カテゴリ:年金加入記録( 159 )

 

年金加入記録について その⑨

d0132289_21192826.jpg  資格喪失日について

           取得年月日  喪失年月日  月数
国年 ○△市   平成 8.5.1   平成 10.4.1   23  
厚年 イロハ㈱  平成 10.4.1  平成 18.3.31   95
厚年 ㈱アイウ  平成 18.4.1             20

一見すると年金記録はつながっているように見えますが…
平成18年3月が未加入となっています
退職の日の翌日が資格喪失日となりますので、この例の場合は3月30日退職となり3月は厚生年金の加入とはなりません 月末退職ではない場合は同月に厚生年金に加入の場合を除き、国民年金の加入となります 
(19年12月現在)この例の場合、18年3月分は国民年金に加入・納付が間に合います  
  

by nenkin-matsuura | 2007-12-18 22:10 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その⑧

d0132289_21462411.jpg第三者委員会について
被保険者加入期間照会申出書(年金加入記録について その⑦で記載)の調査結果で「記録不存在」との回答があった場合で、その回答に異議がある場合、第三者委員会に審査を申し込むことができ、 その際可能な限り保険料納付に関する状況が記載された資料を添付します 資料がなくとも前向きにとらえることができる周辺事情として、国民年金の場合「配偶者等の同居の親族が納付している」等、厚生年金の場合「委託先の社会保険労務士が保管する被保険者台帳等により、申し立て期間に対応する資格得喪が確認できる」等です
 第三者委員会とは合議制の機関で、専門性及び識見の高い法曹関係者、学識経験者、年金実務に精通した者、その他有識者から任命 総務省に設置されている
 国民年金が未納となっており、その間夫はきちんと納付されていて、申し立ての結果、納付と認められた事例もあります。

by nenkin-matsuura | 2007-12-13 21:31 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その⑦

d0132289_0504427.jpg
国民年金や厚生年金の年金加入記録が相違していた場合の対応策としては…
・年金番号がわかっているときは社会保険事務所にて番号の統合をしてもらいます
・年金番号がわからないときは社会保険事務所にて「被保険者加入期間照会申出書」という用紙を記入して調査が可能です 
厚生年金用と国民年金用の照会申出書があります 提出したら後日調査結果が送付されてきます 記録が判明した場合は基礎年金番号に記録が統合されます
もし記録が判明しなかった場合は…
第三者委員会へと確認申し立てが可能です(第三者委員会については、年金加入記録について その⑧にて記載予定です)
 調査を希望する人が多くなり、記録の判明には数カ月かかる場合もあるようです

by nenkin-matsuura | 2007-12-09 01:32 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その⑥

d0132289_1955424.jpg
もし扶養(3号)の記録が漏れていた場合、考えられるのは…
1 他の年金番号で管理されている
2 3号の届け出が出ていない
3 昭和61年3月以前の扶養期間だった

それぞれの対応策として

1 社会保険事務所にて記録を統合してもらう
2 3号の届を出す(2年以上遡るときは特例届け出)
3 加入記録(掛けた記録)としては残らないがカラ期間として通算できる(確認には戸籍が必要)

カラ期間  納付が25年に満たない場合に通算できる期間 昭和36年4月以降海外に住んでいた期間や平
                       成3年3月以前学生であるために国民年金に任意加入し                                      なかった期間など

by nenkin-matsuura | 2007-12-04 21:02 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その⑤

厚生年金の記録d0132289_20215213.jpg
厚生年金は、掛けた月数と掛けた保険料(給料)で年金額が決定します 
社会保険事務所にて被保険者記録照会回答票(資格画面)という用紙を取得できます 
その用紙にいくらの給与で厚生年金を掛けていたかというのが記載されています 平成15年4月からはボーナスからも保険料を徴収することになっているので給料・ボーナスが多い人は徴収される保険料が多くなりますがその分もらえる年金額も多くなります

by nenkin-matsuura | 2007-11-27 20:23 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その④

d0132289_2013858.jpg
年金加入記録を検索する方法は二通りあります 一つは年金番号から検索、もう一つは氏名・生年月日から検索する方法です
今回は生年月日にスポットを当てたいと思います
生年月日が一日でもずれていると記録が統合されずに宙に浮いてしまう可能性があります 例えばの話ですが… 会社に入るために年を上にごまかした あるいは年を若くごまかした… 氏名が一致していても生年月日が相違していると他人の記録と見られる場合があります
氏名と生年月日は年金の加入記録の管理にとって、重要なポイントなのです

by nenkin-matsuura | 2007-11-21 21:12 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その③

「保険会社の説明会に出席、研修を受けた」 「学生時代にアルバイトのつもりで勤めていた」「実家の親が国民年金を掛けてくれていた」d0132289_2202046.jpg 

本人は年金を掛けていた実感がなくても年金の加入記録が残っていたりします 逆に本人は掛けていたつもりが年金は支払われていなかったということもあります 転職や引っ越しが多い方は注意が必要です

年金の加入記録を調べる際はあらかじめ自分の経歴書を作成しておくのがおススメです

by nenkin-matsuura | 2007-11-15 22:19 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その②

d0132289_20252513.jpg社会保険事務所に行くと自分の年金加入記録を調べることができます 記録が抜け落ちていたりしたら調査を頼むこともできます
 しかし共済年金の記録等、調べることができないものもあります 各種共済へ問い合わせることが必要になります
 私自身も郵便局に勤めていた時代の記録を確認したくて 国家公務員共済組合連合会へ電話してみたら…ちゃんと記録は残っていることが確認できてホッとしました

by nenkin-matsuura | 2007-11-12 20:46 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その①

d0132289_23214249.jpg世間を騒がせています 年金加入記録が抜け落ちている要因として、氏名(読み仮名)の相違により基礎年金番号とは別の番号で保管されている場合があります
例えば「江頭幸子」という名前の人がいたとして

・えとうさちこ
・えがしらさちこ
・えとうゆきこ
・えがしらゆきこ

4通りの読み方があります
さらに旧姓が加わると一人の名前で何通りの読み方ができ、別の年金番号に記録が保管されて宙に浮いた状態になってしまう場合があり、注意が必要です。

by nenkin-matsuura | 2007-11-11 23:27 | 年金加入記録 | Trackback