2013年 05月 21日 ( 1 )

 

ねんきん豆知識77

<年金時効特例法の対象となるケース>

ねんきん豆知識77_d0132289_095859.jpg① 年金記録の訂正により年金額が増えた場合

② 年金記録の訂正により年金の受給資格が確認され、新たに年金が支払われるようになった場合

③ ①や②に該当する人が既に亡くなっているときは、その遺族がいる場合(遺族は、死亡当時生計を同じくしていた人で、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の順となります)

年金時効特例法に該当すれば、過去5年をこえる分も遡って支払われます

by nenkin-matsuura | 2013-05-21 00:19 | ねんきん豆知識 | Trackback