2011年 10月 24日 ( 1 )

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 167

◇ 老齢基礎年金の繰下げにおける振替加算と付加年金

老齢基礎年金は、通常65歳から受給できますが、66歳0か月以降に繰下げることによって、繰下げた月数に応じて、その額が増額となります(*゚▽゚)ノ

一方、老齢基礎年金に加算される年金として、振替加算や付加年金がありますが、繰下げたことによる効果は違っています

・65歳から繰下げ受給までの間について
 →老齢基礎年金の停止とともに、振替加算及び付加年金は停止となります

・繰下げ受給後は
 →老齢基礎年金と付加年金は、繰下げ申し出時の年齢と月数によって総額しますが、振替加算は定額のままとなります

仮に、増額した老齢基礎年金+増額した付加年金+振替加算を受給していて、遺族厚生年金が受給できるようになると、その後は、増額した老齢基礎年金+増額した付加年金+振替加算+遺族厚生年年金(経過的寡婦加算を含む)を受給できることとなります

by nenkin-matsuura | 2011-10-24 00:54 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback