2014年 11月 28日 ( 1 )

 

ねんきんnews 2014年11月号

 (麻生財務相は25日の閣議後の記者会見で、来年10月の消費税率10%への引き上げを先送りした場合、受け取る年金が少ない高齢者などに給付金を配る制度について、再増税の実施まで先送りする考えを示した。)

年金には老齢、障害、遺族などの年金があり、そのうち、障害基礎年金や遺族基礎年金は定額となっていて、老齢基礎年金、老齢厚生年金、障害厚生年金、遺族厚生年金などは納付月数や標準報酬月額などにより計算される

額が少ない要因としては、未納や免除の期間が長いことや、繰り上げ受給による減額などがあげられまが、きちんと納めてきた人への公平性・整合性なども考える必要もあると思います



by nenkin-matsuura | 2014-11-28 00:37 | ねんきんnews | Trackback