2019年 05月 18日 ( 1 )

 

夢シリーズ「消えたお土産」


中国の高速列車の後方にある指定席。
前に座席がないため、足を伸ばしてリラックス。
しかし、荷物置き場がないため、お土産は足で挟むように床に置いておく。
眠っていたら目的地に到着。
そこでお土産がなくなっていることに気づく。
窃盗の被害が多い様子で、ちょっと切ない感じになる。
乗り換えの駅は3階構造で改札がたくさんあって迷子のようになる。

そこで目が覚めた‥(夢か‥)

by nenkin-matsuura | 2019-05-18 15:25 | ねんきん以外で | Trackback