カテゴリ:ねんきんnews( 150 )

 

ねんきんnews 2008年6月号

 舛添要一厚生労働相は21日、北九州市で講演し、年金制度の見直しに関し、25年以上としている基礎年金の受給資格期間について「どう短縮するか、真剣に検討したい」と述べ、保険料の掛け捨てを防ぐ観点から期間を短縮する考えを明らかにした。

 参考として、主要各国の老齢年金の受給資格期間(最低加入期間)は、
・ドイツ 5年
・イギリス 男性11年 女性9.75年
・アメリカ 10年
・韓国 10年
・ベルギー なし
・フランス なし

 現在、老齢年金をもらうためには、国民年金・厚生年保険・共済年金・カラ期間などを合わせて25年(300月)が必要ですが、短縮によって、未加入期間や未納期間が多くて年金をもらえなかった人も、もらえるようになる可能性が高くなります

by nenkin-matsuura | 2008-06-23 20:15 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2008年5月号 号外

 社会保険庁は26日、全受給者への「ねんきん特別便」の送付を今月中に完了させる方針を、政府の「年金記録問題に関する関係閣僚会議」に報告した。
 また、コンピューターに入力していなかった約1466万件に上る古い厚生年金記録や船員保険記録のうち、基礎年金番号への統合に結び付く可能性が高いと判断した約70万件について、今月末から確認はがきを本人に送付することも報告した。

6月からは、被保険者向け(現役世代)に順次送付され、10月をめどに終了の予定。

ねんきんnews 2008年5月号 号外_d0132289_20573250.jpgねんきんnews 2008年5月号 号外_d0132289_20561382.jpg









3月までの送付対象者へは薄い青色。        4月からは薄い緑色。

「ねんきん特別便」、記入の仕方は、¢(.. )書類の書き方 八 で説明予定です

by nenkin-matsuura | 2008-05-26 21:37 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2008年5月号

日本経団連は14日、基礎年金を保険料方式から全額を消費税でまかなう「全額税方式」への移行を柱とする社会保障改革に関する提言の中間取りまとめを発表した。今秋にも具体的な消費税率などを盛り込んだ最終提言をまとめる方針。(産経新聞より)


基礎年金とは、いわゆる国民年金のことで1階にあたる部分で、皆加入をする


保険料か、税か、は双方のメリット・デメリットをあげて具体的に問題提起すれば、どちらが良いかが見えてくるかもしれません

by nenkin-matsuura | 2008-05-15 22:20 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2008年4月号

 政府の社会保険庁改革で、社保庁が日本年金機構へと衣替えすることに伴う、人員削減計画案が9日、明らかになった。

2005年度末に、約2万3800人いた、社保庁職員を段階的に減らし、2014年度をめどに職員数を1万4800人まで削減を目指す 年金業務は外部委託を推進する

日本年金機構は平成22年1月より発足予定、職員は民間人となり、サービスの向上を徹底する 今年の10月からは全国健康保険協会が発足する

by nenkin-matsuura | 2008-04-09 20:10 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2008年3月号

「ねんきん特別便」が送付されてきても、訂正の必要なしと回答した方への再確認が、都道府県によって処理件数に開きがあることがわかった(産経新聞より)

1月~3月にかけて「ねんきん特別便」が送付されてきた方は本人の記録として非常に高い可能性がある方が対象となっています(同姓同名同生年月日の記録の場合は双方に送付されますので一方の人の記録となります)

 社会保険事務所では、訂正の必要なしと回答した方の場合でも、もう一度再確認で電話や個別訪問による紹介を始めている
今後は作業が遅れている社会保険事務所には人を割いて作業を進める予定

アルバイトのつもりでちょっとだけ出ていたところで厚生年金保険が付いていたということもあります 記録の追加で年金額が増えれば(年金時効特例によって)受給権発生時にさかのぼって年金が返ってきます 年金受給者の方で記録の訂正をするときは「年金証書」と認印が必要です

by nenkin-matsuura | 2008-03-23 00:43 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2008年2月号

舛添要一厚生労働相は7日、社会保険庁が源泉徴収の計算方法を誤って税金を取り過ぎていた問題で「早急に国税庁と調整し、きちんと計算して(税金を)お戻しする」と述べた。

例えば、未払い分の年金5年分、500万円(100万×5年)が還付された際に、100万円×税率ではなく、500万円×税率として税金の計算をしていた この場合受給者は確定申告をして還付を受けていた

今後は国税庁と調整し、還付となる年金全額に対して課税ではなく、年別に内訳を出して
課税するよう検討する また、過去に税金を多くとられた方にも税金の還付する考えを示している

by nenkin-matsuura | 2008-02-07 21:06 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews 2008年1月号

12日福田首相は、世田谷社会保険事務所を訪れ年金の確認作業を視察した

「ねんきん特別便」が3月までに送付されてきた方は、「宙に浮いた年金記録」に該当する可能性が高く、まず年金をもらっている方から確認をお願いしている状態

現場の状態を把握し、重要な課題として取り組んでもらいたいものです

by nenkin-matsuura | 2008-01-13 00:28 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews12月号 号外

 宙に浮く5000万件の年金記録のうち945万件の特定が困難との社会保険庁の調査結果を受け11日午後、舛添厚生労働相は記者会見した
 それと、統合の可能性のある記録とされた1100万件の持ち主と想定される850万人に対して、順次「ねんきん特別便」を送付する方針を公表した

by nenkin-matsuura | 2007-12-12 02:35 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews12月号

「脱退手当金」について、総務省の年金記録確認第三者委員会に「受け取っていない」との申し立てが836件寄せられていたことが4日、わかった 
「脱退手当金」とは退職時に一時金として厚生年金を清算して受け取る制度 現在は廃止されている(一定の要件を満たした昭和16年4月1日以前生まれの方を除く) 
年金を受け取る年齢になった時に記録を確認して「脱退手当金」を受け取っていたことにはじめて気づく方も多いようです 

by nenkin-matsuura | 2007-12-05 20:55 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんnews11月号

21日舛添厚生労働相は記者会見し、その中で該当者不明の年金記録、「名寄せ」完全実施は困難との見解を示した 

「名寄せ」とは… 記録と結びつく可能性のある者を特定すること

大変な作業だと思います

年金手帳を複数持っていたり、転職が多い方は「名寄せ」によって番号の統合が必要になるかもしれません

 社会保険労務士・年金アドバイザーのwebサイト ネットde年金相談でも加入期間の確認代行を行っています (^^ゞ

by nenkin-matsuura | 2007-11-22 23:28 | ねんきんnews | Trackback