2015年 11月 06日 ( 1 )

 

ブログ de 健康保険 104(現役並み所得者について)

 医療費の一部負担金が3割となる現役並み所得者について(27年11月現在)

医療費の一部負担金については、本人・家族、入院・外来に関わらず、年齢や収入等によってその負担割合が区分されています

70歳以上の負担割合は2割ですが、現役並み所得者については3割負担となります

その現役並み所得者とは、70歳以上の高齢受給者のうち、標準報酬月額が28万円以上の被保険者とその被扶養者をいいます
ただし、高齢受給者の被保険者と被扶養者の年収合計額が520万円(高齢受給者である被扶養者がいない場合は383万円)未満であるときは、申請により2割負担(ただし、誕生日が昭和14年4月2日から19年4月1日までの者は1割負担)となります

by nenkin-matsuura | 2015-11-06 00:12 | ブログ de 健康保険 | Trackback