2010年 05月 31日 ( 1 )

 

いろんな年金シリーズ⑦

☆ 10年年金・5年年金・再開5年年金

昭和36年4月の国民年金発足当時、国民年金の高齢任意加入の対象となっていた人(明治39年4月2日から明治44年4月1日までの間に生まれた人)で、
・国民年金の保険料を10年間納付したことにより支給を受けている年金のことを10年年金、
・5年間納付したことにより支給を受けている年金のことを5年年金と呼びます

年金額は、(平成22年度額)
・10年年金 = 481,300円
・5年年金 = 409,600円

また、昭和48年10月から49年3月までの6か月間に再度、高齢任意加入(対象者は、明治39年4月2日から明治44年4月1日までの間に生まれた人)の受付がなされ、支給されることとなった年金を再開5年年金と呼びます

by nenkin-matsuura | 2010-05-31 00:41 | 年金 あれこれ | Trackback