<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

ねんきんFAQ年金の申請(特別支給の老齢厚生年金)編5

<問1> ねんきんダイヤルにかけて、年金受給手続きに必要な書類を教えてもらいました その中で雇用保険番号がわかるものが必要ですと言われましたが、どこを探しても見つかりません 私は会社を設立し代表として今日に至っています

 <答1> 事前送付式の裁定請求書のなかには事由書という欄があります アイウエの中から雇用保険被保険者証等を添付できない理由を選びます たとえばずっと社長なので雇用保険に加入していない場合は「イ」にマルを付けます 若い時に雇用保険に入っていたが今は社長の場合は「エ」にマルをつければ、雇用保険の番号がわかるものの添付は省略できます

<問2> 年金の請求書を書いていたら文字を間違って記入してしまいました 訂正はできるのかな? 

 <答2> 間違いはよくあることです 二重線で消して訂正印を押して訂正すればオッケーです

<問3> 子供が5人いて枠に入りきれない場合は?

 <答3> 申請書の枠に入りきれないということですか? 一つの枠を上下に分けて書いたり下の空欄に書いたり、別紙に記入しても構いません それと、ここでいう子どもは18歳の誕生日以降最初の3月31日までにある子(1、2級の状態にあれば20歳未満まで) のことをいいますので20歳以上の子は除いて記入します

by nenkin-matsuura | 2009-01-31 13:32 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第48問

Q 次の文章の空欄に共通して入る語句は?                       ☆☆

 単身のA夫さんは、特別支給の老齢厚生年金の裁定請求書に住民票[    ]を記入することによって住民票や戸籍抄本の添付を省略することができた。約1か月後に年金証書が送付されてきて右上には年金[    ]が記入されていた。
d0132289_04343.jpg

                                                 A コード
point 2つの空欄には、「コード」が入りますが意味はそれぞれ違います 老齢年金や障害年金の裁定請求書に住民票コードを記入することによって、省略できる添付書類があります(加給年金の対象者がいる場合は別) 年金コードは年金受給者に制度や種類の違いによって与えられる4ケタの番号です 特別支給の老齢厚生年金は1150となります

by nenkin-matsuura | 2009-01-30 00:21 | ねんきんQuiz | Trackback  

付加年金のあれこれ

ちょっとお得な年金情報 被保険者編そのでも取り上げた「付加年金」についてまとめてみました

・第1号被保険者が加入できる
・任意加入被保険者も加入できる
・国民年金基金の加入員は納付できない
・保険料は毎月400円
・もらうときはひと月200円
・2年で元を取れる
・物価スライドがない(下がらない)
・繰上げ、繰下げが可能(老齢基礎年金にくっついて)
・3年以上納めて付加年金を受給せずに死亡すると8,500円の死亡一時金がある

…お得です。
任意で国民年金に加入するなら、付加保険料も合わせて納付したいところです

by nenkin-matsuura | 2009-01-29 20:09 | 年金 あれこれ | Trackback  

ある人の手続き (第1回)

ある人の元に黄緑色の封筒が届きました。
封筒には親展の赤い文字、重要書類在中、、社会保険業務センターの文字。

谷田剛(仮名)さんは、60歳の3か月前に年金の裁定請求書(ターンアラウンド方式)が届いたため、社会保険事務所へ出向くことにしました。初めて訪れることになり、まずは、会社の先輩にアドバイスを得ることにしました。先輩が言うには、「1回では済まない、2~3回はかかる」「1時間以上待たされた」。
谷田さんはアドバイスを踏まえ平日の朝9時に、社会保険事務所へ行くことを決めました。

その日は少し寒い冬の日。駐車場はまだ空きが目立つ状態。入口に入って案内係の誘導に沿って番号札をとる、番号は17番。受付票に氏名や住所を書き待合室で待つ。待ち人数は5人。新聞を読みながら待つ。番号札を呼ばれ、6番の窓口へ。

少し緊張して、谷田さんは年金の書類が来たことを伝えました。窓口では書類の書き方や必要な書類を教えてもらう。送られてきた書類には年金の履歴が載っています。そこで、「このなかに載っていない会社や期間はありますか?」と聞かれ、おおむね記録は合っていたものの、ひとつだけ勤めていた会社が抜けているようなので会社名を言いました。(第2回へ続く)

by nenkin-matsuura | 2009-01-28 21:59 | 年金 あれこれ | Trackback  

φ(.. )書類の書き方 三十一

〆(.. ) 年金証書再交付申請書
d0132289_21132861.jpg年金証書を紛失した際などに再交付を受けるために申請する用紙です

黄緑色の枠
基礎年金番号・年金コード・生年月日を記入します
青色の枠
紛失の理由を記入します
(例)火事で焼失したため
(例)保管場所が分からなくなり紛失したためなど
黄色の枠
住所・氏名・※押印・電話番号
※年金受給者自ら署名する場合は押印は不要です

本人が窓口で再交付を受ける場合には本人確認のため身分証明書が必要となります
年金証書再交付申請書はハガキになっており郵送でも年金証書の再交付請求が可能です
年金証書は年金の種類ごとに一枚交付され、死亡時、再裁定時などには回収されます

by nenkin-matsuura | 2009-01-27 21:30 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんFAQ 年金額 編4

<問1> 今年で63歳となる会社員です 今年度末で定年退職予定ですが、4月以降も嘱託勤務で会社側からの誘いがあります 悩みは給与の額です 給料が下がったら年金額に影響が出ると思いますが、最後が大幅に下がれば年金額も下がりますよね?

 <答1> 年金額は最後の標準報酬月額で決まるものではありません 報酬比例部分については一番最初から最後までの厚生年金保険料(平均標準報酬(月)額)と加入月数で計算されます なお、定額部分は給料に関係なく月数で決まる部分です(月数の上限あり)

<問2> 質問です 国民年金の免除をした場合と納付をした場合の年金額の差はどれくらいですか?

 <答2> ひと月全額免除をした場合は、老齢基礎年金が年間で550円のプラス、ひと月納付をした場合は、老齢基礎年金が年間で1650円のプラスとなります その差は1,100円です もし、12か月全額免除した場合と12か月納付した場合の差は13,200円となります

<問3> 東京と佐賀で年金額の差はありますか?

 <答3> ありません 算式も変わりません ただ、厚生年金の報酬比例部分の基礎となる報酬月額(平均)は地方によって若干の差がありますので、その分差がつくことはあります(各手当も報酬月額に含まれるため)
最終的には個人個人の標準報酬月額の差となります

by nenkin-matsuura | 2009-01-26 21:52 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 51

◇ 海外在住者のねんきん特別便

海外に在住している方にも、基本的には日本国内に住んでいる方と同じようにねんきん特別便は送付されます
現役の加入者(国民年金の任意加入被保険者、第2号被保険者など)については、海外の住所地や事業主を経由して送付されます
年金をすでに受給している方にも、海外の住所地に対して送付されます
問題は海外の住所地が、社会保険庁において把握できていない場合(基礎年金番号がない方も含む)には発送されないという点です
この場合は本人または家族などの日本在住者(協力者)からの申し出が必要となります
海外在住者で基礎年金番号がなくて、年金を受給できないと思っていたら番号が複数見つかり、カラ期間を足して受給に結びつく例もあるので、すべての人に対して年金加入記録の確認を取るには、現地や日本での協力者の受け渡し(パイプ)が必要となります(^_-)db(-_^)

by nenkin-matsuura | 2009-01-25 15:12 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

セミナー的な

d0132289_0335747.jpg佐賀県社会保険労務士会のセミナーに参加しました

「労働契約」を柱とした

講演を、3つ聴かせていただきました

内容は、労働契約と社労士を絡めたもので

難しそうというか、難しかったです。

しかし、今日の風は今年度一番の冷たさでした

さらには、24日の最低気温が、、、

マイナス五℃と予報されてます。

(水道凍るっちゃないかな。早く寝よう。)

by nenkin-matsuura | 2009-01-24 00:56 | ねんきん以外で | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その29

“受給資格期間を問われない年金”

極端な話、1か月しかかけていないのにもらえる年金が存在します
それは、「企業年金(厚生年金基金)」です
年金の加入月数が不足して老齢年金がもらえない人でも、厚生年金基金のある会社に勤めていて1か月でも厚生年金基金を掛けていれば年金を受給可能なのでお得といえます(ただし、基金が代行返上した場合を除く)
例えば、
・現在71歳、男性
・厚生年金保険を37月掛けている
・それ以外は年金を掛けておらず、カラ期間もない
この例の場合でも37月掛けている厚生年金保険のなかに厚生年金基金の加入期間があれば、国の年金は受け取れませんが、企業年金連合会より年金を受け取ることができます

by nenkin-matsuura | 2009-01-23 00:44 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

help-障害年金の手続き 第27回

病歴・就労状況等申立書 記入例 裏下部 ‐糖尿病性腎症編‐
d0132289_20513871.jpg

上部は障害認定日のころの状況でしたが、下部は現在の就労状況について記入します
①就労していた場合
②就労していなかった場合
のどちらかを記入し、記入しなかったほうは斜線で消しても構いません
②のアの欄は当てはまるものは複数マルをつけても構いません
右下の④は病院の月ごとの受診回数を記入します
最下段は、住所・氏名・電話番号を記入します
本人自ら記入する場合には押印を省略できます
※代理人が記入した場合には、本人との関係(妻など)を記入します その場合は押印が必要です

by nenkin-matsuura | 2009-01-22 21:45 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback