<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

ねんきんQuiz-第178問

Q 以下のケースの場合、障害基礎年金を何月分から受給できるでしょうか ? ☆☆ 
※初診日=平成20年1月10日(20歳前、未加入)、障害認定日=平成21年7月10日、20歳の誕生日=平成21年6月20日、他の要件は満たしており、平成23年10月に障害認定日による請求をし、2級に該当

① 平成21年6月分から
② 平成21年7月分から
③ 平成21年8月分から 
d0132289_0175945.jpg

                                    A ③ 平成21年8月分から 
point 障害認定日が属する平成21年7月に受給権が発生し、その翌月分である21年8月分から受給できることとなります
なお、障害基礎年金の障害認定日による請求において、(条件を満たし)20歳までに障害認定日を迎えている場合は、20歳の誕生日の前日に受給権が発生し、その翌月分から障害基礎年金(20歳前の傷病による障害基礎年金)を受給できることとなります(5年より前に遡って請求する場合を除く)

by nenkin-matsuura | 2012-01-31 00:46 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 年金の受取り 編7

<Q1> 自分の年金に切り替えますが、いつから受給できますか?(障害厚生年金(3級)→特別支給の老齢厚生年金)

 <A1> 12月に選択申出書を提出されていますので、翌月の1月分からとなり、2月には、障害厚生年金の1か月分と特別支給の老齢厚生年金の1か月分が支払われます(4月以降は特別支給の老齢厚生年金のみ)

<Q2> 今遺族年金を受給していて、65歳からは老齢基礎年金も受けられるのでしょう? こっちは郵便局にしようかしら

<A2> はい、遺族厚生年金と別の口座でもかまいません

<Q3> 毎月、額が変わっている… 調べてください (60代、男性)

 <A3> 初回時(前々回)は、在職老齢年金の仕組みにより減額となった年金が、前回は通常の2か月分が、今回は過去の受給していなかった年金の分も含めて支払われています 今後は、2か月に一度、約〇万円が支払われることになります(前回より少し多くなる)

by nenkin-matsuura | 2012-01-30 00:39 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

まるを付けます

d0132289_1473861.jpg再配達の荷物を連続で受取れず、
おなじみの音声案内に従って入力することになる
(いいけどさっ お気に入りのラーメンを食べに行こう)

よしっこれで、
基本、基本、基本、白ねぎ、あり、基本、かため、追加ねぎ
(訳:一蘭、おいしい。)

by nenkin-matsuura | 2012-01-29 02:30 | お気に入り | Trackback | Comments(0)  

歴史の豆知識 番外編

いろんな条約(たぶん、その①)

d0132289_0454680.jpg「ヴェルダン条約」(843年)
 …フランク王国のルートヴィヒ1世の死後、ロタール、ルートヴィヒ、カールがフランク王国を3分割して相続することを定めた条約

「北京条約」(1860年)
 …アロー戦争後に清朝とイギリス・フランス連合軍、および清朝とロシア帝国が締結した条約 天津など11港の開港、キリスト教布教の自由などが認められることとなった

「セーブル条約」(1920年)
 …第1次世界大戦後に連合国とオスマン帝国との間に締結された講和条約 領地はイスタンブールとその周辺に縮小された

by nenkin-matsuura | 2012-01-28 01:04 | ねんきん以外で | Trackback | Comments(0)  

旧農林共済組合に係る経過措置(計算の基礎とならない期間)

■ 旧農林共済組合に係る経過措置(年金額の計算の基礎とならない期間)

平成14年3月31日に次のいずれかに該当した人に支給される老齢厚生年金については、旧農林共済組合員期間は年金額の計算の基礎とはされません

① 退職共済年金の支給の繰上げ対象者(組合員期間が25年以上あり、かつ、組合員期間が20年以上ある人で、平成7年7月1日前までの間に勧奨退職した場合)(※ただし、平成14年4月1日から60日以内に旧農林共済組合員期間を老齢厚生年金の額の計算の基礎とすることを申し出た人は、老齢厚生年金の計算の基礎とされます)

② 特別支給の老齢厚生年金の受給権がある人(①に該当する人を除く)

※上記①及び②に該当する人の旧農林共済組合員期間は退職共済年金の額の計算における基礎とされ、旧農林共済組合員期間以外の厚生年金保険の被保険者期間は、特別支給の老齢厚生年金に係る年金額の計算の基礎となります

※上記②に該当する人で、特別支給の老齢厚生年金における支給開始年齢の特例の該当者(船員、坑内員、女子)のうち、平成14年3月31日に既にその受給権を有し、同年4月1日以降に60歳に到達した場合は、旧農林共済組合員期間を基礎とした特別支給の退職共済年金が裁定されます

by nenkin-matsuura | 2012-01-27 00:45 | 年金 あれこれ | Trackback | Comments(0)  

遺族年金失権届 (下)

遺族年金失権届 (下部)

d0132289_03086.jpg

氏名について、婚姻等により名字が変わる場合は、「年金受給権者氏名変更届」も同時に提出します
押印について、受給権者の直筆の場合は省略可能です

遺族年金失権届には、遺族年金の年金証書を添えて提出します
もし、年金証書を紛失等により添付できないときは、年金証書を添付できない理由書を記入します

by nenkin-matsuura | 2012-01-26 00:40 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback | Comments(0)  

障害年金の手続・仕組みなど 第63回

◆ 病歴・就労状況等申立書の記入ポイント (1)

・医学的、専門的に記入する必要はないが、請求者(代理人を含む)がわかる範囲で、できるだけ具体的に記入する

・請求する傷病名と相当因果関係のある傷病からの病歴を記入する(「糖尿病性腎症」で請求する際の「糖尿病」との関係など)

・(発病したときの状態)について、いつ、どのような自覚症状が現れたか、または何によって病気に気づいたかなどを記入する

・(発病から初診までの状態)について、その後医師の治療を受けるまでの症状は、どのような症状であったかについて記入する

・(発病から初診までの状態)について、発病後すぐ受診した場合はその旨を記入する

・(発病から初診までの状態)について、傷病の再発の場合は、最初の発病からの経過も記入する

by nenkin-matsuura | 2012-01-25 00:36 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第177問

Q 「納付書・領収(納付受託)証書」(納付書の右端)において、記載されていない項目を選んでください ? ☆☆☆ 

① 生年月日 
② 基礎年金番号
③ 納付期間 
④ 納付目的
d0132289_234146.jpg

                                         A ① 生年月日 
point 国民年金保険料の「領収(納付受託)済通知書」の右端は、「納付書・領収(納付受託)証書」となりますが、記載されているのは、納付目的(追納など)、納付期間、基礎年金番号、保険料、住所・氏名等です
なお、生年月日(年号を含めた7桁の数字)は、左端の領収(納付受託)済通知書に、基礎年金番号、使用期限などとともに記載されています

by nenkin-matsuura | 2012-01-24 00:01 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 177

◇ 夫と妻の年齢差と振替加算

要件を満たせば、65歳から老齢基礎年金に振替加算が加算されます v(。・・。)

夫婦の年齢差によって、いろんなケースがあり…

仮に…
※夫(厚生年金保険に20年以上加入)、妻(国民年金のみ、受給権あり)、ともに新法の対象者で他の要件は満たしているとして

・夫が妻より「年上」の場合
 →妻65歳より振替加算が加算

・夫が妻より「年下」の場合
 →夫が定額部分の支給開始年齢に達し、妻65歳以降に振替加算が加算

・夫と妻が「同い年」の場合
 →妻65歳より振替加算が加算

上のケースで、「年上」と「同い年」の場合における振替加算は、65歳からで同じ結果ですが、配偶者加給年金については、「年上」の場合が長い期間受給できることがあります

by nenkin-matsuura | 2012-01-23 00:46 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

drip

d0132289_137376.jpgさすがに寒い{{(>_<)}}

気付けばそこに…ドリップ式のコーヒー☆彡
063.gif
裏の説明4コマ(3コマ)の3コマ目か4コマ目の、
「はじめに10秒蒸らした後…」
ここが大切である。

by nenkin-matsuura | 2012-01-22 13:26 | お気に入り | Trackback | Comments(0)