<   2009年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

羊毛とおはな

大晦日ですね~
「今年もお世話になりました。」001.gif

羊はなをどうぞ。(LIVE IN LIVING’09っていうアルバム、めっさいい。)

by nenkin-matsuura | 2009-12-31 16:30 | お気に入り | Trackback  

柴又~金町~亀有 (葛飾区)

葛飾区をぶらりと。
d0132289_1314585.jpg
柴又の帝釈天。参道もいい感じで、煎餅が食べたくなる。
d0132289_1321462.jpg
江戸川にある二つの取水塔は帽子をかぶっているみたい。(左のほうは魔法使えそう。)
d0132289_13232886.jpg
「両さん、お疲れっす。」(こち亀で思い出すのは、御所河原組長→ハイジの刺青がウケます。)

by nenkin-matsuura | 2009-12-30 14:00 | | Trackback  

特別支給の老齢厚生年金受給権者障害者特例請求書        左のページ上部

d0132289_12555668.jpg特別支給の老齢厚生年金の受給権者が、厚生年金保険の被保険者ではなく、かつ、障害の状態に該当することにより特例支給(報酬比例部分+定額部分(+加給年金額)=障害者特例)を請求する時の届

の欄
 年金証書の基礎年金番号および年金コード
の欄
 氏名・フリガナ・押印(直筆の場合は押印不要)
の欄
 生年月日
の欄
 住所
の欄
 障害年金を受給している場合は、その年金の名称(障害厚生年金など)・その制度の名称(厚生年金保険など)・年金証書の基礎年金番号・年金コード
の欄
 ⑤の欄の年金を受給することとなった年月日
 

by nenkin-matsuura | 2009-12-29 13:14 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

年金額の端数処理のあれこれ

年金額の計算の過程で端数が生じた場合は、次の規定で処理されることとなっています

① 計算過程での1円未満の端数は四捨五入する
② 最終的な支給額や計算額は50円未満の端数を切り捨て、50円以上100円未満の端数は切り上げる
③ 計算の過程において1円未満を四捨五入せずに計算した場合と最終の支給額との間に100円を超える差額が生じる場合には、計算の過程において1円未満を四捨五入しない

なお、遺族基礎年金・遺族厚生年金の場合で、年金の受給権者が二人以上いる場合は、100円単位の端数処理は、当該受給権者の数で除して受給権者一人あたりの額を算出した後に行われます

by nenkin-matsuura | 2009-12-28 01:27 | 年金 あれこれ | Trackback  

2009年 検索ワードランキング

◆ 2009年 検索ワードランキング

エキサイトブログでは、毎月(毎日)において、当ブログに対してどのような検索ワードでたどり着いたかを10位までのランキングで見ることができます。

今年の1月~12月までのベスト3は…

1位 「年金コード 一覧」(年金コード 年金コード1150などを含む)
2位 「病歴・就労状況等申立書」(書き方 記入例 を後ろに続けるパターンなども含む)
3位 「加給年金」(加給金 配偶者加給金の停止などを含む)

1位はダントツで。2位も定番。3位は毎月変わっています。

個性的なのは、
1月の10位「年金アドバイザー」、1月の9位「神戸在住」、5月の7位「有田陶器市」、10月の7位「標準報酬が30万の場合の報酬比例部分の額」、11月の5位「年金 定額部分の請求をしないと」、12月の2位「superfly 武道館」、12月の5位「厚生年金 平均報酬額が下がると受取金額が少なくなるか」などがありました。

035.gif『来年もよろしくお願いします。』

by nenkin-matsuura | 2009-12-27 18:44 | ねんきん以外で | Trackback  

ねんきんFAQ 年金額 編5

<問1> 転職を考えていますが、給料が下がると将来の年金受給額も下がりますか?(30代・会社員)

 <答1> 老齢厚生年金の額は、給与(平均の標準報酬月額)も影響し、なるべく高い給与(標準報酬月額)のほうが受給額も多くなります また、老齢厚生年金における「報酬比例部分」と「定額部分」は、厚生年金保険に加入することで月数が増えることによっても増額します

<問2> 一緒に入社して同じ期間働き給料も同じであった友人の年金額は、私よりも多いようです… 何が原因であると考えられますか?(63歳・男性)

 <答2> まったく同じ期間同じ報酬で働いていて年金額の差があるとしたら、「加給年金額」が挙げられます あと生年月日により若干、受給額に差が出ることもあります

<問3> 60歳になり嘱託で勤めていますが、年金額が減額になっているようです 「在職老齢年金額の早見表」をみると、総報酬月額相当額が22万円、年金月額が6万円で減額は無いこととなりますが…なぜでしょうか?(60歳・嘱託)

 <答3> 考えられるのは基金加入期間にかかる代行部分の年金がある場合などです 年金額には基金の代行部分も含めて計算する必要があります また、総報酬月額相当額には前1年の標準賞与額も含まれるので要注意です 

by nenkin-matsuura | 2009-12-26 13:29 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 91

◇ 白色と黄緑色の繰上げ請求書

老齢基礎年金の繰上げ請求書は2種類存在します
ひとつは、「国民年金 老齢基礎年金支給繰上げ請求書(様式第102号)」…白色でA4サイズの用紙です
もうひとつは、「国民年金厚生年金保険 特別支給の老齢厚生年金受給権者 老齢基礎年金支給繰上げ請求書(様式第233号)」…黄緑色でA3サイズ(真中で左右に折られています)の用紙です

白色と黄緑色の繰上げ請求書の違いは、
白色の様式第102号は、特別支給の老齢厚生年金をまだ受給(請求)していない場合に使用します よって、老齢給付裁定請求書とセットで提出することとなります
黄緑色の様式第233号は、すでに特別支給の老齢厚生年金を受給(請求)している場合に使用します

なお、国民年金のみの加入の人、または厚生年金保険の加入が12月未満の人が繰上げ請求をする場合は白色の102号を使用します

もし、60歳になり退職後、失業保険を受給し、繰上げをする予定の場合は、まず年金請求書(国民年金厚生年金保険老齢給付)を提出し、失業保険の受給終了後、黄緑色の233号によって繰上げ(全部繰上げ・一部繰上げ)請求を行うこととなります〆(.. )

by nenkin-matsuura | 2009-12-25 00:56 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第88問

Q Aさんに加給年金額が加算されるのはいつからでしょうか?             ☆☆☆
※Aさん…昭和18年12月24日生まれ、男性、現在厚生年金保険に加入中、20代に50月・40歳以降平成21年11月まで170月、合計220月厚生年金保険に加入(国民年金、共済組合等は無し)、平成23年10月1日退職(資格喪失)予定、生計維持している妻(57歳)あり

① 40歳以降180月となったときから
② 合計で240月となったときから
③ 退職(平成23年10月1日)してから
d0132289_0224792.jpg

                               A ③ 退職(平成23年10月1日)してから
 point Aさんは、在職中に40歳以降180月以上(中高齢者の特例)となるとともに厚生年金保険に240月以上加入したこととなります しかし、加給年金額が加算される要件に満たされるように年金額が改定されるのは①または②の月数となった後、退職する必要があります これを退職改定といいます

by nenkin-matsuura | 2009-12-24 00:47 | ねんきんQuiz | Trackback  

いろんな年金シリーズ④

☆ 特例老齢年金

特例老齢年金は、
①厚生年金保険の被保険者期間が1年以上あり
②老齢基礎年金の受給資格を満たしていない60歳以上の人で
③旧令共済組合の組合員期間と厚生年金保険の被保険者期間を合計した期間が20年以上ある場合
に支給されます

対象となる旧令共済組合員期間は、
旧陸軍共済組合、台湾総督府専売局共済組合など8つの組合で退職給付に関する規定の適用を受けていた期間となります
なお、共済組合が支給する退職給付の基礎となった期間及び船員保険の被保険者として厚生年金保険の被保険者期間とみなされた期間は除きます

年金額は、
特別支給の老齢厚生年金と同様に計算された額となります(旧令共済組合の組合員期間のうち昭和17年6月から昭和20年8月までの期間は報酬比例部分の計算式の被保険者期間の月数には算入されません)

なお、特例老齢年金の受給権は、
受給権者が死亡するか、老齢厚生年金の受給権を取得したときに消滅します

by nenkin-matsuura | 2009-12-23 14:24 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきん豆知識36

d0132289_0211218.jpg旧法の厚生年金保険における老齢年金の加給年金額が支給されなくなる時
※支給の対象になる人が次のいずれかの条件に該当する月まで支給される

①死亡したとき
②受給権者による生計維持の状態がなくなったとき
③配偶者が離婚したとき
④子が養子縁組によって受給権者の配偶者以外の人の養子となったとき
⑤養子縁組による子が離縁したとき
⑥障害の子以外の子について18歳到達年度の末日が終了したとき
⑦18歳到達年度の末日が終了した障害の子が昭和60年改正前の旧厚生年金保険法で定められた1級・2級の障害の状態でなくなったとき
⑧配偶者が被用者年金制度から支給される老齢(退職)年金給付(加入期間が20年以上のものに限る)、国民年金を含めた公的年金制度から障害年金給付を受けられるようになったとき

上記のうち、
配偶者の加給年金額に当てはまるものは、①・②・③・⑧
子の加給年金額にあてはまるものは、①・②・④・⑤・⑥・⑦

なお、旧法と違い新法の場合は、配偶者が65歳になると、配偶者加給年金額の対象者ではなくなります

by nenkin-matsuura | 2009-12-22 01:00 | ねんきん豆知識 | Trackback