2018年 07月 19日 ( 1 )

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 511(65歳時のハガキにおける他の年金の管掌機関と年金証書記号番号等の欄)


◇ 65歳時のハガキにおける他の年金の管掌機関と年金証書記号番号等の欄


特別支給の老齢厚生年金の裁定請求を行っている場合は、65歳時に封筒に入ったハガキ(年金請求書)が送られてきます。

当該ハガキには「他の年金の管掌機関(制度名)と年金証書記号番号等」の欄があります。
この欄は、特別支給の老齢厚生年金以外の年金を受けている場合に、その管掌機関名や記号番号(年金コード)を記入します。

例えば、
・国家公務員共済組合より特別支給の老齢厚生年金を受けているときは…
 管掌機関は「国共」、記号番号は「1120」
・厚生年金保険の遺族厚生年金を受けているときは…
 管掌機関は「厚年」、記号番号は「1450」
・国民年金の障害基礎年金を受けているときは…
 管掌機関は「国年」、記号番号は「5350」
などと記入します<(_ _)>


by nenkin-matsuura | 2018-07-19 00:19 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback(810)