2012年 12月 01日 ( 1 )

 

歴史の豆知識 「3B政策」

d0132289_12572494.jpg
          1888年に即位したドイツ皇帝のヴィルヘルム2世は、
          「新航路」政策と呼ばれる積極的膨張政策を展開
          ベルリン、ビザンティウム、バグダードの3都市を結ぶ鉄道を施設
          さらに鉄道をバグダード外港のバスラまで延長
          イギリスの勢力圏であるインド洋を揺るがすこととなった
          これに対しイギリスは、
          ケープタウン、カイロ、カルカッタを結ぶ3C政策で
          既存の勢力圏を維持しようとした

by nenkin-matsuura | 2012-12-01 12:57 | ねんきん以外で | Trackback