<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

ねんきんQuiz-第293問

Q 以下の場合において共済組合から取り寄せる必要のあるものについて、正しいものを①~③のうちから選んでください ? 
※Aさん、60歳、女性、単身、厚生年金保険に400月、国家公務員共済組合に60月加入しており、これから特別支給の老齢厚生年金を請求する

① 源泉徴収票
② 雇用保険被保険者証
③ 年金加入期間確認通知書

d0132289_23595972.jpg


                               A ③ 年金加入期間確認通知書
point 特別支給の老齢厚生年金の裁定請求時において、国家公務員や地方公務員など共済組合の加入期間がある場合は、共済組合から年金加入期間確認通知書を取り寄せて、年金請求書に添付し年金事務所等へ提出します

by nenkin-matsuura | 2014-04-30 00:17 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 加入記録 編19

<Q1> 提出をしたいのですが書き方がわからなくて…(年金記録に関する紙台帳等の調査結果に対する回答書等)

 <A1> はい、「ア 裏面の内容のとおり、年金記録を訂正し、年金額を再計算する。」アに丸を付けて…住所氏名等を…、(お時間はかかりますが)60歳時にさかのぼって、その差額分が支払われます

<Q2> 数年前のねんきん定期便を見ていたら…国民年金しか載っていなくて…旧姓の○○の時に、A社とB病院に勤めて…厚生年金保険に加入しているはずですが…

 <A2> はい、厚生年金保険の番号が別番号になっており…基礎年金番号との統合が必要で、厚生年金保険の最後(喪失日)と国民年金の始め(取得日)が一致していて…つながった形になります

<Q3> 昭和58年4月1日から61年4月1日までが開いているようで…その間は主人の扶養になっていましたよ

 <A3> 扶養の記録である第3号被保険者がスタートしたのは昭和61年4月1日からで、その前、当時は任意加入できる期間となり、52年4月1日から任意加入をし、納付もされていましたが、58年4月1日まででその資格を喪失されており…61年3月までの期間は額の計算には入りませんが、期間の方にプラスされるカラ期間となります

by nenkin-matsuura | 2014-04-29 01:06 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

ねんきんnews 2014年4月号

 サラリーマンが入る厚生年金基金のうち74基金が今年度から来年度にかけて、深刻な積立金不足の基金に適用される「特例解散」をする方向で調整していることが厚生労働省の内部資料でわかった。解散を申請すると、公的年金である厚生年金は予定通り支給されるものの、これに上乗せされる企業年金は支給されなくなる。影響を受ける人は、年金の受給者と現役社員の加入者を合わせて約86万人にのぼる

3階の部分に当たる厚生年金基金の独自の上乗せ部分が、解散により影響を受ける
2階の部分に当たる老齢厚生年金(代行部分)は解散後も支給される

なお、企業年金(厚生年金基金)に加入している場合は、企業年金加入者証(厚生年金基金加入員証)などが交付されます

by nenkin-matsuura | 2014-04-28 00:10 | ねんきんnews | Trackback | Comments(0)  

唐津城と藤


d0132289_13134058.jpg


有料道路を久しぶりに走ると区間が伸びていて、料金そのままでなんかお得感
到着、エレベーターor階段…悩んでいると黒猫さんがこっちだよと階段の方へ案内してくれているような感じになりつつも、そもそもエレベーターは止まっていた( ´・_・`)

d0132289_13150820.jpg

唐津城は現在石垣の修復中で、天守閣が…宙に浮いたような感じ
石の階段を上がると、まずは香りがお出迎え あま~い品のある匂い
上からは見晴らしがよくて…海もきれい…釣りしたいな~

by nenkin-matsuura | 2014-04-27 13:41 | | Trackback | Comments(0)  

花言葉(2度目の春編)

花言葉(2度目の春編)


 アザミ
 … 権威、厳格、人間嫌い、独立、満足、批評家

 ミヤコワスレ
 … また会う日まで、しばしの別れ

 コデマリ
 … 伸びゆく姿、努力、優雅、品位

 芝桜
 … 臆病な心、忍耐

 スイートピー
 … 小さな喜び、やさしい思い出

by nenkin-matsuura | 2014-04-26 02:26 | ねんきん以外で | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 遺族年金 編18

<Q1> どちらかしかもらえないと思っていました…(女性・68歳)

 <A1> はい、65歳以降の場合は、ご自身の年金(老齢基礎年金と老齢厚生年金)に加えて遺族厚生年金(老齢厚生年金との差額)も受給することができます

<Q2> 厚生年金基金は別なんでしょ?

 <A2> もしもの場合(亡くなられた場合)は…基金の代行部分を加えたうえで遺族厚生年金が計算されるため…はい

<Q3> 私の口座に入るんですね…子供の口座は?

 <A3> お子様にも権利があり…お母様がもしもの場合(亡くなられた場合)などはお子様の口座に遺族年金が振り込まれます

by nenkin-matsuura | 2014-04-25 00:33 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第292問

Q 障害基礎年金の請求が可能である人を次のうちから選んでください ? ☆☆☆
 ※他の要件は満たしており、初診日において未加入であるものとする

① Aさん、初診日は66歳時で日本に居住、妻と同居
② Bさん、初診日は62歳時でアメリカに居住、単身
③ Cさん、初診日は63歳時で日本に居住、単身

d0132289_00080439.jpg


                     A ③ Cさん、初診日は63歳時で日本居住、単身
point 障害基礎年金の初診日要件としては、初診日において国民年金の被保険者であること、または初診日に60歳以上65歳未満で日本国内に居住していることが要件となります(なお、配偶者の有無は関係ありません)


by nenkin-matsuura | 2014-04-24 00:31 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 291

◇ 口座振替の前に

国民年金保険料を口座振替にて納付する場合には、振替となる前に、「国民年金保険料口座振替額通知書」が送付されてきます

記載されているのは、基礎年金番号・氏名・金融機関名・口座番号の一部戸ともに、口座振替となる対象月と振替日とその保険料額などです( ´ⅴ`)
また、前納の場合は、その対象月(期間)と振替日、保険料額(総額)が記載されます

なお、発行年月日現在、厚生年金保険や共済組合に加入している場合でも、いったん国民年金保険料が振替されることがあります その場合は、別途、日本年金機構から送付されてくる還付請求書を提出することにより、後日払い戻しを受けることができます

by nenkin-matsuura | 2014-04-23 00:02 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

ねんきん豆知識92

<平成26年度の国民年金保険料>

d0132289_00164748.jpg
・1か月…15,250円
・1か月+付加保険料…15,650円
・早割…15,200円
・早割+付加保険料…15,600円
・6か月前納(口振)…90,460円
・6か月前納+付加保険料(口振)…92,830円
・1年前納(口振)…179,160円
・1年前納+付加保険料(口振)…183,860円
・2年前納(口振)…355,280円
・2年前納+付加保険料(口振)…364,500円
・6か月前納(現金)…90,760円
・6か月前納+付加保険料(現金)…93,140円
・1年前納(現金)…179,750円
・1年前納+付加保険料(現金)…184,460円

口座振替による2年前納だと、割引額が14,800円となります

by nenkin-matsuura | 2014-04-22 00:41 | ねんきん豆知識 | Trackback | Comments(0)  

障害年金の手続・仕組みなど 第91回

◆ 障害年金の額改定請求(待機期間の一部緩和)

障害の程度が重くなった時には、現在受けている障害年金の額(障害等級)の改定を請求することができます(現在3級の障害厚生年金を受けている人のうち、1級または2級に該当したことがない場合は、65歳を過ぎてからの請求はできません)

これまでは、障害年金を受ける権利が発生した日、または障害の程度の審査を受けた日から1年を経過しないと請求できませんでしたが、26年4月1日からは、一定の障害の状態(喉頭を全て摘出したもの、両上肢の全ての指を欠くものなどに限定(新法と旧法の障害で違いあり))に該当すれば、1年を経過しなくても請求できるようになっています

by nenkin-matsuura | 2014-04-21 00:07 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback | Comments(0)