<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 48

◇ 厚生年金より国民年金が多いのは?

よく質問されることのひとつに「国民年金のほうが厚生年金より多いのは?」があります

例えば、昭和16年12月31日生まれ・女性・厚生年金保険を30年国民年金を10年(1号5年、3号5年)かけている もらっている年金は老齢厚生年金450,000円、老齢基礎年金(国民年金)792,100円

上記の例だと厚生年金より国民年金が多くなっています
厚生年金は30年、国民年金が10年なので国民年金が多いのはナゼ(‥?)

じつは、60歳代前半に受給していた特別支給の老齢厚生年金の半分を占める定額部分が、
65歳を過ぎると老齢基礎年金(国民年金)のなかに入ってくるので厚生年金が減り、国民年金が増えたことによって、「国民年金のほうが厚生年金より多いのは?」という現象が起こっているのです 厚生年金保険を掛けた期間は、老齢厚生年金にも老齢基礎年金にも反映されてますのでご安心を(^O^)v 老齢基礎年金が多いと遺族厚生年金を受給する時に有利となります

by nenkin-matsuura | 2008-12-31 20:33 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

神戸在住

d0132289_13791.jpg何度でも読み返している本です

神戸在住の大学生が主人公の話

なんというか、エッセイ風で、

コマの間に主人公の心象などが

描かれていて読みごたえがある。

桂っち、友田さん、帆津ちん、

羽生さん、流さん、森君と

ナイスキャラがほかにも

わんさとでてきて、

(第3巻の震災の話はおすすめ)

泣ける話、笑える話、ほのぼのする話、などなど

お気に入りの全10巻です(講談社アフタヌーンKC)

(基本的に1話完結の話なのでどこからでも読めます)

by nenkin-matsuura | 2008-12-30 13:42 | お気に入り | Trackback  

年金証書のあれこれ(基金の月数)

年金の裁定請求手続きが終わって1~3か月で送付されてくるのが年金証書です。年金を受給している「あかし」となります 基礎年金番号や年金コード受給権取得の日などが載っています 年金額も記載されていますが受給権発生時点の額が乗ります(年金の裁定手続を遅くするとその途中の経過の年金額も(最大5年分まで)記載されます)
 その年金証書の中で真ん中右のほうには月数が載っている欄があります
例えば、
平成15年3月までの   1~4種  120
平成15年4月以降の   1~4種
平成15年3月までの基金1~3種  252
平成15年4月以降の基金1~3種
と記載されている場合は、実期間372月のうち252月が基金に相当し、120月分の報酬比例部分の年金は社会保険庁から支給され、252月分の報酬比例部分(代行部分)は各基金から支給されます
基金の月数が多い人ほど年金証書真ん中左のほうに記載される年金額は少なくなります

by nenkin-matsuura | 2008-12-29 13:33 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきんFAQ 保険料 編2

<問1> 厚生年金の保険料が、安くなることってあり得ますかね?

 <答1> 標準報酬月額等級が下がれば保険料も安くなります。たとえば標準報酬月額が240,000円の人の保険料は、18,420円(被保険者負担分)ですが、標準報酬月額が200,000円に下がると保険料も15,350円(被保険者負担分)と下がり安くなります

<問2> 保険料(国民年金) はいつまでに払えばよいですか?また払わなかった場合は?

 <答2> 2年間が時効です。例えば、平成18年11月分の保険料は、平成20年12月末が納付期限となります。 払わなかった分については、老齢基礎年金が少なくなります また、遺族年金や障害年金の保険料納付要件(受給資格期間)にも関わってきますので、納付が難しい場合は、免除を申請するのも一つの手です(免除された期間は、保険料納付要件にプラスされます)

<問3> 厚生年金の保険料って4,5,6月の平均で決まりますよね。その間給料を少なくすれば(1年間の)保険料は安く済むのでは?(20代・事務員)

 <答3> 確かに厚生年金保険の保険料は4・5・6月の報酬の平均によって算出されますが、年の途中でも報酬が昇降給以降の3か月平均が2等級以上の差が出た場合にも標準報酬月額の改定が行われます(随時に改定が行われることから随時改定と呼ばれます)

by nenkin-matsuura | 2008-12-28 18:28 | ねんきんFAQ  | Trackback  

φ(.. )書類の書き方 二十八

〆(.. )老齢・障害給付 加給年金額支給停止事由該当届 様式230号
d0132289_14191790.jpg老齢年金や障害年金に加算されている配偶者加給年金を停める必要がある時に提出する用紙 ニイサンマルとも呼びます
オレンジ色の枠
 現在加給年金をもらっている人の基礎年金番号・年金コード・生年月日を記入します
黄緑色の枠
 年金を受けることとなった配偶者の氏名・生年月日・年金の名称・制度名・年金コードや記号番号・受けることとなった年月日を記入します
※年金の名称とは、障害厚生年金や退職共済年金(240月未満は除く)など、制度名とは、私立学校教職員共済や国家公務員共済組合など
の欄
 空白のままでよいです
紫色の枠
 記入した日・住所・氏名・電話番号を記入します なお、押印は自ら記入した(直筆)の場合は省略できます

配偶者がもらうこととなった退職共済年金の計算の基礎が240月以上のものだと、厚生年金にプラスされていた配偶者加給年金が停止となるため、共済の支給額が決定した日などがわかる書類を添えて社会保険事務所へ提出します スケジュール上過払いが発生することもあります

by nenkin-matsuura | 2008-12-27 14:37 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

2008年、「旅」ランキング

ちょっとした一人旅の

カテゴリ「旅」で訪れた中から

勝手にベスト4を発表します。



【1位】 「有田陶器市2008」

【2位】 「うきは市へ、彼岸花がとてもきれいでした」

【3位】 「2008佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」

【4位】 「棚田をパチリと撮ってきました。」


1位以外は、初めて訪れたところでした

いずれも自分にとって、やんごとなきスポットであります
(ただ、歩く距離がどれも半端ないです)

ラ・モンゴルフィエ・ノクチューンと彼岸花めぐり&ばさら祭は機会があればまた行きたい。
(もちろん、7年前から通っている有田陶器市は来年も必ず。)

by nenkin-matsuura | 2008-12-26 14:02 | | Trackback  

ねんきんQuiz-第44問

Q 「第三者行為事故状況届」が必要になる場合は?                    ☆☆
① 死亡者の妹が未支給年金の請求をする時
② 退職共済年金の裁定請求に添付するため年金加入期間確認通知書を請求する時
③ 通勤途上の自動車事故により、障害厚生年金を請求する時
d0132289_074386.jpg

              A ③ 通勤途上の自動車事故により、障害厚生年金を請求する時
point 列車事故、自動車事故、傷害事件などにより、遺族年金や障害年金を請求する際には「第三者行為事故状況届」の添付が必要です なお、自損事故の場合でも必要です ①は、第三者から生計同一の証明が必要になる場合があります ②の請求時に第三者行為事故状況届は必要ありません

by nenkin-matsuura | 2008-12-25 00:43 | ねんきんQuiz | Trackback  

退職共済年金のあれこれ

「退職共済年金」はおもに公務員が受給する年金で、2階部分の年金にあたり、厚生年金保険でいうところの老齢厚生年金の老齢の部分を「退職」に置き換えた年金となります
老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金を含む)との比較してみると似ているようで違っている点もあります
老齢厚生年金にない制度としては、『職域部分』が挙げられます 報酬比例部分に加算されるので3階部分の年金といえるお得な部分です
一方、老齢厚生年金と比べて、損な部分も存在します それは、特別支給の退職共済年金の『女子の支給開始年齢』です 男子と同じ年齢となります たとえば、昭和23年12月24日生まれの女性の場合は報酬比例部分が60歳から、定額部分が64歳となります(特別支給の老齢厚生年金においては上記の例と同じ日に生まれた女性の場合は、報酬比例部分60歳、定額部分62歳ですので、定額部分は厚生年金のほうが2年早く受給できます)
現在、厚生年金と共済年金は一元化が案としてある状態です

by nenkin-matsuura | 2008-12-24 20:52 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 47

◇ 3号特例と初診日

国民年金の3号特例(記録上は$のマーク)中に初診日がある障害年金の請求は要注意です
3号特例は納付として扱われる期間ですが、障害年金の初診日においては未納と扱われます
3号特例は「届け出を出した翌月から納付として扱われるためです」

例えば平成2年5月から平成10年3月までが3号特例期間とします
初診日が平成6年12月23日だとすると、平成2年5月から平成6年10月まで(初診日の属する月の前々月まで)の期間は障害年金の保険料納付要件を見るときの月数には算入されませんw(°O°)w 今現在の記録でみるともちろん、平成2年5月から10年3月までは国民年金の納付済み期間として扱われますが、初診日時点では未納として扱われるのです
実際3号特例期間が過去にあり、障害年金の保険料納付要件を満たさずに障害年金を受給できなかったという例はあります
届け出の翌月から納付済みとされる3号特例ですので、3号の届け出忘れがあればすぐにでも提出したいところです (障害年金の保険料納付要件の話だけではなく、将来の老齢年金には結びつくので)

by nenkin-matsuura | 2008-12-23 16:27 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんnews 2008年12月号 

厚生労働省は20日、国民年金保険料を2009年4月に08年度の月額1万4410円から250円引き上げ、1万4660円とすることを決めた。年間では3000円の増。一方、給付は国民年金、厚生年金とも据え置く見通し。
 国民年金保険料は17年度まで毎年、04年時点の貨幣価値で280円引き上げることが決まっている。しかし、昨年は物価が伸びず賃金変動率もマイナスだったため、引き上げ幅は30円少ない250円にとどまった。


平成21年4月から国民年金保険料は250円増、給付は据え置かれる
(被保険者が支払う額は250円アップ、年金受給者がもらう額はそのまま) 

国民年金も(厚生年金保険のように)等級を定めて、掛けられるというのも有りかもしれません
(保険料が払えないという人がいる一方、もっとかけたいという人もあるため) 
ある人は安い等級の5千円をかけ、ある人は高い等級の3万円をかける。その分給付には差をつける(ただ、最低保証は設ける)
保険料と給付水準の関係は、経済状況が絡むので、難しい点があります。

by nenkin-matsuura | 2008-12-22 00:34 | ねんきんnews | Trackback