<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

春の息吹。

d0132289_13525320.jpg

       小石川後楽園では、
       『春を呼ぶ小石川後楽園 黄門様のお庭で梅まつり』(長。)が開催中
       黄色いのはサンシュユ。季語は春。春の歌~♪
       風はまだ冷たいけど、野花のいろで春の息吹を感じます。

by nenkin-matsuura | 2010-02-28 14:03 | ねんきん以外で | Trackback  

おやすみシール

d0132289_13264640.jpg















このシロくまくんを
眼の下にペタッと張ると、
よく眠れます。
張った直後に
眠っちゃうこともある
不思議~♪なシールなのです。

by nenkin-matsuura | 2010-02-27 13:40 | お気に入り | Trackback  

ねんきんnews 2010年2月号 号外

長妻昭厚生労働相は24日、無年金と思っていたものの、旧社会保険庁の通知で年金の受給資格があると分かり、月額3万8000円の年金が回復した女性(67)と同省内で面会した。女性は夫が厚生年金に加入していた17年間、国民年金に未加入で、この間を「カラ期間」として加入期間に算入できることを知らなかった。長妻氏は「カラ期間をさらに徹底的に広報したい」と述べた。
 夫が厚生年金などに加入していた専業主婦は、1986年3月末までは国民年金への加入が任意で、未加入でも受給資格に必要な25年の加入期間に含めることができる。面会で女性は「(年金回復で)クリスマスプレゼントとお年玉が一緒にきたようだった」と喜んだ。


カラ期間…合算対象期間。保険料納付済期間または保険料免除期間があり、それらを合算した期間が25年未満である人が、「保険料納付済期間+保険料免除期間+合算対象期間=25年以上」である場合は老齢基礎年金等を受給できることとなる。受給要件としての期間には算入できるが、年金額の計算の基礎とはならないので『カラ』と呼ばれる。

上記の記事は「夫が」となっていますがもちろん「妻」でもOKで、また、「専業主婦」は言い換えれば「厚生年金保険や共済組合などに加入していない人」で「パート・アルバイト等」でもOKです。さらに、元夫や前の前の妻などからのカラ期間もアリです。
これは、いつくかあるカラ期間のパターンのうち、“被用者年金制度の加入者の配偶者”に当てはまります。
年金の裁定請求時に、当該事実を証明するため配偶者であること(であったこと)を確認できる戸籍謄本等や、相手が共済組合等の場合は年金加入期間確認通知書等を添付する必要があります(こちらに主なカラ期間を列挙)

by nenkin-matsuura | 2010-02-26 01:06 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんQuiz-第97問

Q ねんきん定期便において、「もれ」や「誤り」がある場合に記入するときの用紙名を選んでください ?                                           

① 被保険者記録照会回答票
② 年金加入記録回答票
③ 年金加入期間確認通知書

d0132289_1285598.jpg

                                   A ② 年金加入記録回答票
 point ねんきん定期便に同封の年金加入記録回答票に「もれ」ている事業所名や、「誤り」がある期間などを記入し同封の封筒にて返送します なお、年金加入記録回答票には、水色と白色があり、水色が届いた場合は必ず回答をする必要があります
①の被保険者記録照会回答票は、年金事務所で入手できる年金の加入履歴が載っている用紙
③の年金加入期間確認通知書は、年金事務所や各種共済組合から入手できるその被用者制度についての履歴が載っている用紙

by nenkin-matsuura | 2010-02-25 01:54 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金の受給権が消滅するとき 後編

年金の受給権が消滅するとき 後編

<特別支給の老齢厚生年金の場合>

① 65歳に達したとき

<障害基礎年金・障害厚生年金の場合>

① 障害等級表に定める3級の障害の状態でなくなったまま65歳に達したとき
② 新たな障害基礎年金・障害厚生年金を受けられるとき(前後の障害をあわせた新しい障害基礎年金・障害厚生年金を受けられるとき)

<寡婦年金の場合>

① 65歳に達したとき
② 婚姻したとき
③ 養子となったとき(直系血族または直系姻族となったときを除く)

<すべての年金に共通>

① 死亡したとき


※1級または2級の障害基礎年金・障害厚生年金を受けている人が、その後、別の傷病で障害が残り、それだけで1級または2級の障害基礎年金・障害厚生年金の受給要件を満たしている場合は、2つの障害年金としての支給は行われず、あとの障害の障害認定日に前後の障害をあわせた程度の障害によって障害等級が定められ、(併合認定)新たな障害基礎年金・障害厚生年金が支給されることになる
※老齢基礎年金・老齢厚生年金・障害厚生年金を受けている人が死亡したときは、その遺族に対して遺族基礎年金・遺族厚生年金が受けられる場合がある
※年金受給者(年金未請求者を含む)が死亡するまでに受けることができた年金があるときは、その遺族が未支給年金を受けられる場合がある

by nenkin-matsuura | 2010-02-24 01:11 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金加入記録について その42

公的年金制度の加入期間以外で通算対象期間とされる期間

d0132289_043106.jpg① 国民年金以外の公的年金制度に加入している人の配偶者であるその期間
② 国民年金以外の公的年金各法、恩給法、地方公務員の退職年金に関する条例、執行官法、旧令による共済組合等からの年金受給者のための特別措置法、財団法人日本製鉄八幡共済組合から支給される老齢または退職年金を受けることができる人の配偶者であるその期間
③ ②の法律などまたは戦傷病者戦没者遺族等援護法から障害年金を受けることができる人およびその人の配偶者であるその期間
④ ③の法律などから遺族年金または遺族給付金を受けることができる人であるその期間
⑤ 未帰還者留守家族等援護法から留守家族手当または特別手当を受けることができるその期間

①~⑤の期間は通算年金においてカラ期間とされる

by nenkin-matsuura | 2010-02-23 01:00 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の受け取り 編4

<問1> 失業保険を90日分受給すると思いますが、受給後に年金の再申請は必要でしょうか? (年金事務所まで行くのに時間がかかるので)

 <答1> 失業保険の受給開始時に特別支給の老齢厚生年金の裁定請求が済んでいて、「老齢厚生・退職共済年金受給権者支給停止事由該当届」(様式第583号)も提出済みの場合は、失業保険(基本手当)の受給終了後は、年金についての再申請は不要です(自動的に支払われます)

<問2> 1月に夫が亡くなり、遺族厚生年金を受給することにしましたが、2月に振り込まれたのは今までどおりの報酬比例部分の年金のようです いつ頃の振り込みとなるのでしょうか?

 <答2> 1月にお亡くなりになられた場合はその翌月分の2月からとなりますので、支払は最短でも4月になります(2月・3月分から遺族厚生年金となる)

<問3> 私が年金をもらい始めると夫の年金が減るというのは本当でしょうか… 近所の人が言っていました(50代・主婦)

 <答3> 減るとすれば配偶者加給年金のことだと思いますが、奥様が厚生年金保険に長く入っていないとき(20年・240月未満のとき)は、奥様が60歳になり年金を受け始めてもご主人様の年金額は変わりません その場合、奥様が65歳になったときにご主人様についていた配偶者加給年金額が付かなくなります 

by nenkin-matsuura | 2010-02-22 00:53 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ちょっと一息な…ドリンク情報④

d0132289_0455089.jpg













「AMIRAALI」
東郷ビール

のど越しがよくスッキリ飲みやすい
(あと、このコーナー久しぶり。)

元はフィンランド産
ラベルは東郷平八郎さん

ロシアに勝てそうな気になっちゃうドリンク
069.gif

by nenkin-matsuura | 2010-02-21 01:08 | ねんきん以外で | Trackback  

旅の物語

d0132289_042282.jpg「百万円と苦虫女」

アルバイトをする → 百万円たまる → 知らない場所へ引っ越し → いろいろあって → 百万円たまったらまた引っ越し

『自分探しの旅』的なムービーなのかなと。
(弟からの手紙に感動。主題歌を歌うのはクラムボンの人。海へ山へ街へ、と。いや桃娘て。保証人が小学生だったり。でも、なんか共感できる点も多い。)

by nenkin-matsuura | 2010-02-20 01:29 | お気に入り | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 96

◇ 振替加算が65歳より後に行われる場合

65歳以上の厚生年金保険の加入者(受給権者)は、退職をするか70歳に達するかにより年金額の改定が行われます 65歳時に厚生年金保険の加入月数が240月未満(中高齢者の特例だと180月~228月未満)だった人に対して当該改定が行われる際に、その配偶者に対して、振替加算が付くことがあります 

例えば、
夫、70歳にて厚生年金保険が240月以上となる(中高齢者の特例には当てはまらないとする)
妻、67歳、老齢基礎年金を受給中(厚生年金保険の加入期間は無し)
の場合、
妻の老齢基礎年金に「振替加算」が付くこととなります

ただ、
この場合の振替加算には手続が必要という点が要注意です(+_!)
「国民年金 老齢基礎年金額加算開始事由該当届」(様式第222号)を年金事務所等に提出する必要があります

by nenkin-matsuura | 2010-02-19 00:38 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback