戦時中の年金(船員保険の戦時加算)

おもに太平洋戦争中、この間の船舶にも年金(船員保険)が適用されていました
航海した場所や時期によって船員保険には「戦時加算」という制度が設けられています

昭和16年12月8日から昭和18年12月31日の間は、実期間の被保険者月数に3分の1を掛けた期間が戦時加算となります(対象は、太平洋とインド洋)
昭和19年1月1日から昭和21年3月31日の間は、実期間の被保険者月数を2倍した期間が戦時加算となる海域(太平洋とインド洋)と1倍した期間が戦時加算となる海域(日本海、渤海)に分かれます

年金証書の真ん中あたりを見ると「船保戦時加算」という欄がありますので、月数を確認することができます

# by nenkin-matsuura | 2008-12-16 21:32 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 46

◇ オレンジ色の手帳と青色の手帳と基礎年金番号通知書

年金手帳にはオレンジ色や青色または、茶色の国民年金手帳などが存在します
現在では、持っている年金手帳が青色の人が多くなってきているかもしれません
青色は平成9年1月以降使用されるようになっています
いっぽうオレンジ色は、昭和49年10月ごろから使用されてきました
オレンジ色の手帳を紛失した場合で再発行を依頼すると青色の手帳が交付されます
青色とオレンジ色の両方とも持っているという方おられると思います(。・_・。)ノ
オレンジ色の年金手帳の場合は「基礎年金番号通知書」が付いているのが望ましいです
「基礎年金番号通知書」は、薄いグリーンでハガキサイズ大のやや厚めの紙です 年金手用を開いた1ページ目左に貼付するようになっています(3ページ目左や最終ページ右に貼っている方もいると思います)
 「基礎年金番号通知書」はオレンジ色の手帳には基礎年金番号の欄がなかったため青色の年金手帳の代わりに送付されてきたものです(オレンジ色の手帳には国民年金番号と厚生年金保険の番号を記入する欄があります) 年金手帳がなかった共済組合加入者も基礎年金番号通知書が届きました。(・o-)

# by nenkin-matsuura | 2008-12-15 20:30 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ギャラリー小さな展示室にて

d0132289_1465089.jpg
d0132289_149485.jpg

「SanaeHouse」の林田さなえさんのチャーミングな作品群です
(毎日湯のみでお茶を飲むのがとっても楽し~。)060.gif

有田にある「ギャラリー小さな展示室」は、若手作家の作品が展示されていて、
12月の23日まで、彫金作家の沖永美奈子さんの作品も展示されています072.gif

# by nenkin-matsuura | 2008-12-14 15:12 | ねんきん以外で | Trackback  

夕飯。

d0132289_0245716.jpg仕事の関係で夕飯はチャイナでした。

一度上海に行ったことがあるのですが、本場で食べるより
日本で食べる中華のほうがおいしかったりして。。。
(食わず嫌いだと思っていたピータンが食べれました)

(デパートの地下にあって紹興酒の匂いが漂う中国料理店が結構好きです)

昔、中国から来た留学生の友達が何人かいたけど元気してるかなー

再见吧!

# by nenkin-matsuura | 2008-12-13 00:50 | ねんきん以外で | Trackback  

58歳時の「年金見込み額のお知らせ」について

58歳時には年金見込み額のお知らせが送られてきます
この見込み額は厚生年金保険では60歳まで加入したものとして計算されます

「60歳から取ったからこんなに少ないんでしょう」と、よく質問されることがあります
年金見込み額のお知らせは繰上げは考慮されていないので、生年月日によって決まっている報酬比例部分や定額部分の額が載っており、そのうち報酬比例部分(2階部分にあたります)は60歳から支給されます(在職中は減額・停止の場合あり)
60歳から取った(繰上げした)からではなく、報酬比例部分のみなので少なく見えます

あと、厚生年金基金のある会社に勤めたことがある方で基金が代行返上していない場合は代行部分は差し引かれて見込み額のお知らせに記載されますので思ったより少なく見えます
さらに、配偶者加給年金や子の加算、振替加算等も記載されないので少なく見えるのかもしれません
社会保険庁では50歳以上の方は、希望すれば年金見込み額の試算が可能です

# by nenkin-matsuura | 2008-12-12 00:43 | 年金 あれこれ | Trackback