<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

ねんきんQuiz-第171問

Q 障害厚生年金(障害基礎年金)を請求する際に添付が必要となる書類を次のうちから選んでください ?  

① 特典条項に関する付表 
② 履歴申立書 
③ 病歴・就労状況等申立書 
d0132289_054293.jpg

                                 A ③ 病歴・就労状況等申立書
point 「病歴・就労状況等申立書」は、発病から初診までの経過、その後の受診状況及び就労状況等を記入する書類となります なお、障害基礎年金のみの請求時には、「病歴状況申立書(国民年金用)」を使用します
①の特典条項に関する付表は、海外在住者(アメリカ・フランス等)などが老齢に係る年金の請求の際に、租税条約の特典を受ける場合に使用します
②の履歴申立書は旧令共済組合期間の確認時に使用します

by nenkin-matsuura | 2011-11-30 00:42 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

第三者行為事故における示談

■ 第三者行為事故における示談(年金の調整)

① すでに示談が行われた場合
すでに第三者(相手側、損害保険会社等を含む)から示談により損害賠償金を受けている場合または、すでに自動車損害賠償保障法の規定による保険金(自賠責保険)及び共済金を受領している場合は、事故日の翌月から起算して最長で2年間(船員保険の場合は3年間)年金の支給停止が行われることがあります

② まだ示談していない場合
本来は、受給権発生時から支給停止が行われるところ、まだ示談が成立していない場合は支払が行われます
その後、損害賠償金の受領が完了し、年金の支給停止期間の算出(審査)の終了時には、本来なら支給を停止すべきだった期間に係る年金がすでに支払われている場合があり、この額については、支給停止期間(最長2年)が満了した後に、それ以降に支払われる年金の額から半額調整されることがあります(申出により半額調整以外の調整率の変更及び一括納付も可能)

by nenkin-matsuura | 2011-11-29 00:46 | 年金 あれこれ | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ カラ期間 編8

<Q1> あと何か月不足していますか? (60代・女性)

 <A1> 昭和61年3月以前にご主人様が厚生年金保険に加入した期間をカラ期間とできますが、ご自分が厚生年金保険に加入していた期間は除きます 今回確認できたカラ期間を含めるとあと11月となり、国民年金に任意加入し納付することによって、62歳で受給権が発生することになります

<Q2> 日本にいたときに、数年間年金を掛けていた… (50代・アメリカ在住)

 <A2> 5年間の厚生年金保険の記録が確認できました 年金の受給には25年が必要となり、まずはカラ期間の確認のため海外在住期間がわかる書類(居住証明書等)を取ってください

<Q3> 20歳未満の期間はどうなっているのですか? (60代・会社役員)

 <A3> 20歳未満の期間は、老齢基礎年金では合算対象期間(カラ期間)とされ年金額には反映されませんが、老齢厚生年金の経過的加算として年金額に反映されています

by nenkin-matsuura | 2011-11-28 00:56 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

11月27日

11月27日、誕生花はヌルデ
ヌルデは、ウルシ科ヌルデ属の落葉高木

夕方、外を歩くと自然とポッケに手がいきます

それと、今日・・
応援しているサガン鳥栖が、ほぼJ1昇格となりました(*^-゚)vィェィ♪

外はコールドでも想いはホットになっております029.gif

by nenkin-matsuura | 2011-11-27 18:41 | ねんきん以外で | Trackback | Comments(0)  

ねんきん豆知識59

<第3号被保険者の認定年収標準額>

d0132289_13281486.jpg・昭和61年4月~62年4月
 一般…90万円 障害者…150万円

・昭和62年5月~平成元年4月
 一般…100万円 障害者…150万円

・平成元年5月~3年12月
 一般…110万円 障害者…160万円

・平成4年1月~4年3月
 一般…120万円 障害者…160万円

・平成4年4月~5年3月
 一般…120万円 障害者…170万円

・平成5年4月~
 一般…130万円 障害者…180万円

by nenkin-matsuura | 2011-11-26 13:41 | ねんきん豆知識 | Trackback | Comments(0)  

障害年金の手続・仕組みなど 第61回

◆ 障害年金の受給者における各種の届出

・障害の程度が重くなったとき
 →「障害給付額改定請求書」(様式第210号)に診断書等を添付して提出します

・障害の程度がよくなって支給停止されていたが再びその程度が悪くなったとき
 →「老齢・障害給付受給権者支給停止事由消滅届」(様式第207号)に診断書等を添付して提出します

・障害の状態がよくなって(軽くなって)障害等級不該当の状態になったとき
 →「障害給付受給権者障害不該当届」(様式第212号)を提出します

・障害年金の受給権者が、受給権発生後に結婚や子の出生等により加算要件を満たすとき
 →「障害給付加算額・加給年金額加算開始事由該当届」(様式第229-1号)に戸籍謄本・世帯全員の住民票・所得証明書等を添付して提出します

by nenkin-matsuura | 2011-11-25 02:13 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第170問

Q 次のうち、基礎(1階)部分にあたる年金を選んで下さい ?            

① 退職共済年金 
② 障害基礎年金 
③ 遺族厚生年金 
d0132289_0543996.jpg

                                      A ② 障害基礎年金 
point 障害基礎年金は、1階部分(国民年金)の年金給付となります
ほかには、老齢基礎年金や遺族基礎年金が、1階部分の年金給付としてあります
なお、①の退職共済年金や、③の遺族厚生年金は、2階部分(報酬比例部分)にあたる年金となります

by nenkin-matsuura | 2011-11-24 01:16 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 170

◇ 1級・2級・3級の障害等級

障害厚生年金は、障害の程度により、1級・2級・3級の3等級があります o☆ェ・)o

等級による違いとして・・・

・1級
障害厚生年金において、報酬比例の年金額が1.25倍として計算されます(障害基礎年金の1級は、23年度額で986,100円)

・1級及び2級
障害厚生年金において、生計を維持していた配偶者がいる場合は、配偶者加給年金額が加算されます

遺族厚生年金において、障害厚生年金1級・2級の受給権者が死亡したときは、短期要件に該当する遺族厚生年金とされます

・3級
障害厚生年金において、3級の障害厚生年金には最低保障額があります(23年度は、591,700円)

・1級、2級、3級
特別支給の老齢厚生年金において、3級以上の障害者は、要件(資格喪失等)を満たせば、障害者特例(報酬比例部分+定額部分)を受けることができます

by nenkin-matsuura | 2011-11-23 03:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

国民年金 老齢基礎年金加算開始事由該当届 (下部)

国民年金 老齢基礎年金加算開始事由該当届 (様式第222号) (下)

d0132289_037487.jpg
オレンジ色の枠内
 ここは、記入する必要はありません

受給権者は、振替加算が開始される者で、提出日・郵便番号・住所・氏名・フリガナ・電話番号を記入します

一番下の「生計維持申立」には、振替加算が開始される者で、日付と氏名を記入します(受給権者自ら署名する場合は、押印は不要です)

なお、生計維持されているとは、生計同一関係があり(同居など)、収入要件(年収850万円未満)を満たしている状態などをいいます

by nenkin-matsuura | 2011-11-22 00:50 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback | Comments(0)  

ねんきんFAQ 扶養親族等申告書 編3

<Q1> たぶん…、捨ててしまった… (60代・男性)

 <A1> 提出が遅れると、多く税金が引かれることがあります 用紙は年金事務所等の窓口でも取得・提出可能です(日本年金機構のホームページから扶養親族等申告書のダウンロードをすることもできます)

<Q2> 奥さんは、加給年金としてもらっているけど…

 <A2> 加給年金(振替加算?)とは別で、控除対象配偶者として記入してください

<Q3> これで大丈夫ですかね?(変更なしにチェック)

 <A3> えー、裏の方にですね、氏名・押印等がいります あとは…その目隠しのシールを貼ってポストに投函してください

by nenkin-matsuura | 2011-11-21 00:19 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)