<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 63

◇遺族基礎年金と遺族厚生年金の額の変動例

老齢基礎年金の受給資格期間を満たした夫がもし、厚生年金保険に加入中死亡した場合は妻に対して遺族厚生年金が支給されます もし、妻に対象となる子がいれば遺族基礎年金も支給されます
例えば、
夫 50歳、厚生年金保険加入中に死亡(老齢基礎年金の受給資格期間は満たしている)
妻 43歳(パート)
長男 18歳(高3)
長女 16歳(高1)
二男 14歳(中2)
生計維持要件など他の要件をすべて満たしていたとして(子は障害なしとする)、
遺族厚生年金(仮に80万円として中高齢の寡婦加算は停止)+
遺族基礎年金(79万2100+22万7900×2+7万5900)=212万3800円
子の加算は18歳到達年度末までなので年々額は変わります

長男が18歳到達年度末を過ぎると、
遺族厚生年金(80万)+遺族基礎年金(79万2100+22万7900×2)=204万7900円

長女が18歳到達年度末を過ぎると、
遺族厚生年金(80万)+遺族基礎年金(79万2100+22万7900)=182万円

次男が18歳到達年度末を過ぎると、
遺族厚生年金(80万)となり、遺族基礎年金がもらえなくなります(ノ_<。)
しかし、停止となっていた中高齢の寡婦加算が付き
老齢厚生年金(80万)+中高齢の寡婦加算(59万4200円)=139万4200円となります
さらに、65歳後は妻自身の老齢年金が加わり…、さらに変動します。

by nenkin-matsuura | 2009-04-30 21:08 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

改定通知書再発行申請書

d0132289_14324358.jpg改定通知書とは年金額の改定が行われた年度の6月に送付されてくるハガキサイズ大の用紙です(改定がない年は送られてきません)
の欄
基礎年金番号・年金コード、生年月日、申請理由(紛失したためなど)、改定年月(直近のものなら平成18年04月となります)
の欄
住所・氏名・押印・電話番号を記入します(受給者自ら記入する時は押印不要です)

裏に宛先(社会保険事務所)を記入すれば、郵送でも請求できます

この改定通知書は年間受給額の証明となるため、施設に入所する時や県営住宅への申込時などに添付が必要な場合に提出します

by nenkin-matsuura | 2009-04-29 14:57 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんFAQ 加入記録 編6

<問1> 年金の加入記録が騒がれていますが、私の妻は、名前が通常読まない読み仮名になっており、よく言い間違えられ、年金の加入記録が適正なのか心配です(空白の期間あり)(70代・年金受給者)

 <答1> 年金の番号がわかれば探しやすいですが、番号がわからない時は氏名で検索する方法があります その時に通常読まない名前の場合は、記録が宙に浮きやすいこともあります 社会保険事務所にていろんな読み方で検索をしてもらうと記録が出てくるかもしれません

<問2> 共済組合等加入記録の確認のお知らせという封書が届きました 私は若い時に自衛隊員でしたが駐屯地は入隊時のものを書けばよいですか?

 <答2> 退職時の駐屯地名を書きます 例えば、私学共済だったら〇〇幼稚園だとか、市町村共済だったら△△役場だとか、もし、現在なくても当時の名称を記入します なお、所在地は市町村名程度を記入すればよいですが、私学共済の場合は所在地をできるだけ詳しく記入します

<問3> 私は共済の記録があり、社会保険庁の社会保険業務センターから共済組合等加入記録のお知らせが届きました ねんきん特別便にて同様のことを記入して提出しましたが、また同じようなことを記入する必要がありますか?

 <答3> ねんきん特別便とは別のお知らせとなっており、ねんきん特別便で回答している場合でも別途、共済組合等加入記録回答票に記入して回答する必要があります 該当者の記録であることが高いということで送付されているようです

 

by nenkin-matsuura | 2009-04-28 19:55 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきん豆知識28

基礎年金番号導入前の年金証書の記号番号(5、6桁目)厚生年金保険編
d0132289_20275889.jpg01 老齢年金
02 通算老齢年金
03 障害年金
04 遺族年金
05 寡婦年金
06 かん夫年金(船保の場合養老年金)
07 遺児年金
08 特例老齢年金
09 通算遺族年金
10 特例遺族年金
11 老齢基礎・老齢厚生年金・特別老齢厚生年金
13 障害基礎・障害厚生年金
14 遺族基礎・遺族厚生年金
18 特例老齢年金(新法)
19 老齢年金(1号+旧令期間=25年)
24 特例遺族年金(新法)
30 障害手当金
33 職務上障害年金
34 職務上遺族年金
40 遺族一時金

昔の年金証書は、2桁の記号番号によって年金の種類が判別できる
新法の国民年金・厚生年金(例 1234-11-12345678)や旧法の厚生年金(例 1234-07-1234567)は、記号番号の5・6桁目で年金の種類がわかる
なお最初の4桁は社会保険事務所を表す

by nenkin-matsuura | 2009-04-27 20:29 | ねんきん豆知識 | Trackback  

沖縄の特例

沖縄は本土より国民年金も厚生年金保険も遅れて発足しました
そこで、本土復帰前に沖縄に住所を有していた人に対して、みなし免除期間や追納の特例や期間短縮の特例が設けられています

昭和14年4月1日以前に生まれ、昭和45年4月1日に沖縄の国民年金の被保険者であって、昭和36年4月1日から昭和45年3月31日までの9年間、引き続いて沖縄に住所を有していた人を対象として、
生年月日に応じて、みなし免除期間として国民年金の保険料免除期間を有しているものとみなされます(被用者年金制度期間を除く)
そして、みなし免除期間について1月分あたり183円の追納保険料を47年5月15日から52年3月31日までの期間追納が可能でした

また、昭和61年には新特別措置が設けられ、
昭和25年4月1日以前に生まれ、昭和36年4月1日から昭和45年3月31日まで沖縄に住所を有していた人を対象として、
生年月日に応じて、みなし免除期間として国民年金の保険料免除期間を有しているものとみなされます(被用者年金制度期間や沖縄に住所をを有していなかった期間を除く)
そして、みなし免除期間について1月分あたり2,400円の追納保険料を昭和62年1月1日から平成4年3月31日までの期間追納が可能でした

さらに、期間短縮の特例として、
昭和45年1月1日に沖縄の厚生年金保険の被保険者であった人で、同日前の5年間、引き続き沖縄に住所を有していた人を対象として、
厚生年金保険の被保険者期間が生年月日に応じて12~14年あれば中高齢者の特例に該当したものとみなされ老齢基礎年金の受給資格期間を満たしたものとされます

by nenkin-matsuura | 2009-04-26 21:29 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきんnews 2009年4月号 号外  

社会保険庁の記録漏れで年金が未払いになっていた場合に、物価上昇分を上乗せして支給する年金支払い遅延加算金法が24日、参院本会議で全会一致で可決され、成立した。加算金は平均的ケースで約1万6000円。企業が厚生年金などの社会保険料を延滞した際の利息を引き下げる延滞金軽減法も成立した。

年金加入記録が見つかり、年金が増額した場合は、年金時効特例法によって5年以上さかのぼって年金の受給権発生からの未払い分が支払われている。その未払い年金に、物価上昇分を加味して支払われる法案がこのたび可決された。もう一つ可決したのは、厚生年金保険料を企業が延滞した場合の利息を引き下げる法律。

加算金は5年を超す未払い期間が対象となります この未払い金に利息をつけてほしいとの要望はたびたびありました。他には国民年金の還付金に利息をつけてほしいとの声もよく聞かれます。厚生年金保険などと国民年金保険料納付済期間が重複しており、その場合国民年金保険料が還付されますが、その当時の額が還付され、制度開始後に納付して還付となった人は還付金が「100円」という額に驚く人もいます… 


 

by nenkin-matsuura | 2009-04-25 12:51 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんQuiz-第58問

Q 次のうち所得や収入で減額されることのない年金の組み合わせは?      ☆☆☆
① 老齢基礎年金と特別支給の退職共済年金
② 寡婦年金と障害厚生年金
③ 遺族厚生年金と20歳前の傷病による障害基礎年金

d0132289_1938498.jpg


                                  A ② 寡婦年金と障害厚生年金
point 寡婦年金と障害厚生年金それと①の老齢基礎年金や③の遺族厚生年金は収入による減額・停止はありません ①の特別支給の退職共済年金は報酬や賞与による停止があります ③の20歳前の傷病による障害基礎年金は所得により2分の1または全額停止があります

by nenkin-matsuura | 2009-04-24 20:27 | ねんきんQuiz | Trackback  

在職老齢年金のあれこれ(60歳代前半編)

老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)の受給者が在職中の場合には、給料の額によって年金が停止になることがあります
算式に用いる給料ですが総報酬月額相当額といって、
その月の標準報酬月額+その月以前1年間の標準賞与額の合計額÷12
で計算されます
支給停止額は総報酬月額相当額によって変わり、
総報酬月額相当額が変動するのは、
①定時決定による標準報酬月額の変動
②随時改定による標準報酬月額の変動
③賞与支給による標準賞与額の決定
④賞与支給から1年経過による総報酬月額相当額の変動
などです
随時改定の仕組みや年金が後払いということもあり、いつの年金が減額になっているのか、わかりにくいかもしれません
一方、年金の支給停止の算式は、4種類ありますが、よく使うのは、
(総報酬月額相当額+基本月額-28万円)×2分の1×12
※基本月額=老齢厚生年金(加給年金・経過的加算は除く)÷12
年金相談でよく聞かれることの上位にこの「在職老齢年金について」が挙げられます 「給料をいくら位にしたら年金を減らされずに受給できるか?」との質問が多いです

by nenkin-matsuura | 2009-04-23 21:57 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 62

◇ 障害基礎年金障害厚生年金を添付書類で比べてみると

年金を請求する時には、さまざまな「添付書類」が必要となります
もし、単身者(加給年金の対象者がいない場合)が請求する時は添付書類は障害基礎年金障害厚生年金も同じとなります
具体的には、
・戸籍抄本または住民票
・医師の診断書
・年金手帳(年金受給者は年金証書)
・印鑑
・病歴・就労状況等申立書
・通帳
・共済期間があれば、共済発行の年金加入期間確認通知書
・受診状況等証明書(初診時の病院と診断書作成の病院が同じ場合は省略可)
など

もし、加給年金の対象者がいるときは、上記の書類プラス
・戸籍謄本
・世帯全員の住民票
・配偶者の所得証明書
・18歳未満の子がある時は在学証明書(中学生以下は不要)もしくは所得証明書
・子が1・2級の障害の状態にある時は診断書
など

上記の書類のうち、障害基礎年金のみの請求の場合は「配偶者の所得証明書」が添付不要となります 配偶者の加給年金は障害厚生年金側につくからです (一方、子の加算は障害基礎年金側につきます)

裁定請求書は、障害基礎年金(107号・薄いピンク)と障害厚生年金(104号・薄い紫)で見た目も記入箇所も違っていますが、添付書類に関しては、ほとんど同じものをそろえるとみてよさそうです( ^-^)/(‥、)

by nenkin-matsuura | 2009-04-22 21:13 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

共済組合等加入記録回答票

d0132289_20172859.jpg宙に浮いた共済組合加入記録に該当する可能性がある人に送付されてくる用紙です
【表面】
水色の枠
 氏名(フリガナ)・生年月日・性別・現住所・電話番号を記入します
(代理人が記入する場合その氏名・電話番号・住所を記入します)


の欄にマルを付けた場合
裏面へ
の欄にマルを付けた場合
裏は記入せずに提出します
d0132289_20244891.jpg【裏面】
あらかじめ「共済の種類」「加入日」「退職日」が印字されています(紫の枠
自分の記録だと確認できたらいちばん左の枠にマルを付けます
そして、共済組合名・勤務先・住所を記入します
※共済組合名は、公立学校共済や国家公務員共済や防衛省共済や私学共済・〇〇市町村共済組合など
※勤務先が複数ある時は最終の勤務先を書きます
なお、宙に浮いた記録が複数ある場合はその下の枠に印字されてきます
宙に浮いた厚生年金保険や国民年金の記録には10桁の番号がありますが、共済組合の場合は各種共済組合によって違っています

by nenkin-matsuura | 2009-04-21 20:46 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback