2011年 07月 31日 ( 1 )

 

歴史の豆知識 「ゲルマン民族の大移動」

歴史の豆知識 「ゲルマン民族の大移動」_d0132289_15514370.jpg
           4世紀の後半、
           匈奴の末裔といわれるアジア系遊牧民のフン族が、
           黒海北岸の東ゴート族を襲った これを発端に、玉突き状に
           ゲルマン人のローマ帝国西部への移動が行われたそうな
           断続的に約2世紀もの間続いたこの移動は、
           「ゲルマン民族の大移動」と呼ばれる
           ・ブルゴーニュ(ブルグント族の土地の意味)
           ・グダニスク(ゴート人の砦の意味)
           ・フランクフルト(フランク族の渡河地点の意味)
           ・アンダルシア(バンダル人の土地の意味)
           ・ロンバルディア(ロンバルド人の土地の意味)
           などは、ゲルマン民族の大移動の痕跡を示す地名として残る

by nenkin-matsuura | 2011-07-31 16:12 | ねんきん以外で | Trackback