2019年 01月 06日 ( 1 )

 

夢シリーズ「狭いほうへ」


車を運転していて、西にある隣町までの一直線。
遠くには沈む夕日がきれいだ。
前の黒い車が故障で停車。
運転手は無事のようで、レッカー車を呼んでいる。
それをよけるために左側の狭いスペースを通ろうとする。
歩道の段差があるのでうまくいかない。
(そこで目が覚める。「右斜線から追い越せたのでは‥」)

by nenkin-matsuura | 2019-01-06 20:13 | ねんきん以外で | Trackback