<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金 編14

<Q1> ここは? はいの方にマルを付けるんですか? 今はパートをしているのでもらっていません…

 <A1> はい、60歳以降に雇用保険の基本手当を受けられた期間があるため、はいの方にマルを付け、支給停止事由該当届(583号)の記入もお願いします

<Q2> 住民票コードだけでいいと思って…よく読むとたしかに…

 <A2> 将来、65歳になってから、配偶者加給年金が加算されるため、戸籍謄本と世帯全員の住民票と配偶者の所得証明書も必要となります

<Q3> 給料が下がったので、年金額がどうなるのかと思って…、基金の方からでるんでしょ?

 <A3> はい、月額変更届により36万が32万になっています 国(機構)の年金は支給停止ですが、厚生年金基金からの支給額が増えそうです

by nenkin-matsuura | 2012-08-31 00:51 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第205問

Q 次の後納制度に関する3つの事項のうち、ただしいものの数を以下のうちから選んでください ? ☆☆☆ 
「後納保険料は納付書により納付する(口座振替はできない)」
「後納保険料は納付した日に納付の効果が生じる」
「後納制度では付加保険料の納付はできない」

① 3つ全て正しい 
② 2つが正しい
③ 1つが正しい
d0132289_235066.jpg

                                     A ① 3つ全て正しい
point ・後納保険料は納付書により金融機関やコンビニ等で納付することとなり、口座振替やクレジットカードでの納付はできません
・後納制度により保険料を納付した場合の効果は、「納付した日」に発生します
・後納制度では付加保険料や国民年金基金の納付はできません
なお、後納制度は平成24年10月1日~27年9月30日までの3年間の時限措置となります

by nenkin-matsuura | 2012-08-30 03:03 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 206

◇ 最短で受給権を得るには

老齢の年金(老齢基礎年金、老齢厚生年金など)の受給権を得るには、厚生年金保険や国民年金の保険料納付済期間、免除期間等をあわせて、25年(300月)が必要となります 足りない場合は、ほかに合算対象期間(カラ期間)がないかどうかを確認し、それでも不足する場合は、任意加入や後納制度を利用するなどして受給権を得ることができます

もし、カラ期間とすることができる期間がある場合は、まずはその期間をプラスすることによって、任意加入や後納制度よりも早く受給権を得ることができることがあります

例えば、
Bさん、昭和27年8月生まれ、厚生年金保険に206月、国民年金の保険料納付済期間が90月、合計296月あり、ほかに大学生であった期間(20歳以降は24月)がある場合は…
在籍期間証明書等により、合算対象期間(カラ期間)の確認を行い、20歳以降の学生の期間を足して300月以上とすることができます

なお、学生の期間に係る合算対象期間については、定時制・夜間制を除き、昭和36年4月1日から平成3年3月31日までの20歳以上60歳未満の期間がその対象となります

by nenkin-matsuura | 2012-08-29 01:04 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

退職共済年金給付裁定請求書 (6)

退職共済年金裁定請求書 様式第112号 (生計維持証明)

d0132289_1284218.jpg

加給年金額の対象者となる配偶者や子がいる場合や、請求者が振替加算の対象者となる場合は、生計同一関係と収入関係について記入します

の欄
請求者の住所氏名を記入します
※直筆の場合、押印は不要となります

の欄
配偶者・子の氏名及び続柄を記入します

の欄
配偶者・子、又は本人について、年収が850万円未満かどうかを、はい・いいえにマルを付けます

加給年金額の対象者がいる場合や振替加算の対象者となる場合は、添付書類として、戸籍謄本、世帯全員の住民票、配偶者(又は本人)の所得証明書などが必要となります

by nenkin-matsuura | 2012-08-28 01:40 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その45

“障害厚生年金の最低額保障”

障害厚生年金は、障害の程度に応じて、1級~3級まであり、その等級により年金額が変わってきます
その額は報酬比例の年金額よって計算されますが、3級の場合は最低保障額があり、報酬比例の年金額が最低保障額=589,900円(平成24年度額)に満たないときは、589,900円とされます

また、65歳以降にある初診日により障害厚生年金を受けることができる場合は、障害基礎年金が支給されないことから、等級にかかわらず589,900円(24年度額)の最低保障が行われます

by nenkin-matsuura | 2012-08-27 00:42 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

夏の日、倉敷の町並み

d0132289_12385551.jpg倉敷、いい感じの町並み
どの道も見どころがある

アイビースクエアのオルゴールミュゼ・メタセコイアでは癒しのオルゴールコンサート

d0132289_12504776.jpg大原美術館では、ミロ、ユトリロ、ルソーなどの作品が展示
1910年~1940年頃の作品にグッとくる
上田暁子さんの作品もめっちゃイイ(ダンスの作品がすごいインパクト)
d0132289_12575975.jpg倉敷川沿いを折り返して、本町・東町、風情のある街並みを進む
しっかし、暑い
木陰でぼーっと休んでいると、行き交う人の声からは関西風の掛け合いが
「涼しなったな」、「ほんまや」…自転車の二人、日陰で涼しくなる
「あれ使おか」、「わかっとんじゃい」…工事現場にて、ツッコミぽくてなんか笑ってしまう
「さっきのめっちゃかわいいなー」、「でも吉備団子まだ買うてないで」…自分もまだです
倉敷美観地区、記憶に残る美しい街並みです

by nenkin-matsuura | 2012-08-26 13:28 | | Trackback  

鼻血ぶー。

朝起きてシャワーを浴びたら、
鼻血がぶーっと・・

ティッシュを鼻に詰めて、とりあえずは。

ハクショ~ン!、ティッシュ~⇒ボーン、1m、自己ベスト更新

鼻のかみすぎ?

by nenkin-matsuura | 2012-08-25 10:12 | ねんきん以外で | Trackback  

ねんきんFAQ 保険料 編7(後納編)

<Q1> 右の数字は?年金額ですか? (国民年金保険料の納付可能期間延長のお知らせ)

 <A1> はい、この額は年金額ではなく、納める際の1か月の保険料額と年度毎の金額となります

<Q2> 一括で納めたいんですけど…

 <A2> はい、14年10月~17年3月までの期間を記入して…、あと…一括にマルを付けてください(国民年金後納保険料申込書)

<Q3> 保険料の納付はいつまでにしたらいいんですかね?

 <A3> はい、対象月から起算して10年後の月末が納期限となります 平成14年10月分は今年の10月31日まで…14年11月分は今年の11月30日まで…が期限となります あと、注意点としてですね…、年度が変わると(平成25年4月以降となると)、保険料が変わってきます

by nenkin-matsuura | 2012-08-24 00:38 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第204問

Q 以下の3つの年金に関する語句について、カッコ内に共通して入る漢字一文字を、次のうちから選んでください ?  
「後( )制度」 「( )付書」 「学生( )付特例」

① 年
② 能
③ 納 
d0132289_0221925.jpg

                                           A ③ 納 
point 「後(納)制度」 「(納)付書」 「学生(納)付特例」
後納制度は、過去10年間の納め忘れた国民年金保険料について、納付できる制度(平成24年10月1日より27年9月30日まで)、
納付書は、国民年金保険料を金融機関やコンビニ等で納付する際に使用する用紙、
学生納付特例は、申請により学生の期間について、国民年金保険料の納付が猶予される制度となります

by nenkin-matsuura | 2012-08-23 00:40 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 205

◇ 配偶者加給年金額の対象者ではなくなったとき(対象者不該当届:様式第205号)

配偶者加給年金額などの加算額・加給年金額の対象者が、死亡、離婚、養子縁組などによって、その対象者ではなくなったときは、「加算額・加給年金額 対象者不該当届(様式第205号)」を提出します

例えば…
Aさん(64歳)、特別支給の老齢厚生年金に配偶者加給年金額が加算されている(在職中により全額支給停止中)、
Aさんの妻(59歳)、厚生年金保険と国民年金(第3号被保険者)にそれぞれ15年、計30年加入として、
加給年金額の対象者である妻が死亡した場合、
Aさんは、遺族厚生年金の裁定請求(選択で受給)および「加算額・加給年金額 対象者不該当届」の提出が必要となります

なお、加算額・加給年金額 対象者不該当届の届出が遅れることによって、加算されていた加給年金額等が過払いとなってしまうこともあるΣ(・口・)ため、不該当となったときはなるべく早く提出したいところです

by nenkin-matsuura | 2012-08-22 01:01 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback