<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 164

◇ 2種類ある年金受給選択申出書

異なる種類で複数の年金の受給権がある場合には、年金受給選択申出書により、どちらか多い方、場合によっては逆に少ない方を選ぶことができるケースがあります(゚0゚*)

この年金受給選択申出書は、通常使用する様式第201号と複写式の様式第202号が存在し、202号の方は、共済組合の年金が絡んだ際に使用します

例えば、
A子さん(59歳)、2級の障害基礎年金を受給中の場合で、
夫の死亡により、遺族共済年金を受給できることになると、
65歳になるまではどちらか一方の年金を選択することとなるため、年金受給選択申出書(様式第202号)の提出により受けたい年金を選ぶこととなります
なお、A子さんに特別支給の老齢厚生年金の受給権があると、60歳になり裁定請求を行う際に、再度、年金受給選択申出書(202号)を提出し、障害基礎年金・遺族共済年金・特別支給の老齢厚生年金のいずれかを選ぶこととなります

by nenkin-matsuura | 2011-09-30 00:37 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

納付書・領収(納付受託)証書

『納付書・領収(納付受託)証書』

d0132289_0302626.jpg国民年金保険料の納付方法は、
「納付書」
「口座振替」
「クレジットカード納付」
「電子納付(マルチペイメント)」
などがありますが、
納付書により納付した場合は、納付書の右端がその領収証書となります

なお、納付書での納付(追納を含む)は、
全国の銀行、郵便局、農協、信用金庫、信用組合、労働金庫、コンビニエンスストアなどにおいて支払うことができます(納付書裏面に支払い可能な場所の記載あり)

by nenkin-matsuura | 2011-09-29 00:41 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきんFAQ 繰上げ 編7

<Q1> (繰上げ受給をすることにした)…アルバイトをしているが、また減額となるのか ? (62歳・男性)

 <A1> 厚生年金保険に加入していないため、仕事による減額はなく繰上げた年金を受給できます

<Q2> 繰上げをすると障害年金がもらえなくなるんでしょ… ?

 <A2> はい 65歳までに2級程度の障害の状態になった場合(事後重症)などにおいても、繰上げをしていると、当該障害による障害基礎年金の裁定請求ができなくなります

<Q3> (年金の見込額において、)65歳から増えているけど…なぜ? (64歳・女性)

 <A3> おそらく、振替加算の額と思われます 繰上げをしていても、65歳からは定額(生年月日による)の振替加算が老齢基礎年金に加算されます(その代り夫の配偶者加給年金額は付かなくなる)

by nenkin-matsuura | 2011-09-28 00:32 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第163問

Q 次のうち、特別障害給付金の支給の対象となる人を選んでください ? ☆☆ 
※ すべて、障害基礎年金の2級に該当するものとする

① Aさん(38歳)、専修学校の学生であった平成5年に初診日あり
② Bさん(59歳)、大学院生であった昭和51年に初診日あり 
③ Cさん(60歳)、無職で未加入であった昭和56年に初診日あり

d0132289_0362655.jpg

             A ② Bさん(59歳)、大学院生であった昭和51年に初診日あり
point 平成3年3月以前に国民年金の任意加入対象であった学生等がその対象となります
学生等の期間に初診日があり、当時に1・2級程度ではなくても、65歳に達する日の前日までに1・2級の障害の状態になった場合も請求可能です
支給は、請求月の翌月分からとなり、額は、平成23年度額で、1級は月額49,650円、2級は月額39,720円となります

by nenkin-matsuura | 2011-09-27 01:04 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 163

◇ 仕事などにより収入があるときの年金について

年金受給権者が、勤務先にて厚生年金保険に加入した場合、仕事などにより収入がある場合などの給付について、その年金ごとにまとめると(・へ・;;)・・・

「特別支給の老齢厚生年金」
 → 厚生年金保険の被保険者である場合、総報酬月額相当額+基本月額=28万円をこえる場合は、一部停止又は全額の停止あり
(仕事をしているが、厚生年金保険の被保険者ではない場合は、額にかかわらず停止なし)

「遺族厚生年金」
 → 厚生年金保険の被保険者となったこと(収入がある場合)による停止なし 

「障害厚生年金」(1級・2級・3級)
 → 厚生年金保険の被保険者となったこと(収入がある場合)による停止なし

「障害基礎年金」(20歳前の傷病による障害基礎年金を除く)
 → 厚生年金保険の被保険者となったこと(収入がある場合)による停止なし

「20歳前の傷病による障害基礎年金」
 → 所得制限あり(収入により、2分の1支給停止と全額支給停止)(厚生年金保険の加入の有無は関係なし) 

by nenkin-matsuura | 2011-09-26 00:17 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんnews 2011年9月号 号外

 農林水産省は23日、専業農家向けの公的年金である農業者年金の加入者が10万人を超えたことを明らかにした。2002年に抜本改革を行ってから、毎年数千人のペースで増え、約9年で当面の目標をクリアした。農水省は「新制度について農家から一定の理解が得られた」としている。
 農業者年金は、サラリーマンらを対象とした厚生年金と同じように60歳まで保険料を支払い、国民年金に上乗せする形で65歳から年金を受け取る仕組み。一定の条件を満たせば保険料に対する国庫補助も受けられる。農水省所管の独立行政法人農業者年金基金が運営している。


農業者年金は、農業に従事する第1号被保険者が加入でき、保険料は月20,000円を最低とし、1,000円刻みで67,000円まで増やすことができる

支払った保険料により、老齢基礎年金(+老齢厚生年金)に上乗せの形で、農業者老齢年金を受給することができます

by nenkin-matsuura | 2011-09-25 03:26 | ねんきんnews | Trackback  

歴史の豆知識 「スエズ運河」

d0132289_1359596.jpg
          1854年、フランスの外交官レセップスは、
          エジプト太守サイードから、運河の開削権と租借権を得、
          2年後には、宗主国であるオスマン帝国からも開削の許可を得たそうな
          1858年、スエズ運河会社が設立
          工事は1859年から始まり、超難工事の末、1869年に開通
          スエズ運河(コプト語で「起点」の意味)は、スエズ地峡に位置し、
          地中海と紅海を南北に結ぶ世界最長の運河となった
          現在は、エジプト政府直轄のスエズ運河庁(SCA)が所有運営している

by nenkin-matsuura | 2011-09-24 14:21 | ねんきん以外で | Trackback  

暑さも和いだ秋分の日

d0132289_14482316.jpg少し涼しくなってきました。

でも、ガリガリ君は年中お世話になっております。

ガリガリ君にかかわらず、アイス全般には、大変お世話になっております。

これからも、よろしくお願い、なのです072.gif

by nenkin-matsuura | 2011-09-23 14:55 | お気に入り | Trackback  

中国残留邦人等に対する特例 (その3)

■ みなし免除期間の追納と年金額の改定

みなし免除期間の月数に係る任意の月数について、定額の保険料を、初めて永住帰国した日から6年を経過した日の属する月の末日までの間に追納し、保険料納付済期間とすることもできます

また、みなし免除期間を有することとなった場合や、みなし免除期間に係る追納を行った場合は、保険料免除期間や保険料納付済期間として、老齢基礎年金の年金額における計算の基礎とされます
なお、すでに老齢基礎年金を受給している人がみなし免除期間を有することとなった場合は、当該有することとなった日の属する月の翌月に年金額の増額改定を受け、また、追納を行った場合は、前の請求から1年を経過した日以降に、再度、年金額の改定請求を行うことによって、請求した日の属する月の翌月から年金額が改定されます

by nenkin-matsuura | 2011-09-22 03:25 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金加入記録について その61

 船員保険における記録の管理(変遷)

d0132289_037668.jpg船員保険の被保険者記録は、当初、中央(保険院)において、紙台帳が一括管理されていましたが、昭和17年8月から社会保険事務所での被保険者名簿の管理、中央での被保険者台帳の管理となりました
昭和45年6月以降は、磁気テープに移行され、63年2月の社会保険オンラインシステムの全国実施後は、磁気ディスクにより管理されています

また、紙台帳のうち、船員保険被保険者台帳(旧台帳)については、昭和45年度から57年度までに、現存台帳(45年6月当時に在職中)などの128万件が順次磁気テープ化され、25年3月31日以前に資格喪失している者に係る旧台帳36万件は、マイクロフィルム化し管理されています

by nenkin-matsuura | 2011-09-21 00:57 | 年金加入記録 | Trackback