2011年 09月 30日 ( 1 )

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 164

◇ 2種類ある年金受給選択申出書

異なる種類で複数の年金の受給権がある場合には、年金受給選択申出書により、どちらか多い方、場合によっては逆に少ない方を選ぶことができるケースがあります(゚0゚*)

この年金受給選択申出書は、通常使用する様式第201号と複写式の様式第202号が存在し、202号の方は、共済組合の年金が絡んだ際に使用します

例えば、
A子さん(59歳)、2級の障害基礎年金を受給中の場合で、
夫の死亡により、遺族共済年金を受給できることになると、
65歳になるまではどちらか一方の年金を選択することとなるため、年金受給選択申出書(様式第202号)の提出により受けたい年金を選ぶこととなります
なお、A子さんに特別支給の老齢厚生年金の受給権があると、60歳になり裁定請求を行う際に、再度、年金受給選択申出書(202号)を提出し、障害基礎年金・遺族共済年金・特別支給の老齢厚生年金のいずれかを選ぶこととなります

by nenkin-matsuura | 2011-09-30 00:37 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback