ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金編35


<Q1> 61歳からもらった方がいいのでしょうか?知り合いはもう手続きをしたと言っていました。(33年11月生まれ、女性)

 <A1> 61歳からは特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)が受給できます。もらったから額が少なくなるということはなく、もらわなかったから増えるということもありません。

<Q2> テレビで特別支給の老齢厚生年金は手続きをしないともらえないと放送していました。(68歳)

 <A2> 特別支給の老齢厚生年金の手続きは過去になされていて、在職中のため停止になられていたようです…。

<Q3> 公務員を退職後、民間に勤めていますが、先輩が手続きをしたほうがいいと言っていましたが…(63歳)

 <A3> 共済組合の期間を含め厚生年金保険を12月(実質1か月)加入したら権利が発生となります。1カ月分に対しての額で計算され、特別支給の老齢厚生年金を受給できます。



# by nenkin-matsuura | 2019-11-11 00:19 | ねんきんFAQ  | Trackback  

国名の漢字表記(ヨーロッパ編④)


アルバニア
 … 阿爾巴尼亜

サンマリノ
 … 聖馬力諾

ハンガリー
 … 洪牙利

モルドバ
 … 摩爾多瓦



# by nenkin-matsuura | 2019-11-10 21:58 | ねんきん以外で | Trackback  

散歩日和

d0132289_18524107.jpg

ちょっと長めの散歩。
いい天気だな

# by nenkin-matsuura | 2019-11-09 18:54 | ねんきん以外で | Trackback  

障害年金の手続・仕組みなど第157回(障害年金生活者支援給付金の額)


◆ 障害年金生活者支援給付金の額


障害基礎年金等の受給者は、申請により、障害年金生活者支援給付金を受給することができます。

受給できる額は等級により決まります。
・障害等級1級 = 6,250円(2か月に一度12,500円)
・障害等級2級 = 5,000円(2か月に一度10,000円)
障害基礎年金と同じ口座に、原則偶数月の15日に支払われます。

なお、旧法の障害年金や、旧共済の障害年金も対象となります。

# by nenkin-matsuura | 2019-11-08 00:12 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 579(繰上げ請求書における4つの繰上げの方法)


◇ 繰上げ請求書における4つの繰上げの方法


繰上げの際に記入する「老齢厚生年金・老齢基礎年金支給繰上げ請求書」(様式第102号)において、内容によって4通り(ア.~エ.に〇を付ける)の繰上げの方法があります。(σ´・ω・)

ア.老齢基礎年金の全部を繰上げ請求します。
 … 国民年金のみの場合や、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢を過ぎていて、特別支給の老齢厚生年金と同時に老齢基礎年金を繰上げ請求する場合などが該当

イ.老齢基礎年金の一部を繰上げ請求します。
 … 女子で昭和29年4月1日以前生まれなどが該当(定額部分支給開始年齢の前のみ)

ウ.老齢厚生年金の繰上げおよび老齢基礎年金の全部を繰上げ請求します。
 … 報酬比例部分の支給開始前年齢(60歳時など)での繰上げ請求などが該当

エ.老齢厚生年金の繰上げおよび老齢基礎年金の一部を繰上げ請求します。
 … 報酬比例部分の支給開始前年齢(60歳時など)において、障害者の特例や長期加入者の特例に該当する者が繰上げをする場合

# by nenkin-matsuura | 2019-11-07 00:11 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback