別便でも、ねんきん定期便でもない、「共済組合等加入記録の確認のお知らせ」です
色はやや茶色がかったオレンジ色です
中に入っているのは、
・Ⅰ共済組合等加入記録の確認のお知らせ
・Ⅱ共済組合等加入記録回答票
・手続きの流れを記載した用紙
・社会保険業務センターへの返信用封筒
などです

平成8年12月以前に、国家公務員共済組合・地方公務員共済組合・私学共済に加入していた人(退職した人)を対象として送付されているようです
公務員(共済組合)の記録も宙に浮くことがあるので、要注意です

by nenkin-matsuura | 2009-04-09 20:59 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 51

◇ 海外在住者のねんきん特別便

海外に在住している方にも、基本的には日本国内に住んでいる方と同じようにねんきん特別便は送付されます
現役の加入者(国民年金の任意加入被保険者、第2号被保険者など)については、海外の住所地や事業主を経由して送付されます
年金をすでに受給している方にも、海外の住所地に対して送付されます
問題は海外の住所地が、社会保険庁において把握できていない場合(基礎年金番号がない方も含む)には発送されないという点です
この場合は本人または家族などの日本在住者(協力者)からの申し出が必要となります
海外在住者で基礎年金番号がなくて、年金を受給できないと思っていたら番号が複数見つかり、カラ期間を足して受給に結びつく例もあるので、すべての人に対して年金加入記録の確認を取るには、現地や日本での協力者の受け渡し(パイプ)が必要となります(^_-)db(-_^)

by nenkin-matsuura | 2009-01-25 15:12 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金加入記録について その28

年金加入記録について その28_d0132289_20351119.jpgねんきん特別便には、厚生年金基金の加入期間・月数も記載されます
履歴欄の会社名の下にカッコ書きで厚生年金基金加入期間と記載され加入日と退職日(喪失日)も記載されます 
下の欄の加入月数の欄にはまず全体の厚生年金の加入月数が記載されその下にカッコ書きで基金の月数も記載されます(基金が複数ある場合には、各基金の合計月数が載ります)
しかし、基金に勤めていたけど年金記録のお知らせに載らない場合もあります それは、基金が代行返上(国へ、代行部分を返すことを指します) を行った場合です 代行返上をその基金が行っていると基金の月数欄はカウントされません

※なお、ねんきん特別便には国民年金基金の加入月数は載りません

by nenkin-matsuura | 2009-01-06 21:41 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきんFAQ 加入記録 編4

<問1> 私は、昭和28年4月から国鉄で勤めていたが最初のほうがねんきん特別便に載っていない!消えてしまっているのではないか

 <答1> ねんきん特別便には、昭和31年7月1日以前の旧国鉄期間は載りません ただ、31年7月1日以前の期間は、旧長期間として年金額に反映されています また、ねんきん特別便の下のほう備考欄に取り扱いの期間等として、記載されている場合もあります

<問2> 私は厚生年金を38年かけて58歳で退職しました 60歳までは、厚生年金のある会社を探して勤めたいと思っています 国民年金をかけたらどうなりますか(月数が不足では?)

 <答2> 60歳まで国民年金に加入したらその分は65歳からの老齢基礎年金に反映されます 厚生年金を38年かけられているということで、老齢年金の受給資格期間は満たされていますので1か月でも国民年金を掛けた分は65歳から受給可能です

<問3> ねんきん特別便を見たら間があいている期間があるようです 今からでも埋めることはできますか?

 <答3> 2年前までの期間までは納付可能です それ以前の期間は時効により納付できません ただ、60歳から65歳までの間に任意加入をし、納付をすることによって前の空白期間を埋めることはできます(最大5年分)  

by nenkin-matsuura | 2008-12-20 14:22 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その25

“年金時効特例法で受給権発生時にさかのぼって受給できる”

ねんきん特別便などによって過去の厚生年金期間や国民年金納付(免除)期間が見つかった場合には遡って年金が支払われ、お得です
これまで、「5年」の時効があったのが、年金時効特例法によって受給できる年金額が増えました 
手続きは年金加入記録追加の「再裁定」時に、5年以上さかのぼる場合には年金時効特例用の用紙を記入します

今、記録が見つかった人はその場で、時効特例の手続きができますが、時効特例法成立前に年金受給者で記録の追加が行われ、5年しかもらえていなかった方も、対象となります 対象者は順次通知が届きますが、請求しないと戻ってきませんので要注意です

 

by nenkin-matsuura | 2008-11-01 12:45 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんnews 2008年10月号 号外

持ち主が分からない年金記録の照合を進めるため、昨年12月からすべての受給者と加入者計1億873万人に送り始めた「ねんきん特別便」について、社会保険庁は今月中にすべての発送作業を終える。9月30日まで計8811万人に送られた特別便のうち、46.5%に当たる4100万人からは返答がなく、171万人分はあて先不明で届いていない。発送を終えても、課題は積み残される。

私の周りでも、まだ出していないという話をよく聞きます

記録に誤りがある可能性が高い3月までにねんきん特別便(うすい青色)を受け取った人に限っても、655万人(63.5%)止まり。その回答者のうち、記録に「訂正あり」は395万人(60.3%)で、「訂正なし」は260万人(39.7%)だった。
4~9月に送付されたねんきん特別便(うすい緑色)7781万人中、既に回答したのは3887万人(50.0%)。記録に訂正があった人は337万人(8.7%)で、訂正なしは3550万人(91.3%)だった。

ねんきん特別便自体には、特にいつまでという期限はありません
年金加入記録に誤りのある可能性のある3月までに送付されたうすい青色のねんきん特別便については、100パーセントの回答を目指し、記録の統合をすすめるべきです

by nenkin-matsuura | 2008-10-28 21:44 | ねんきんnews | Trackback  

年金加入記録について その25

年金加入記録について その25_d0132289_1947490.jpg年金記録問題の今後の対応

・漢字カナ変換記録のコンピュータ上の調査による持ち主である可能性がある方を特定、旧姓履歴データによる記録の特定する。本人が特定できない記録はインターネット上での公示を検討

・ねんきん特別便に変わり、「ねんきん定期便」を送付 ねんきん特別便の未回答者には注意喚起文を送付

・標準報酬月額の遡及訂正問題への対応として、第三者委員会あっせん事案等の調査を実施、第三者委員会は審議の迅速化を図る

by nenkin-matsuura | 2008-10-08 20:15 | 年金加入記録 | Trackback