2018年 02月 09日 ( 1 )

 

ちょっとお得な年金情報 受給者編その89(訂正期間に係る特例追納)

゛訂正期間に係る特例追納“


当初、第3号被保険者であった期間が、のちに第1号被保険者であった期間として訂正された場合など、対象者には「特例追納申込確認書」が送られてきます。

丸を付けるようになっており、
(1)特例追納を希望します。
 → 30年3月31日までに特定保険料を納付することによって、老齢基礎年金の減額を防ぐことができます。(後日、申し込みに必要となる書類が送られてきます。)

(2)特例追納を希望しません。
 → 希望しない場合は、6月時の支払いの際、訂正後の記録に基づく老齢基礎年金の額に減額となります。(最高で10%の減)

特例追納可能期間をすべて納付すると現在の老齢基礎年金の額を維持することができます。

by nenkin-matsuura | 2018-02-09 00:09 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback