<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その⑯

船員保険のお得な点”

 57歳から受給できる年金があります それは船員保険といって一定の要件を満たせば報酬比例部分+定額部分を受給できます 通常昭和23年4月生まれの男性だと報酬比例部分は60歳から、定額部分は64歳からなので57歳から受給できる点はとてもお得です(ただし在職老齢年金の規定は適用されます)
 
さらにお得な点は、昭和61年3月までの期間は実際の期間を3分の4倍し、昭和61年4月から平成3年3月までの期間を5分の6倍するという点です
 例えば、昭和61年3月までが9年、昭和61年4月以降船員としての期間が7年あれば…
(9年×4÷3)+(5年×6÷5)+2年=12年+6年+2年=20年とみなされます
15年掛けた船員保険が、20年掛けた厚生年金保険とみなされます

船員保険の被保険者とは…
船員法第1条に規定する船員として船舶所有者に使用される人は、船員保険の被保険者とされます(次の船舶に乗り組む船長、海員、予備船員)
1.船舶法に定める日本船舶
2・日本船舶以外の船舶で、日本人もしくは日本法人が借り入れ、または外国の港まで航海を請け負った船舶、日本政府が配乗を行っている船舶等

by nenkin-matsuura | 2008-04-30 21:31 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

いろいろ食べました。

d0132289_0152564.jpg

068.gif山芋鍋焼き風、チーズピザ、サーモンサラダ、ホルモン鍋焼き

左上の山芋が焦げてカリカリとした調のものが(品名は思い出せず)おいしかった。
あと写真はないですがピーチソーダがおいしい、しゅわわっとして。
店内は個室風でした。
今日は、サラリーマンだらけでした。

居酒屋 金柑 北口店にて

by nenkin-matsuura | 2008-04-29 00:41 | ねんきん以外で | Trackback  

ねんきんFAQ年金の申請(特別支給の老齢厚生年金)編2

<問> 60歳3か月前に裁定請求書が届きましたが私は64歳から受給しようと思っています… 提出は後でもよいですか?

 <答> 60歳になったら提出をします 60歳から権利が発生する「特別支給の老齢厚生年金」は、後から申し込みしても増えたりはしません 出す時期によって率が変わるのは繰上げです

<問> 裁定請求書最後のページ扶養申告の欄の書き方がわかりません

 <答> 扶養申告の欄は年金額が108万円以上の場合で退職をしている場合のみ記入します 該当する場合は扶養している家族名を記入します 扶養親族とできるのは合計所得が38万円以下の場合です なお印は必ず押印します 

<問> 裁定請求書の提出は地元以外の社会保険事務所でもできますか?普段は他県にいることが多いもので…

 <答> 手続きはどこの社会保険事務所でもできます 提出後、住所地か勤務先管轄の社会保険事務所へ回送されます 

  

by nenkin-matsuura | 2008-04-28 00:29 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ブログ de 健康保険 10

★ 出産育児一時金
被保険者が出産したときは健康保険より出産育児一時金として、また被扶養者が出産したときは家族出産育児一時金として、1児ごとに350,000円が支給されます

申請には、医師、助産師の出産証明または市区町村長の出生証明等を受けます

出産貸付事業
出産費用に充てるため、一時金の8割相当(28万円)を早めに受けることができます


※出産育児一時金の対象となる出産には、妊娠4か月以降の生産(早産)のほか、死産(流産)、人工妊娠中絶も含まれます

by nenkin-matsuura | 2008-04-27 12:48 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

φ(.. )書類の書き方 五

〆(.. )支払通知書(預入)・振込通知書 再発行申請書d0132289_2051281.jpg
振込通知書は、毎年6月や2カ月に一度の振込額が変わったときなどに送付されてきます 

もし再発行を希望の場合に、記入して提出します




の欄
 基礎年金番号・年金コード、生年月日を記入します
 ※年金コード一覧は、こちら
の欄
 振込先が金融機関の場合1.に丸をつけます
 振込先が郵貯銀行の場合2.に丸をつけます
の欄
 住所、氏名、電話番号を記入します、印は認め印で構いません 

by nenkin-matsuura | 2008-04-26 21:05 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 19

◇ 繰上げをした場合で…
 65歳からの基礎年金を前倒しで受給できるお得な繰り上げですが、厚生年金保険を1ヶ月以上11か月未満掛けている方は要注意です

 例えば厚生年金保険を6か月掛けている方が60歳から繰上げをした場合、6か月の厚生年金は65歳からの受給となります さらに注意すべきは、その6か月の厚生年金は65歳時に申請をしなければプラスされない点ですq(°o°)p 自動的には加算されず「老齢基礎年金受給権者 老齢厚生年金裁定請求書(様式233号)」を65歳時に提出しなければなりません


 繰上げをした場合で厚生年金保険を11か月未満掛けている場合は要注意!

 「もらい忘れの無いように!」
 
 

by nenkin-matsuura | 2008-04-25 20:54 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その⑮

“障害年金受給者は法定免除で”

 障害年金の受給権者であっても60歳までは年金制度に加入しなければなりません
厚生年金保険・共済年金を掛ける、あるいは国民年金の第3号被保険者となるということが考えられますが、それ以外は国民年金を掛けるか免除をするかとなります
 国民年金の免除には所得の要件がありますが、障害基礎年金の受給者は、所得要件なしで法定免除となります(ただし、申請が必要です)
 国民年金を掛ける方法もありますが、将来を考えると、国民年金(老齢基礎年金)と障害基礎年金はどちらかを選択となるので、国民年金を掛けるより、法定免除を申請していた方がお得となります

by nenkin-matsuura | 2008-04-24 21:41 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

年金加入記録について その⑱

d0132289_2012934.jpg姓が変わった人は要注意

・結婚して姓が変わった人
・養子になり姓が変わった人
・宗教上の理由で姓が変わった人(僧侶など)
・芸名で年金を掛けていた人

など、
名寄せ作業は現在の姓にて行われるため、平成8年12月以前に姓名を変更された経験がある方は、要注意です(「宙に浮いた年金記録」のうち500万件を超える記録が旧姓での記録と見込まれています)

by nenkin-matsuura | 2008-04-23 20:28 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の申請(特別支給の老齢厚生年金)編1

<問> 裁定請求書が届きました、いつ頃までに提出しなければいけないですか?

 <答> いつまでにということはないですが、60歳の誕生日の前日以降に提出します 例えば昭和23年4月24日生まれの方は、平成20年4月23日以降に提出します なお、時効は5年間なので60歳が来たら在職中の方でも早めに提出するのをおすすめします

<問> 住民票コードを記入しましたので、戸籍や住民票の添付は省略できますか

 <答> はい、ただ住民票コードのみでよいのは単身の方です 厚生年金を20年以上かけていて配偶者がいる場合や、20年未満だけど配偶者に加給年金が付いている場合等は住民票コードだけではなく、戸籍謄本・世帯全員の住民票・所得証明書が必要です

<問> 書類が届きません、友人は届いているようですが…

 <答> 60歳時に裁定請求書が届くのは厚生年金保険を12ヶ月以上かけていて、受給資格期間(300月)を満たしている場合です 満たしていても届かないのは、厚生年金の番号が別番号である場合(複数ある場合)や住所が前の住所になっている場合等です 裁定請求書は社会保険事務所の窓口でも入手できます

by nenkin-matsuura | 2008-04-22 21:19 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その⑮

第3号被保険者はやっぱりお得”

第3号被保険者は配偶者が厚生年金保険や共済年金に加入していて、被扶養配偶者となっていると国民年金を掛けたものと同じに扱われるためにお得です
年収が130万円未満の方が3号の対象です
昭和61年4月から始まった制度です

第3号被保険者というと主婦とのイメージが強いですが、妻の扶養に入っているも3号となることが可能です また、内縁関係の配偶者も要件を満たせば3号となることができます

お得なのは保険料は被保険者の1人分でよく、被扶養者の方は国民年金と健康保険が掛けた人と同じ扱いとなります(20年度の国民年金保険料は14,410円です)
注意点としては相手(被保険者)が原則65歳までが対象で、65歳以降も勤めていたとしても、その被扶養配偶者は第3号被保険者となることができず、国民年金を自分で掛けなければいけないようになります(健康保険は引き続き被扶養者となることができます)

by nenkin-matsuura | 2008-04-21 21:14 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback