人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ねんきんQuiz-第705問(繰下げの注意点)


Q 老齢厚生年金を繰下げする場合、同時に繰下げする必要のある年金を、以下のうちから選んでください。
☆☆

① 老齢基礎年金
② 付加年金
③ 企業年金連合会の基本年金及び代行年金



ねんきんQuiz-第705問(繰下げの注意点)_d0132289_22424671.jpg



                 A ③ 企業年金連合会の基本年金及び代行年金
point 国の老齢厚生年金を繰下げ受給する場合、企業年金連合会の基本年金及び代行年金も同時に繰下げをする必要があります。また、共済組合から支給される老齢厚生年金についても同時に繰下げをすることとなります。
なお、老齢厚生年金を繰り下げた場合でも、老齢基礎年金については繰下げせずに本来受給とすることが可能です。

# by nenkin-matsuura | 2022-05-12 00:05 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 702(年金機構のホームページからダウンロード可能な書式)


◇ 年金機構のホームページからダウンロード可能な書式


年金相談を代理人が行う場合の委任状などの書式について、年金機構のホームページより、ダウンロードすることが可能です。(^^ゞ

ダウンロード可能な主なものとして‥

・委任状
・委任状(年金分割の合意書用)
・年金記録照会申出書
・生計同一関係に関する申立書
・年金受給権者受取機関変更届
・年金受給権者通知書送付先受取機関口座名義変更申出書(成年後見人用)
・各種年金請求書
などがあります。

特に、委任状や生計同一関係に関する申立書はあらかじめ記入する必要がある書式です。

# by nenkin-matsuura | 2022-05-11 00:05 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきん豆知識216(遺族厚生年金が失権となるとき(孫の場合))


<遺族厚生年金が失権となるとき(孫の場合)>

ねんきん豆知識216(遺族厚生年金が失権となるとき(孫の場合))_d0132289_23084014.jpg

祖父母死亡による遺族厚生年金を受給している孫が、以下のいずれかに該当した場合、遺族厚生年金は失権となります。

・亡くなったとき
・結婚したとき(内縁関係を含む)
・直系血族または直系姻族以外の養子となったとき
・離縁によって、亡くなった者との親族関係が終了したとき
・18歳になった年度の3月31日に到達したとき。ただし障害等級1級・2級に該当する障害の状態にあるときは、20歳に到達したとき
・18歳になった年度の3月31日後20歳未満で障害等級1級・2級の障害の状態に該当しなくなったとき
・亡くなった者の死亡当時、胎児であった子が生まれたとき

# by nenkin-matsuura | 2022-05-10 00:04 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編38


<Q1> 妻が繰下げをすると、加給年金はそのままもらえるんですか?

 <A1> いいえ。奥様が繰下げをしてもしなくても、配偶者加給年金額は妻65歳までとなっています。

<Q2ー1> 配偶者加給年金額の過払いってあるんですか?

 <A2ー1> はい。加給の対象者が遅れて手続きをした場合などで過払いが生じることがあります。

<Q2-2> 過払いが発生したときは?

 <A2-2> 返納の方法としては、年金の支払時に全部または一部(10分の1など)を充てて返納するか、現金で一括又は分割で返納する方法があります。

# by nenkin-matsuura | 2022-05-09 00:07 | ねんきんFAQ  | Trackback  

最近の(>_<)


すねが痛い
 … 歩きすぎたのかな

パソコンの中からカサカサ音がする
 … 今まで聞いたことのないような

エアコンからカタッと音がする
 … プラスチックが折れたような音…

# by nenkin-matsuura | 2022-05-08 22:11 | ねんきん以外で | Trackback