カテゴリ:年金アドバイスv(∩.∩)v( 555 )

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 555(老齢基礎年金の請求と年金生活者支援給付金の請求)


◇ 老齢基礎年金の請求と年金生活者支援給付金の請求


65歳になり老齢基礎年金を請求する際には、年金請求書と同封の年金生活者支援給付金請求書を同時に提出します。(65歳まで特別支給の老齢厚生年金を請求していなかった場合を含む)

年金生活者支援給付金の支給要件としては世帯全員の市町村民税が非課税であることなどの要件があります。(′ – ′)

請求手続き後、審査を経て10月ごろに通知書が届きます。

なお、支援給付金は年金と同じ口座への振込となります。

by nenkin-matsuura | 2019-05-22 00:17 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 554(年齢到達以外の受給権発生日)


◇ 年齢到達以外の受給権発生日


老齢基礎年金などの老齢の年金は一定の年齢(65歳の誕生日の前日など)に到達した日などで受給権が発生します。

年齢到達以外の受給権発生日としては、以下のようなケースがあります。φ(。・ω・。 )

・法改正によるもの
 例えば、平成27年10月1日(一元化による)や平成29年8月1日(短縮施行による)など。

・支給開始年齢到達後に受給資格期間を満たした場合
 例えば国民年金保険料の納付などにより120月に到達した場合など。(仮に、5月で満たした場合は6月1日に受給権が発生。)

by nenkin-matsuura | 2019-05-16 00:14 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 553(一部免除と死亡一時金)


◇ 一部免除と死亡一時金


第1号被保険者として国民年金保険料を納付した月数が36月以上ある人が、老齢基礎年金や障害基礎年金を受給しないまま死亡した場合は、条件を満たした遺族に対し、死亡一時金が支給されます。φ(・c_・ )

もし、第1号被保険者として一部免除(一部納付)の期間があるときは、それぞれ以下のように計算します。(死亡一時金の額は、納付月数に応じ12万~32万までとなっています。)

・4分の1免除(4分の3納付)
 … 4分の3として計算

・半額免除(2分の1納付)
 … 2分の1として計算

・4分の3免除(4分の1納付)
 … 4分の1として計算

by nenkin-matsuura | 2019-05-08 00:06 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback(1)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 552(共済組合が絡んだ住所の変更と受取機関の変更)


◇ 共済組合が絡んだ住所の変更と受取機関の変更


共済組合から支給される年金について、日本年金機構と連動する場合としない場合があります。|;´・ω・`|ゞ

・年金受給権者住所変更届
 共済組合等から支給される共済年金については、それと併せて日本年金機構または共済組合等から支給される厚生年金がある場合は、連動して当該共済年金の住所も変更されます。

・年金受給権者受取機関変更届
 共済組合から支給される共済年金を受けている場合は、別途、共済組合へ受取機関変更届の提出が必要です。

by nenkin-matsuura | 2019-05-02 12:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 551(停止となっていた20歳前傷病による障害基礎年金を選択するとき)


◇ 停止となっていた20歳前傷病による障害基礎年金を選択するとき


65歳以降は障害基礎年金と老齢厚生年金の併給が可能ですが、選択による停止となっていた20歳前傷病による障害基礎年金(年金コード6350や2650)を選択するときは、所得証明書が必要となります。(固定ではない場合は診断書が必要となることもあり。)

例えば、
60歳までは障害基礎年金を選択、60歳からは障害者特例として特別支給の老齢厚生年金を選択し、65歳以降に障害基礎年金+老齢厚生年金を選択する場合は‥
年金受給選択申出書+年金請求書(ハガキ)+所得証明書などの添付が必要です。
(・ェ・人)

by nenkin-matsuura | 2019-04-25 02:15 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 550(奇数月生まれと偶数月生まれの初回受取時の額の違い)


◇ 奇数月生まれと偶数月生まれの初回受取時の額の違い


老齢厚生年金や老齢基礎年金などは、誕生月の翌月分からの受給となります。(1日生まれは当月分から)

実際支払いとなるのは、2か月から3か月後になりますが、奇数月生まれと偶数月生まれにより、初回時の額が1か月分又は2か月分の違いが出ます。Σ(゚ロ゚;)

例えば、
Aさん65歳、1月生まれ、老齢基礎年金の受給権あり。
Bさん65歳、2月生まれ、老齢基礎年金の受給権あり。
の場合は‥
Aさんは4月に2月と3月分の2か月分が支払われ、
Bさんは4月に3月分の1か月分の支払いとなります。
ただし、初回の裁定請求の遅れなどによっては、初回時が奇数月(5月など)になることもあります。

by nenkin-matsuura | 2019-04-17 00:12 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 549(旧法の障害年金との選択)


◇ 旧法の障害年金との選択


旧厚年法の障害年金(年金コード0330)と他の年金(老齢厚生年金など)はどちらかを選択する必要があります。(′ – ′)

年金受給選択申出書にて、年金を選択しますが、税金を考慮したり、雇用保険の基本手当の受給中や在職による停止などを含めて、選択することができます。

一方、旧国民年金法の障害年金と老齢厚生年金や遺族厚生年金などは、65歳以降ならば併給することが可能です。

by nenkin-matsuura | 2019-04-11 07:01 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 548(年金請求書と旧姓名の欄)


◇ 年金請求書と旧姓名の欄


年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)には、旧姓名を記入する欄があります。(以前の書式を除く)

旧姓や元性があるときは、同欄に以前の姓名及び改姓改名の時期を記入します。

旧姓や元性(氏名の読み方の違いを含む)により、別番号での年金記録が出てくることもあります。₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎

もし複数の旧姓があるときは、余白などに記入をします。

by nenkin-matsuura | 2019-04-03 00:10 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 547(所定の委任状にて遺族年金の手続きを委任するとき)


◇ 所定の委任状にて遺族年金の手続きを委任するとき


日本年金機構のホームページなどから委任状の様式をダウンロードすることもできます。
(必要事項が記載されていれば、任意様式での委任状でも有効です。)

当該委任状の場合は、網掛けの部分を記入しますが、遺族厚生年金などの請求の場合には、委任状の下部に亡くなられた方の基礎年金番号、委任者との続柄、氏名、生年月日などを記入する欄があります。

相談の際には、受任者の運転免許証などの本人確認ができるものなども必要になります。( ゚x゚)ノ

by nenkin-matsuura | 2019-03-28 00:05 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback(1)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 546(老齢基礎年金を繰上げしていた人が老齢厚生年金を繰下げする場合)


◇ 老齢基礎年金を繰上げしていた人が老齢厚生年金を繰下げする場合


特別支給の老齢厚生年金の受給権者が老齢基礎年金を繰上げて受給していた場合は、65歳時に「年金請求書(厚生年金保険老齢給付)」(緑色の文字と枠のハガキ)が送られてきます。

同請求書(ハガキ)を出すと、本来受給。
同請求書(ハガキ)を出さないと、老齢厚生年金の繰下げ待機(老齢基礎年金は受給)。
になります。

老齢厚生年金の繰下げ希望の場合は、そのあともう一回同じハガキが届きます。繰下げ希望の場合は同2回目のハガキも出す必要ありません。(´。•ㅅ•。`)


by nenkin-matsuura | 2019-03-21 14:55 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback