2016年 05月 30日 ( 1 )

 

ねんきんFAQ 加入記録編23

<Q1> 父のもらい忘れた分は母の方へ?

 <A1> はい、標準報酬月額が増えることによって、老齢厚生年金(報酬比例部分)も増えることになりますが、5年以内の分はそのまま戻り、5年より前の期間については、利息が付いたうえで未支給年金としてお母様へ支払われます

<Q2> 大学から在籍期間証明書を取り寄せました…

 <A2> はい、20歳以降の33月分がカラ期間としてプラスできます 現在250月の納付にプラス33月で283月となり、あと17月分を国民年金の任意加入にて納付だと受給権が発生します…

<Q3> 通知書が届いたけど、厚生年金保険の月数が合わないですよ… (支給額変更通知書、63歳)

 <A3> 今回は標準賞与額の記録による通知ですが、記載されている月数は60歳時点の月数が記載されます もし、65歳まで厚生年金保険に加入の時は、65歳の改定時に月数がプラスされることになります(60歳から65歳の60月分がプラス)

by nenkin-matsuura | 2016-05-30 01:11 | ねんきんFAQ  | Trackback