カテゴリ:ねんきんFAQ ( 476 )

 

ねんきんFAQ 保険料編22


<Q1> 給料が20万ほどに下がりましたが…

 <A1> 固定的賃金の変動から4か月目に月額変更届を事業主から提出いただき、それから保険料額が安くなります。(3か月間は以前のまま)

<Q2> 70歳になったら厚生年金保険料は控除されなくなる?

 <A2> はい。70歳以降在職中の場合は、厚生年金保険料は給料より控除されなくなり、健康保険のみの加入となります。

<Q3> 夫の扶養になっているときは厚生年金保険ではないんですか?

 <A3> 扶養となっているときは国民年金の第1号被保険者の扱いになります。

by nenkin-matsuura | 2018-09-25 00:36 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の受け取り編24


<Q1> 支給額変更通知書が来ました。

 <A1> 7月1日に月額変更届により標準報酬月額が下がっていて、7月分の年金額が増えたところ、8月15日の支払いに間に合わなかった差額が9月14日に支払いになっています。

<Q2> 60歳からではなく29年9月からなのは?

 <A2> 60歳時には300月以上なかったため受給権が発生しませんでしたが、29年8月1日の法改正により120月以上で受給権が発生し、翌月の9月分からの受給になります。

<Q3> 退職しましたので年金の受け取りの手続きは?

 <A3> 61歳時に手続きが終わられており、現在は停止中ですが、事業主からの喪失届の後の改定により、自動的に指定の口座へ年金が振り込みとなります。

by nenkin-matsuura | 2018-09-18 00:21 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編26


<Q1> 最近入籍しましたが、加給年金はもらえますか?(68歳)

 <A1> 加給年金の開始年齢の65歳までに、その対象者がいる必要があります。生計維持の開始が68歳の場合は対象外になります。

<Q2> 65歳から配偶者加給年金額をもらえると思うんですが、何か手続きが必要ですか?(64歳)

 <A2> 誕生月にハガキ(年金請求書兼加給金勧奨状)が送られてきたら、お二人の氏名等を書いて提出をお願いします。

<Q3> 今回年金が64,000円ほど下がりました。。

 <A3> 誕生月に送付の生計維持確認届が出ていないときは、配偶者加給年金額がいったん保留となります。今までどおり生計維持がある場合は、提出によりさかのぼって加給年金が支払われます。

by nenkin-matsuura | 2018-09-10 00:18 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金編31


<Q1> 62歳からもらわずに65歳からもらったら?

 <A1> 年金額が増えたりはしません。65歳以降は繰下げにより年金額を増やすことができます。

<Q2> 市町村で登録されているのは、〇〇サワですが、口座名義は〇〇ザワです。

 <A2> どちらかに統一する必要があります。〇〇サワが正しい場合は、金融機関にて口座名義のフリガナの変更をしてください。

<Q3> 雇用保険被保険者番号って‥健康保険証の?

 <A3> いえ、健康保険証ではなく、雇用保険の番号ですが、お勤め先やハローワークにで‥雇用保険被保険者番号のわかるもの(雇用保険被保険者証など)の写しが必要です

by nenkin-matsuura | 2018-09-03 00:30 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 繰下げ編21


<Q1> 70歳繰下げを希望しますが、連絡は来ますか?

 <A1> 1年前の69歳時に意思の確認のためのハガキが送られてきます。70歳繰下げを希望の場合は70歳到達月に手続きが必要です。

<Q2> 繰下げをしていてもし亡くなったときは、妻がもらえるんですよね?

 <A2> はい。65歳時に受給できた老齢基礎年金と老齢厚生年金がさかのぼって、一時金にて未支給請求者へ支払われます。

<Q3> 退職共済年金の繰下げの場合は老齢厚生年金も繰下げしなければならないんでしょ?

 <A3> はい。退職共済年金と老齢厚生年金はセットでの繰下げになります。老齢基礎年金は単独で受給又は繰下げとすることができます。

by nenkin-matsuura | 2018-08-27 00:13 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 離婚時の年金分割編17


<Q1> 妻が離婚分割の申し込みをすると私の年金はどれくらい下がりそうですか?

 <A1> 婚姻期間や標準報酬月額などにもよりますが…、情報提供請求を行うことにより、試算を受けることも可能です。

<Q2> 3号分割のみだと合意はいらないんですか?

 <A2> はい。当事者の合意は必要なく、請求により、平成20年4月以降の第3号被保険者であった期間に対して、2分の1(標準報酬月額・標準賞与額)の分割を受けることができます。

<Q3> 離婚して5年くらいたちます・・

 <A3> 2年以上経過している場合は、離婚分割を行うことはできません。

by nenkin-matsuura | 2018-08-20 00:18 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 併給調整(選択)編21


<Q1-1> 障害者特例をもらっていましたが、65歳以降はどうなりますか?

 <A1-1> 一番多いのは、障害基礎年金+老齢厚生年金の組み合わせです。

<Q1-2> 障害基礎年金と老齢厚生年金をもらいたいのですが、手続きは?

 <A1-2> 障害基礎年金が停止になっていたため、医師からの診断書が必要です。年金受給選択申出書と年金請求書(ハガキ)の提出も必要です。

<Q2> さかのぼって障害者特例の請求をしたいです。(障害厚生年金3級を受給中)

 <A2> 61歳にさかのぼって、請求可能です。失業保険をもらっていた期間や厚生年金保険に加入中は障害厚生年金を選択、それ以外は障害者特例のほうが多いようです。(さかのぼって障害厚生年金との差額が支給される。)

by nenkin-matsuura | 2018-08-13 00:26 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 年金額編21


<Q1> 友人が、「そんなに少ないの~」と言っていました・・(遺族厚生年金を受給中)

 <A1> 65歳以降の遺族厚生年金については、ご自分の老齢厚生年金を差し引いた額になります。額は一律というわけではなく、個人差もあります。

<Q2> 年金証書の額が合いません。

 <A2> 年金証書には受給権発生時である60歳時の額が記載されています。別途、支給額変更通知書などで65歳時の額が送られてきます。

<Q3> 60歳から70歳まで別の会社で厚生年金保険を掛けましたが、増えていないような・・

 <A3> 65歳時にいったん再計算されて、報酬比例部分が増えています。70歳時にも再計算され、報酬比例部分が増えていますが、介護保険料や個人住民税などが特別控除されていて、振込は65歳時と同じくらいとなっています。

by nenkin-matsuura | 2018-08-06 00:30 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の番号編16


<Q1> 2マスは?ハイフンを入れるんですか?(基礎年金番号を記入)

 <A1> 個人番号(マイナンバー)だと全部埋まりますが、基礎年金番号だと2マス余ります。ハイフンは不要です。

<Q2> 個人番号でもいいんですか?

 <A2> はい。個人番号または基礎年金番号と表示されているときは、個人番号で構いません。

<Q3> 記号番号のところは?(特別支給の老齢厚生年金を受給中)

 <A3> 年金コードだと「1150」で大丈夫です。

by nenkin-matsuura | 2018-07-30 00:20 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 未支給年金編23


<Q1> 年金の振込についての回答は出す必要ないですよね?

 <A1> はい。本人死亡の時は、提出の必要はありません。未支給年金の手続きが必要です。

<Q2> (企業年金連合会より)企業年金ももらっていました。

 <A2> 企業年金連合会へ未支給年金の手続きが必要です。

<Q3> 遺族厚生年金の手続き用と別に未支給年金用に戸籍謄本が必要ですか?

 <A3> 遺族厚生年金用と未支給年金用と兼ねており、戸籍謄本や住民票の除票や世帯全員の住民票などは一つで構いません。

by nenkin-matsuura | 2018-07-23 00:44 | ねんきんFAQ  | Trackback