<   2008年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

お気に入りのお茶。

d0132289_16304938.jpgお茶が好きです。

某ショッピングセンター内にある「お茶の山口園」は7年ぐらい前からお世話になっています

写真は「玉露 湛翠 明」。まったりしていて冷まして飲むとうまいです

お茶の山口園は、品定めしている最中に素早くお茶を出してくれるのですが、それがまたうまい。

熱いお茶は苦手なので、湯のみにそそいで30分以上たってから、飲んでいます((( ^_^)且~~

by nenkin-matsuura | 2008-11-30 17:31 | ねんきん以外で | Trackback  

繰下げのあれこれ

繰下げは、65歳以降に年金の受給を遅らせることによって、年金の額を増額させる制度です
昭和16年4月1日以前生まれの方と、昭和16年4月2日以降生まれの方で相違する点があります
「支給率」と「受給年月(単位)」が違っています
「支給率」は昭和16年4月1日以前生まれの方のほうが大きくなっています
「受給年月(単位)」は昭和16年4月1日以前は年単位でしたが、昭和16年4月2日以降生まれの方は月単位での繰下げが可能です(最初の1年は待機、その後1月単位で率が変わる)

昭和16年4月1日以前生まれの方が70歳で満額の老齢基礎年金を繰下げ受給すると額は188%の1,489,100円、昭和16年4月2日以降生まれの方が70歳で満額の老齢基礎年金を繰下げ受給すると額は142%の1,124,800円となります
額をみると4月1日以前生まれの方が多くなりますが、1年また1年と我慢する必要がありましたが4月2日以降生まれの方は月単位でできるので柔軟になったといえます
繰下げを希望される場合は、特別支給の老齢厚生年金の受給者は65歳時に送付されてくる裁定請求書のハガキにある繰下げ希望欄にマルを付けます そして66歳以降に受給申出をします(翌月分から額が変わります ただし、支払は2~3ヶ月後です)

by nenkin-matsuura | 2008-11-29 13:34 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきんnews 2008年11月号 

在職者の受給要件緩和
社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の年金部会は19日、今後の年金制度改革に関する中間報告をまとめた。働く高齢者の年金を減額する「在職老齢年金制度」について、本来の年金受給額を含めて月収が28万円を超えると受給額が減らされる現行の要件を緩和し、これに伴い増える必要財源は、現役世代の高所得者の保険料アップでまかなう案を示した。厚生労働省は、中間報告に沿って関連法の改正を目指す方針だ。


現行の60歳代前半の在職老齢年金は総報酬月額(わかりやすく言えば月給+ボーナス÷12)と基本月額(年金額÷12)の合計額が28万円以下の場合だと全額支給し、28万円を超えると額に応じて減額される仕組み
在職老齢年金によって労働意欲を削がれるケースもあると思うので、社会保険方式の継続を前提として在職者の年金減額の緩和(高所得者を除いて)するのはいい案だと思います。

by nenkin-matsuura | 2008-11-28 00:21 | ねんきんnews | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 44

◇ 初診日は、厚生年金保険加入中に

医療機関で診察を受けた際の窓口負担金は、厚生年金保険(健康保険)であっても、国民年金(国民健康保険)であっても同じ額となりますが、なるべく厚生年金保険加入中に診察を受けたほうがよい場合があります 診察といっても初診(その病気・障害で初めて医師の診察を受けた日)が、厚生年金加入中にある必要があります
それは、後々その病気・障害が悪化して障害年金を請求する時に、給付額を左右するものだからです 厚生年金保険加入中が初診日の場合だと、障害厚生年金+障害基礎年金がもらえますが、国民年金(1号・3号)加入中が初診日の場合は、障害基礎年金のみとなります 額にすると約2倍の差がつくこととなります(゜o゜)
もし、体の調子がおかしくなって病院に行く時期と退職(厚生年金保険から国民年金に切り替える)の時期が重なりそうなときは、厚生年金保険(共済組合でも可)に加入している間に医師の診察(初診日)を受けることをお勧めします(ケースとしては、あまりないかもしれませんが、もしものため…)

by nenkin-matsuura | 2008-11-27 20:57 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第41問

Q 障害年金を請求する際、診断書で医師に必ず記入してもらう必要のある欄は?
(肢体の障害用診断書を使用したものとする)                     ☆☆☆☆
① 人口骨頭・人工関節の装着の状態
② 麻痺
③ 予後
④ 補助用具使用状況
⑤ 切・離断
d0132289_1956548.jpg

                                                 A ③ 予後
point 診断書裏面下部にある予後の欄は、傷病・障害の種類にかかわらず必ず記入してもらいます 診断時点において断定できない場合にあっても「不詳」と記載されている必要があります ①の人口骨頭・人工関節の装着の状態は、両側変形性股関節症等により人口骨頭または人工関節の挿入置換を行っている場合は必ず記載されている必要があります ②の麻痺と④の補助用具使用状況は、脳血管疾患による機能障害の場合には必ず記載されている必要があります ⑤の切・離断は、上肢・下肢の切断(離断)による機能障害の場合は必ず記載されている必要があります

by nenkin-matsuura | 2008-11-26 20:39 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 扶養親族等申告書

<問1> 息子(20歳、同居、無職)を扶養していますので、申告したいのですが、息子は精神遅滞(療育手帳B)があります どのように記入すればよいですか

 <答1> 扶養親族欄に息子さんの氏名・特定(マルをつける)・続柄・生年月日・同居(マルをつける)・普(マルをつける)・0万円と記入し 左下の欄は普通1人とし、摘要欄に「〇〇は、療育手帳(程度B、平成〇年〇月〇日交付)」と記入します

<問2> 「現況届」ってなくなった(提出しなくてよい)のでは…

 <答2> 送付されているハガキは現況届ではありません「扶養親族等申告書」といって、年金額が108万円以上(65歳以上は158万円以上)の場合に例年11月中に提出するハガキです たまたま11月が誕生月の人は、「現況届」と間違われる場合もあります

<問3> 私の父の年金についてですが、先日届いた年金の振込通知を見てみると税金が3万ほどかかっているようです 父に尋ねてみると、「前は1万弱ぐらい税がかかっていた」と言っていたので何かの法律が変わったのですか? もしくは父が届をしていないからですか?

 <答3> 扶養親族等申告書が未提出となっている可能性があります 未提出の場合は所得税が多く引かれてしまいますので、未提出となっている年に対応した扶養親族等申告書の提出をすることによって多く引かれていた分は還付されます

by nenkin-matsuura | 2008-11-25 21:38 | ねんきんFAQ  | Trackback  

φ(.. )書類の書き方 二十六

〆(.. )公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
d0132289_1916193.jpg
このハガキを出すことによって各種控除を受けることができます
※ ハガキの面面には、昨年と比べて「変更なし」、「変更あり」を確認する欄があります
なお、初めてハガキが送付されてきた方(老齢厚生年金をもらい始めた年の方)は、変更の有無を問う欄はありません

黄色の枠
 必ず記入する欄
 氏名・押印・フリガナ・生年月日・電話番号を記入します
紫色の枠
 ハガキ表面で「変更あり」にチェックを入れた場合にのみ記入する欄
 扶養親族等が増えた場合は、その人の氏名・続柄・生年月日・同居か別居か・障害・所得の種類、金額を記入します
 逆に扶養親族がいなくなった場合は、なにも記入しなくてよいです(変更ありだが、扶養親族がいなくなった場合など)
 ※一番下の摘要欄には、身体障害者手帳の級や交付日を記入します
  また、扶養親族で住所が別の人がいる場合は、その住所を記入します

ハガキ右上の日付の記入を忘れないように
なお、写真の様式は、社会保険事務所に備えられている様式ですので、実際送付されてくるものとは少し違います


  
 

by nenkin-matsuura | 2008-11-24 19:36 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

紅葉第2弾

有田・陶山神社の紅葉
d0132289_13203183.jpg

有田焼卸団地では、秋の有田陶磁器まつりが開催されていました
会計の時にさらに値引いてくれるのでお買い得です
(「んっ2000円でよか」みたいな感じで1000円未満をカットしてくれたりします)
帰り道に紅葉スポット陶山神社によってきました
(道を教えてくれた2人のおばちゃん(いや、お嬢さん)ありがとう)

by nenkin-matsuura | 2008-11-23 13:43 | | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 43

◇ 戦時中の年金(旧令共済)を請求する際の注意点

戦時中に陸海軍の施設で働いた人のうち一般工員などは、陸海軍共済組合に加入し20年加入すれば年金を受給可能でした 20年に届かずに民間会社などに移った人で昭和17年6月から昭和20年8月までの39ヶ月は老齢厚生年金の定額部分として支給することとなっています(旧令共済といいます)
旧令共済の年金を請求する時は、「履歴申立書」といって、履歴書を大きく縦長にしたような申立書を書かねばならず、採用時・終戦時の本籍地や当時の住所を記入する必要があります 履歴の欄には、どこの工場や施設で働いていたかを記入します 覚えていれば班長や工長の名を記入します 今現在記入しようとすると60数年前のことでなかなか記入するのは大変です(この申立書は、まったく同じ用紙を3枚提出する必要があります 2,3枚目は1枚目の下にカーボン用紙を敷いて複写をしてかまいません)
せっかく旧令共済の年金を申請しても、すでにもらっている老齢厚生年金に含まれていたという話もよくあります すでにもらっているかの確認は年金証書に 旧令期間 〇月 という欄がありますので今から申請する場合は一度確認をしてからのほうがよいでしょう(^_^;)

by nenkin-matsuura | 2008-11-22 00:43 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

共済年金も宙に浮く?

社会保険庁の宙に浮いた年金記録は主に厚生年金保険それと国民年金のことを指します
「共済年金は手厚く守られているんでしょう」という意見を聴くことがありますが、共済年金も宙に浮く(基礎年金番号に統合されないでいる)ことはあり得ます 平成9年前に共済組合に加入し、平成9年前に共済組合を退職した場合です 
社会保険事務所で記録を調べても共済の記録は出てきません 各種共済組合(地共済や国共済など)に問い合わせる必要があります 普通は「年金加入期間確認通知書」を各種共済から取り寄せることによって、基礎年金番号のなかに記録を統合することができます 
平成9年以前の共済組合の記録は、国民年金や厚生年金保険のように10桁(4桁+6桁)からなる年金の番号は無いのです もし、平成9年時点で共済組合に加入していた方の基礎年金番号の上4桁は9000番台から始まる番号となります(遺族年金受給者などは例外もあり)

by nenkin-matsuura | 2008-11-21 00:23 | 年金 あれこれ | Trackback