2019年 07月 11日 ( 1 )

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 562(65歳で受給権が消滅する年金)


◇ 65歳で受給権が消滅する年金


年金の種類によっては、受給権の消滅理由や時期は様々ですが、65歳到達により受給権が消滅する年金もあります。Σ(´□` )

65歳に達したときに受給権が消滅する年金としては、「特別支給の老齢厚生」や「寡婦年金」などがあります。

特別支給の老齢厚生年金については、65歳に到達することにより受給権が消滅しますが、その後は、名称が変わり老齢厚生年金や老齢基礎年金(または他の年金を選択受給)として受給することとなります。なお、特別支給の老齢厚生年金と老齢基礎年金及び老齢厚生年金の年金コードは1150です。

一方、寡婦年金については、65歳に到達することにより受給権は消滅することとなります。その後は、受給権があれば他の年金(老齢基礎年金、老齢厚生年金、障害基礎年金、遺族厚生年金)などを受給することとなります。

by nenkin-matsuura | 2019-07-11 00:14 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback