2013年 01月 27日 ( 1 )

 

地理の豆知識 「コロンビア」

地理の豆知識 「コロンビア」_d0132289_121926.jpg
          19世紀初めに独立運動が始まり、
          1813年以降はルソー信奉者のシモン・ボリーバルがその指導者となる
          1819年、ボリーバルは、
          平均標高3660メートルのアンデス山脈(銅の意味)を越えて
          ヌエバグラナダ(現コロンビア、パナマ)で王党派軍を打ち破り、
          大コロンビア共和国の大統領となった
          国名は直接的には、アメリカ大陸の「発見」者
          クリストーバル・コロン(コロンブス)に由来し、
          コロンビアは「コロンの土地」を意味する
          首都はボゴタ 国旗は黄青赤の三色旗で黄色が上半分を占める

by nenkin-matsuura | 2013-01-27 01:46 | ねんきん以外で | Trackback