<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

ねんきんFAQ ねんきん定期便 編7

<Q1> ねんきん定期便が届きましたが、誤りが無いので返送の必要はないということでよろしいでしょうか?

 <A1> そのとおりです 年金加入記録を見て、「もれ」や「誤り」が無ければ、「年金加入記録回答票」について、返送の必要はありません

<Q2> ねんきん定期便が届いた後に、未納となっている月の国民年金を支払いました この場合、改めて月別の状況は届きますか? 領収書は持っています(40代・パート)

 <A2> 改めて「最近の月別状況です」という用紙は届きませんが、来年送付予定のねんきん定期便の「1 これまでの年金加入期間」(トータル月数)や年金見込額に反映されます

<Q3> ねんきん定期便の確認のポイントを教えてください(厚生年金保険に加入中)

 <A3> 前一年の加入記録が記載された「最近の月別状況です」においては、標準報酬月額は正しい額か、標準賞与額は記録されているか、また、給与明細書等が残っている場合は、保険料納付額との見比べも行っておきたいところです

by nenkin-matsuura | 2010-06-30 01:07 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

地理の豆知識 「パラグアイ」

d0132289_1474186.jpg
          南アメリカ大陸中央南部に位置するパラグアイ共和国
          首都は、アスンシオン(聖母の被昇天に由来)
          1811年に共和国として、ラテンアメリカで最初に正式に独立を宣言
          パラグアイとは、グアラニー語で「大きな川から」
          を意味する言葉であるそうな
          (鳥の冠をかぶった人々の国を意味するとする説もある)
          中央に国章があり赤白青の横三色の国旗は、
          世界で唯一、表と裏のデザインが異なる(裏面中央には国庫証印)

by nenkin-matsuura | 2010-06-29 02:16 | ねんきん以外で | Trackback | Comments(0)  

ねんきんnews 2010年6月号 号外

 宇都宮市本町のカフェ「フルール・ブラン」で27日、年金に関する相談を受け付ける「年金カフェ」が開かれる。主催者は「精神疾患や病気で働けない人でも障害年金を受け取れることを知ってほしい」と話している
 障害年金は、20歳までに鬱病(うつびょう)などで通院歴のある人や統合失調症などに認定された人にも受給資格があるが、制度が浸透していないという。


20歳に達する前に初診日がある傷病で障害になり、20歳に達したとき(障害認定日が20歳以降の場合は、その障害認定日)において、1級または2級の障害の状態にあるときは、障害基礎年金が受けられ、保険料納付要件は問われない また、20歳に達したときまたは障害認定日に障害基礎年金に該当する状態でなくても、65歳に達するまでに該当するようになれば、請求は可能(20歳前の傷病による障害基礎年金の事後重症による請求)

カフェ形式で気軽に年金の相談ができるのは非常に良いことで、制度の周知にもつながると思います

by nenkin-matsuura | 2010-06-28 00:27 | ねんきんnews | Trackback | Comments(0)  

旧岩崎邸庭園

d0132289_045460.jpg
旧岩崎邸庭園、ジョサイア・コンドルによる設計の洋館が見事。
入り口で渡されるビニール袋に靴を入れ、すごい金持ちの友達の家に上がるようなちょっぴりの緊張感を持ちつつ洋館に突入です(1階と2階に重要文化財らしきものがたくさん展示されています。もちろん、赤いじゅうたんってやつで。)順路を進んでいくと突然「和」のゾーンが現れ、あれっ行き止まり?(なぜか周りに人がいなくなり…一人。忍者のように進むと、靴を入れていたビニール袋を入れる箱があったのでここで靴を履くのか、と安心)出口っぽいところで靴(デザートブーツ)を履いて、飛び出すと裏手にはグリーンな世界が。サッカーができそうな芝が広がっています。(洋館の脇にある撞球場、うらやましー。でもなぜかスイスの山小屋風ー)

by nenkin-matsuura | 2010-06-27 01:24 | | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第112問

Q 次のうち、特別障害給付金の請求の際に必要ではない書類を選んでください ? ☆☆

① 配偶者の所得証明書
② 障害の原因となった傷病に係る診断書
③ 病歴・就労状況等申立書

d0132289_14325158.jpg

                                    A ① 配偶者の所得証明書
 point 特別障害給付金には、配偶者加給年金額が無いため、配偶者の所得証明書は添付不要です
上記以外には、年金手帳または基礎年金番号通知書、住民票または戸籍抄本、提出の診断書が初診時の病院のものではないときは、初診の病院による受診状況等証明書(添付できないときはその旨の理由書)、などを添付します
なお、任意加入対象者であった学生である場合は、在学証明書を、任意加入対象者であった被用者の配偶者であった場合は、戸籍謄本や、年金加入期間確認通知書(初診日において、配偶者が共済組合の組合員であった場合)の添付も必要です

by nenkin-matsuura | 2010-06-26 15:01 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 108

◇ 免除月数の上限

老齢基礎年金の額を計算するに当たり、保険料免除月数には以下のような上限が定められています(∂_∂)

・保険料4分の1免除月数
 480月から保険料納付済月数を引いた月数

・保険料半額免除月数
 480月数から保険料納付済月数と保険料4分の1免除月数を引いた月数

・保険料4分の3免除月数
 480月から保険料納付済月数と保険料4分の1免除月数と保険料半額免除月数を引いた月数

・保険料全額免除月数
 480月から保険料納付済月数と保険料4分の1免除月数と保険料半額免除月数と保険料4分の3免除月数を引いた月数

※なお、60歳以降の任意加入が480月以上となった人の場合で、これらの免除月数の上限を上回る免除月数があるときは、保険料のうち、本人負担分のみを反映させた以下の給付額の計算となります
・国庫負担割合が3分の1の場合 4分の1免除は2分の1、半額免除は3分の1、4分の3免除は6分の1
・国庫負担割合が2分の1の場合 4分の1免除は8分の3、半額免除は4分の1、4分の3免除は8分の1

by nenkin-matsuura | 2010-06-25 03:54 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

地理の豆知識 「デンマーク」

d0132289_0511993.jpg
          北ヨーロッパ、バルト海と北海に挟まれた
          ユトランド半島と443の島からなるデンマーク王国
          先住住民デーン(谷間の意味)人の名に基づき、
          デンマークとは、デーン人の土地を意味するそうな
          スカンジナビアクロスを描いた国旗は、
          現在使用されている国旗の中で最古の国旗の一つとされる
          首都は、コペンハーゲン(商人の港の意味)
                    

by nenkin-matsuura | 2010-06-24 01:12 | ねんきん以外で | Trackback | Comments(0)  

年金加入記録について その46

受給判別区分 一覧表 (前編)

d0132289_129477.jpg10 : 第1号被保険者で老齢基礎年金の受給資格なし
11 : 第1号被保険者で翌年度以降の保険料を納付した場合に老齢基礎年金の受給資格あり
12 : 第1号被保険者で現年度以降の保険料を納付した場合に老齢基礎年金の受給資格あり
13 : 第1号被保険者で未納保険料および現年度以降の保険料を納付した場合に老齢基礎年金の受給権あり
14 : 第1号被保険者で60歳から65歳の間に任意加入した場合に老齢基礎年金の受給資格あり
20 : 20歳以上60歳未満の任意加入被保険者で老齢基礎年金の受給資格なし
21 : 20歳以上60歳未満の任意加入被保険者で翌年度以降の保険料を納付した場合に60歳までで老齢基礎年金の受給資格あり
22 : 20歳以上60歳未満の任意加入被保険者で現年度以降の保険料を納付した場合に60歳までで老齢基礎年金の受給資格あり
23 : 20歳以上60歳未満の任意加入被保険者で未納保険料および現年度以降の保険料を納付で老齢基礎年金の受給資格あり
24 : 20歳以上60歳未満の任意加入被保険者で引続き65歳まで任意加入した場合に老齢基礎年金の受給資格あり

判別区分とは、被保険者記録照会(基本)に記載され、国民年金に加入した期間により受給要件の判別が2桁のコードによって表される

by nenkin-matsuura | 2010-06-23 01:56 | 年金加入記録 | Trackback | Comments(0)  

いろんな年金シリーズ⑧

☆ 母子年金

昭和60年改正前の国民年金法による給付の一つに母子年金があります

・支給要件は、
 ①夫が死亡した場合において、
 ②妻が保険料納付要件を満たしており、
 ③夫によって生計を維持した(されていた)妻が、18歳未満(20歳未満で1級または2級の障害の状態にある子を含む)の子と生計を同じくする場合に支給されます

・年金額は、(平成22年度額)
 792,100円+子の加算額(227,900円、3人目以降は1人につき75,900円)

※妻の保険料納付要件は、死亡日の属する月の前月までの被保険者期間に係る保険料納付済期間が15年以上あるか、または、その保険料納付済期間が5年以上であり、かつ、その被保険者期間のうち保険料免除期間を除いた期間の3分の2以上を占めることが必要です(当該保険料納付要件以外に、別の要件も存在する)
※母子年金は、夫の死亡により遺族給付を受けられるときは、5分の2に相当する額(当該遺族給付の額が母子年金の額5分の2に満たない場合は、当該遺族給付の額)が支給停止となります

by nenkin-matsuura | 2010-06-22 02:00 | 年金 あれこれ | Trackback | Comments(0)  

第三者行為事故状況届 (8)

第三者行為事故状況届 4ページ目(裏面)上部

d0132289_0452778.jpg14 損害賠償金の受領状況及び自己負担額

※損害賠償金受領の内訳がある場合は必ず記入します
※なお、内訳書(計算書)がある場合、その書類の写しを添付します
※実支払い額は年金との調整(年金の支給停止をするかどうか)を審査する際に、受領賠償金から控除する額となるため、もれなく申告する必要があります
※死亡の場合、葬儀関係、通夜・葬儀当日に要した費用が対象のため葬儀日の翌日以降に要した費用は含みません
※受領方法および年月日欄は、全額受領の場合は受領年月日を、分割の場合は分割回数、およびそれぞれの受領額、受領年月日を記入します

by nenkin-matsuura | 2010-06-21 00:56 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback | Comments(0)