2013年 04月 24日 ( 1 )

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 239

◇ 振替加算が加算開始とならないとき(配偶者が共済組合の場合)

配偶者の年金に配偶者加給年金額が加算されており、その対象者が65歳になると配偶者加給年金額は加算されなくなります(;д;)  その代わり加算の対象となっていた配偶者の老齢基礎年金に振替加算が加算されることがあります(本人の厚生年金保険や共済組合の加入期間が20年未満であることなどが必要)

もし、配偶者が共済組合に20年以上加入し、その配偶者の退職共済年金に加算されていた加給年金額が不該当となった場合などにおいて、振替加算を加算する旨の手続が必要となる場合があります 手続としては配偶者加給年金額が不該当となった旨の通知のコピーを年金事務所等へ提出します

なお、共済組合によっては加給年金額が加算されていた受給者に対して、振替加算についてのご案内が届く場合もあります

by nenkin-matsuura | 2013-04-24 00:30 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback