<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

ねんきんFAQ ねんきん特別便 編3

<問> ねんきん特別便に関する届け出をしたいのですが、普段は忙しくて時間が取れません 代わりに子供が手続きをしてもかまいませんか

 <答> 手続き(記録の確認・追加)は、代理人(配偶者・子)でも可能です 代理人が社会保険事務所へ行くときは、本人の年金証書・認印・委任状・代理人の身分証が必要です もし本人が委任状を掛けないときは、要介護認定の通知や身体障害者手帳、及び家族であることがわかるもの(保険証・住民票)が必要です

<問> ねんきん特別便に記載の住所が違うのはなぜ

 <答> もし第一次名寄せで送付されたねんきん特別便だと平成19年11月21日時点のものとなっています もし年金の受給者で住所が変わった場合は住所の変更届も出す必要があります なお、「年金特別便 年金記録のお知らせ」の右上に作成年月日が載ります

<問> 履歴の欄に漏れている会社を書きたいが入らない(枠が足りない)…

 <答> 便箋などの別紙に記入してもかまいません 年金加入記録回答票見本はこちら

by nenkin-matsuura | 2008-06-10 21:11 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その⑲

“月末日マイナス1日のお得”

30日退職(30日までの月は29日)となるか31日退職となるかで、年金は大きく違ってきます

年金受給者の場合だと30日退職は、在職老齢年金の適用が1月分減って年金受給が早くなりお得です 31日退職の場合だと翌日の1日が喪失日となり実際の退職日の翌月まで、在職扱いとなりますので1月分長く在職老齢年金が適用されることとなります あと60歳以降だと国民年金を掛けなくてよいので、1ヶ月分の保険料も浮いてお得となります

ただ1ヶ月分、厚生年金保険をかけなくなるのでほんの少し将来の年金額が下がります それと配偶者が第3号被保険者の場合の1カ月分の国民年金(第1号被保険者としての)を掛けなければいけません

標準報酬月額が高い人ほど、喪失日を1日繰り上げて月の末ではなく月の途中での退職とし、その月の保険料を浮かるとともに在職老齢年金を回避するというメリットがあります

by nenkin-matsuura | 2008-06-09 21:36 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第26問

Q 次のうち脱退手当金を受けることができるのは?                     ☆☆
① 昭和18年4月1日生まれ 厚生年金保険を10年掛けている
② 昭和16年4月1日生まれ 厚生年金保険を現在も掛けている 
③ 昭和15年6月8日生まれ 厚生年金保険を5年掛けている
ねんきんQuiz-第26問_d0132289_2024246.jpg

               A ③ 昭和15年6月8日生まれ 厚生年金保険を5年掛けている 
 point 原則、昭和16年4月1日以前生まれで、厚生年金保険を5年以上(女子の特例は2年)かけている必要があります 厚生年金保険を掛けている最中の場合は、脱退手当金を受給できません 

by nenkin-matsuura | 2008-06-08 20:44 | ねんきんQuiz | Trackback  

ブログ de 健康保険 12

★ 埋葬料埋葬費家族埋葬料

被保険者本人が死亡したときは、50,000円の埋葬料が家族に支払われます
家族とは、死亡した被保険者に生計を維持されていた人で、生計費の一部を維持されていた人も含みます 被扶養者でなくてもよく、同居している必要もありません
被保険者に家族がいないときには、埋葬を行った人に、埋葬料の額の範囲内で埋葬費として支給されます

被扶養者となっている家族が死亡した場合には、家族埋葬料として被保険者本人へ50,000円が支給されます

死亡については、たとえ自殺やけんかによるものであっても、埋葬料(費)・家族埋葬料は支払われます

※業務上や通勤災害での死亡の場合は健康保険の埋葬料ではなく、労災保険の葬祭料、または労働基準法に基づく葬祭料が支給されます

by nenkin-matsuura | 2008-06-07 20:24 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

広島でつけめんを食べました。

広島でつけめんを食べました。_d0132289_2215581.gif

広島風つけ麺は、広島市中区の一瑞(いっすい)にて。
野菜がシャキッとして、たれはピリッとして、サラッと食べられます。036.gif

建物は、縮景園(しゅっけいえん)。池の周りにいろんな建物があります。

右下は広島城。外国の方がたくさんいました。

by nenkin-matsuura | 2008-06-06 22:48 | ねんきん以外で | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 23

◇ 65歳時の選択申出書の提出

障害年金の受給者で他の種類の年金(老齢・退職、遺族)の受給権もある方は、65歳時に「選択申出書」(201号・202号)を提出することによって、年金を選ぶことができます(・o・)

2級以上の障害年金だと、65歳以降は、老齢厚生年金や退職共済年金や遺族厚生(共済)年金と併給できます(^^♪ 

併給できる組み合わせの例をあげてみると、
・障害基礎年金 + 老齢厚生年金
・障害基礎年金 + 遺族基礎年金
・旧法の国民年金の障害年金 + 老齢厚生年金(新法)
・旧法の国民年金の障害年金 + 遺族共済年金(新法)
・障害基礎年金 + 退職共済年金 + 老齢厚生年金
・障害基礎年金 + 遺族厚生年金の3分の2 + 老齢厚生年金の2分の1
など、このほかにも組み合わせは多数あります

労災や税金を考慮して1番有利な年金を選ぶために、障害年金を含めた複数の種類の年金の受給権がある人は、65歳になったら「選択申出書」の提出をしましょう
※なお障害年金が停止となっていた場合は、医師の診断書が必要となる場合があります

by nenkin-matsuura | 2008-06-05 22:09 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金加入記録について その⑳

社会保障協定締結国年金加入記録について その⑳_d0132289_20371455.jpg

社会保障協定を締結した国との間では、「二重加入の防止」と「年金加入期間の通算」ができます

協定発効済の国は、
ドイツ イギリス 韓国 アメリカ ベルギー フランス カナダ

署名済(準備中)の国は、
オーストラリア オランダ チェコ

交渉中の国は、
スペイン

交渉準備中の国は、
イタリア アイルランド ハンガリー
です
5年以内と見込まれる、日本の事業所からの一時派遣の場合は、引き続き日本の年金の加入となります

by nenkin-matsuura | 2008-06-04 22:09 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきんFAQ ねんきん特別便 編2

<問> 遺族年金を受給中の祖母に(祖父の記録)ねんきん特別便が送付されてきました 年金加入記録回答票は誰の氏名・生年月日を記入したらよいですか?

 <答> 年金加入記録回答票にはお祖母さんの氏名と生年月日、住所を記入します もしお孫さんが記入し提出する場合は、上の欄にお祖母さんの氏名・生年月日・住所を、下の方の代理人の欄に、お孫さんの氏名・連絡先・住所を記入します
※年金加入記録回答票見本はこちら

<問> 年金記録のお知らせには徴用の記録が載っておりませんが…

 <答> 徴用や挺身隊などで旧令共済組合の記録は、ねんきん特別便には載りません

<問> 年金履歴の下の方にあるカッコ書きの数字は何でしょうか?

 <答> 下の方の⑨厚生年金保険の月数の下にカッコ書きで数字があるのは、厚生年金基金の加入月数です 厚生年金基金があれば基金から年金が支払われます もし、基金が代行返上していたらその基金の月数はカウントされません (遺族年金になると基金も含めて社会保険庁から年金が支払われますが、ねんきん特別便には基金の月数は別途にカッコ書きで記載されます) 

by nenkin-matsuura | 2008-06-03 21:58 | ねんきんFAQ  | Trackback  

φ(.. )書類の書き方 九

〆(.. )国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書(101号) 1ページ目
φ(.. )書類の書き方 九_d0132289_20295446.jpg老齢基礎年金や老齢厚生年金を請求する際に提出します 

の欄
本人の基礎年金番号・生年月日を記入します
配偶者がいる場合、配偶者の基礎年金番号・生年月日を記入します

の欄
氏名・性別・※雇用保険番号・住所を記入します
の欄
年金番号が複数ある時や、配偶者の住所が違うときのみ記入します
の欄
希望する金融機関名・口座番号を記入します
ゆうちょ銀行の場合、記号と番号を記入します

の欄
配偶者の氏名を記入します
子は18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある子がいる場合のみ(2級以上の障害があれば20歳までの子)記入します

雇用保険番号…わからない場合は、ハローワークか職場にて確認できます
なお、雇用保険番号がない場合もあると思いますので、ないときは事由書という用紙を記入します

by nenkin-matsuura | 2008-06-02 20:59 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その⑱

“在職中の停止でも、得な場合”

60歳以上の方で老齢年金の受給権があり、在職中(厚生年金保険に加入)の場合、給料(総報酬月額)に応じて年金額が減額となる場合があります

在職中で年金額が減額となって、得な場合といえば配偶者加給年金が絡んだ時です

お得となる例は、夫婦とも240月以上厚生年金保険を掛けている場合で、片方が在職中で全額停止となっている場合で、定額部分の支給開始年齢に達しているときです
全額停止となっていることがポイントなので、1円でも厚生年金保険(65歳以降は、経過的加算を除く)が夫婦ともに支払われていると、加給年金はともに付かなくなります

例えば、在職老齢年金によって全額停止中の方が、給料を落として、月2万円年金が支給可能となっても、その代り配偶者についていた加算(3万3千円)が、付かなくなると、
20,000円-33,000円=-13,000円となり、かえって全額停止の時がよかったということになりかねません

夫婦ともに240月以上かけていて、一方が在職中で全額停止の場合は、配偶者加給年金が付くのでお得です

by nenkin-matsuura | 2008-06-01 18:48 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback