2018年 10月 13日 ( 1 )

 

歴史の豆知識 「ワット・タイラーの乱」

d0132289_19314134.jpg

          1381年、
          人頭税の導入に反発したイギリスの農民が
          農奴制廃止を求めて蜂起。
          ワット・タイラーや宣教師のジョン・ボールに率いられ、
          ロンドンを皮切りにイギリスの主要都市を占領した。
          その後、反乱軍は、リチャード2世に謁見を求め、
          その2回目の会見の際、
          タイラーは国王の臣下に殺害されてしまう。
          これを機に国王軍は反撃に転じ、反乱は鎮圧された。

by nenkin-matsuura | 2018-10-13 00:12 | ねんきん以外で | Trackback